3月10日、中居正広(48)がMCを務める金曜深夜のトークバラエティ「新・日本男児と中居」(日本テレビ)の終了が発表された。彼がジャニーズ事務所を退所して1年、初のレギュラー番組打ち切りである。視聴率が悪かったわけでもなく、3月いっぱいでの終了発表に業界でも驚きの声が上がっている。そこにはジャニーズ事務所の“焦り”が垣間見えるという。

 ***

 日テレの公式発表も突然だったが、中居本人にスタッフから伝えられたのも2月に入ってから。彼はドッキリと疑わず、なかなか信じようとしなかったと「東京スポーツ」(3月11日付)は報じている。そして……、

《スタッフと1時間近くに及ぶやり取りで理解した中居は、天井を仰ぎ見ながら「やべ〜、まじか…」と楽屋をウロウロ。レギュラーを失った以上に精神的に追い込まれた様子を見せたとか。》(「東京スポーツ」より)

 中居がジャニーズを退所したのは昨年3月末のこと。同年2月11日には自身の仕切りで会見を捌き、その立ち居振る舞いは絶賛された。退所前からのレギュラー番組は全て継続されるとされていたのだが、1年を経て打ち切られる番組が出たというわけだ。日テレ関係者は言う。

人気番組だったのに

「『新・日本男児と中居』は新たな価値観を持つ“素人(=新・日本男児)”をゲストに迎えて、独特な世界観を引き出すというマニアックな内容が受け、深夜にもかかわらず人気番組でした」

 低視聴率で打ち切りというわけではない。

「番組では、菅田将暉に憧れ完コピする“スダラー”や、米津玄師を崇拝する“ヨネヅラー”といった素人の魅力を、中居が引き出すことで人気となり、番組の準レギュラーとなったり、他の番組に出演することになった人もいたほど」

 業界内でも注目されていた番組だったという。

所属タレントへの悪影響

「そもそも『新・日本男児と中居』は、日テレで6年半続いた深夜番組『ナカイの窓』が19年3月に終了し、放送枠は変わったものの後継トーク番組としてスタートしました。『ナカイの窓』時代からのスタッフも多く、気心の知れた仲間と作っていた番組でした」

 それが終了するというのだから、中居もショックだったろう。

「16年末にSMAPが解散し、翌年9月に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がジャニーズを退所、独立しました。ところが、彼らのレギュラー番組は次々と打ち切られていきました。ジャニーズの圧力と囁かれ、公正取引委員会が独禁法違反の疑いがあると注意する事態にまで発展しました。元SMAPの3人と共にジャニーズを出ると言われていた中居は、残留してこうした経緯をじっと見守っていたはずです。彼は3人について、タイミングを見ては何かと発言し、後押しをしていることは明らかでしたからね。だからこそ、時間をかけて事務所と話し合い、退所の時期を探っていたのだと思います」

 番組の継続も約束され、退所したはずなのに、なぜ今になって打ち切られる番組が出てきたのだろうか。

「昨年の退所会見では、彼が想像する以上にタレントとしての好感度が上がりました。芸能界でも好意的に受け止められ、メディアも高評価の報道をしました。中居をこのまま自由にさせると、ジャニーズ事務所にとってはプラスにはならないと判断したということです」

 今さら中居の評価が上がろうが、どうでもいいような気もするが、

「所属するタレントたちに悪影響を与えるのです。これまでジャニーズJr.をはじめ若手所属タレントは、“事務所を辞めると干される”と思っていました。元SMAPの3人ですら、そうだったのですから。しかし、中居の活躍により“退所しても自由に仕事が続けられる”という認識に変わりつつあるというのです」

 中居が退所して以来、ジャニーズからはタガが緩んだように、続々と退所者が出ている。

●20年6月 手越祐也(NEWS)
●20年10月 山下智久(NEWS)
●20年12月 錦織一清(少年隊)
●20年12月 植草克秀(少年隊)
●21年3月予定 長瀬智也(TOKIO)
●21年11月予定 森田剛(V6)

 ジャニーズの所属タレントへの無言のメッセージということか。

「芸能事務所にとって、タレントが退所・独立して、それまで同様に活躍されては困るというわけです。それが、今回の突然の番組終了につながった。もちろん、どこのテレビ局にも通じる話ではありません。日テレは『24時間テレビ』をはじめ、ジャニーズの所属タレントが数多く出演していますからね。あうんの呼吸で日テレも打ち切ったということです」

デイリー新潮取材班

2021年3月21日 掲載