1月クールで2人の大物脚本家のドラマが注目を集めたが、その評価は真っ二つに分かれている。片や“恋愛の神様”こと北川悦吏子の「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ・水曜・22:00)、もう一方は“ヒューマンドラマの女王”こと橋部敦子の「知ってるワイフ」(フジテレビ・木曜・22:00)、「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」(テレビ朝日・土曜・23:00)だ。ヒット作も数多い2人の評価は、なぜ分かれたのか。

 ***

 まず北川といえば、安田成美と中森明菜のW主演が話題を呼んだ月9ドラマ「素顔のままで」(92年・フジ)を皮切りに、大ヒットした恋愛ドラマが多いことで知られる。(以下、視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

●「素顔のままで」(92年・フジ)
→平均視聴率26・4%/最高視聴率31・9%

●「あすなろ白書」(93年・フジ)主演:石田ひかり、筒井道隆
→平均27・0%/最高31・9%

●「愛していると言ってくれ」(95年・TBS)主演:豊川悦司、常盤貴子
→平均21・3%/最高28・1%

●「ロングバケーション」(96年・フジ)主演:木村拓哉、山口智子
→平均29・6%/最高36・7%

●「Beautiful Life〜ふたりでいた日々〜」(00年・TBS)主演:木村拓哉、常盤貴子
→平均32・3%/最高41・3%

 今では信じられない視聴率だ。まさに“恋愛の王様”である。民放プロデューサーは言う。

視聴率は低調

「最高視聴率はいずれも最終回に記録しており、連ドラの理想的なパターンです。ところが今回の『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』は、初回に10・3%を記録したきり、2話以降は1桁に。最終回の前週である10日には7・9%と、最低を記録してしまいました」

 一方、橋部は和久井映見主演の月9「ピュア」(96年・フジ)を皮切りに、草なぎ剛を主人公にした03年の「僕の生きる道」(フジ/関西テレビ制作)、04年の「僕と彼女と彼女の生きる道」(同)、06年の「僕の歩く道」(同)といういわゆる“僕シリーズ”3部作などで知られる。

「北川さんのような爆発的ヒットとは言えないまでも、いずれも最高視聴率は20%を超えています。障害や病を抱えた主人公のドラマが多く、心の機微を深く洞察し、人に寄り添う作風から、“ヒューマンドラマの女王”との異名があります。今期の『知ってるワイフ』は初回6・1%でしたが、これを下回る数字は出ていません。3月11日は7・6%でした。韓国ドラマのリメイクなので、自由に描くわけにはいかないと思いますが、ヒステリックな妻(広瀬アリス)と結婚したことを後悔する夫(大倉忠義[関ジャニ∞])が、過去にタイムスリップして人生のやり直しを図るというSFの側面もありますが、夫婦愛を描く脚本は相変わらず巧い。広瀬の迫真の演技もなかなか評判がいい」

 もうひとつの「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」の主人公(小芝風花)は、感情を持たないはずの石や植物など気持ちが読みとれる繊細な“感覚”を持っている。が、それゆえ、変人扱いされることもあって引きこもりにも。そんな彼女が次第に外の世界と繋がる様子を描きつつ、恋愛にも踏み込んでいくストーリーだ。もっとも、どちらのドラマも視聴率的には、北川作品には及ばないようだが……。

ウチカレは全面、青い。

「放送枠の差もあるでしょう。『知ってるワイフ』は木曜22時枠で、前作の『ルパンの娘2』は平均5・7%でした。『モコミ』の土曜23時枠は、『おっさんずラブ』のヒットで知られますが、あの時でも平均4・0%でしたからね。問題は、作品としての評価です。奇しくも月9ドラマでメジャーとなった2人ですが、今やその作品は真逆と言ってもいいほど。ヒューマンドラマの橋部さんはその姿勢に変わりなく、『知ってるワイフ』のSFだったり、『モコミ』の特殊能力を描きつつも、今様の愛を描いています。一方、北川さんの最近の作品は時代と噛み合っていないように思います」

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」は、売れっ子恋愛小説家でシングルマザーの水無瀬碧(菅野美穂)と、しっかり者だがオタクの娘・空(浜辺美波)の恋模様を描いたコメディだ。“神様”としては王道のはずだが……。

「デイリー新潮でも冨士海ネコさんが『「ウチカレ」で大苦戦…北川悦吏子の恋愛ドラマはもうオワコンか?』(2月19日配信)で書いていましたが、オワコンと言われてしまうほど、恋愛観が古いという声が少なくない」

 それは当人も自覚しているのか、第1話で脚本に書き込んでいた。文芸誌の編集長(有田哲平)が、水無瀬(菅野)の娘と知らず空(浜辺)に話しかけた時のことだ。

有田:知らない? 水無瀬碧、恋愛小説の女王。若い子は知らないか。「夢の音が聞こえる」とか「明日君に会えたら」とかさ。昔は一世を風靡したんだけどね。

浜辺:今は?

有田:どうかなあ……。

浜辺:オワコン?

有田:はっきり言うね。

「自虐的ともいえる脚本でした。彼女が恋愛をしていた頃はバブル期ですから、今とは時代が噛み合わないということもあるでしょう。ただ、それよりも気になるのが、自己投影、自己顕示が過ぎることです」

 それは前作、NHKの朝ドラ「半分、青い。」(18年上期)から顕著だという。

「朝ドラは“北川悦吏子劇場”と言われるほど、彼女自身が投影されていました。舞台は彼女の出身地である岐阜で、ヒロイン(永野芽郁)は左耳が不自由なことも彼女と似ていました。ヒロインが2週間に2回振られたのは、まさに彼女自身が体験したことと告白もしています」

 そこまで、よかったが、

「“ウチ彼”では、それに拍車がかかっています。主人公の名前からして碧(あおい)ですし、職業はかつて一世を風靡した恋愛作家で、有田の勤める出版社は『半分、青い。』にも出てきた“散英社”ですからね。もはや“全面、青い”と呼びたくなるほど。さらに出演者も彼女が大ファンだった中村雅俊や豊川悦司、有田も『半分、青い。』からの続投です。パロディのつもりかもしれませんが、少し安易なのでは。大学生の娘がオタクという設定も、彼女の娘が超がつくほどのオタクだそうです。また沢村一樹に至っては、裏番組の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジ)のレギュラーを、一時降板して出演していますからね。なんだか、女王様も大変だなあと……」

デイリー新潮取材班

2021年3月18日 掲載