年々、巧妙化し続ける詐欺の手口。それは「インスタの女王」こと、芸人の渡辺直美(33)にとっても決して他人ごとではないようだ。

「最近、SNSのフォロワーから“これは詐欺じゃないか”との声が複数寄せられているんです。調べてみたら、そのすべてに渡辺直美さんと思しきアカウントが関係していた」

 と、ある会社の女性社長。

「私は化粧品や雑貨を製造・販売する会社を経営しています。その関係でインスタグラムやフェイスブックで新商品やイベントの告知をする機会がよくあるのですが、ある時、そこに渡辺直美さんからの“いいね”がついたんです」

 すると、すぐに渡辺のファンが反応。ほとんどが渡辺へのメッセージで、

「ウチの商品には目もくれず、渡辺さんを“応援してます”“頑張って”というものばかり。それに彼女が返信し始めたワケです」

 渡辺からのメッセージは、

〈おめでとうございます。あなたは今日、ギフトを受け取る権利があります。私のウェブサイトで今すぐ登録してください〉

〈私はランダムにあなたを勝者として選びました。あなたはすぐに贈り物を受け取ります。これはお金の一形態です。こちらから登録してください〉

 どこか怪しい日本語に誘われるままリンクを開くと、

「住所や氏名、クレジットカード番号などの個人情報の登録を求められる。これは変だと感じて自分の口座で試すことにしました」

 用心のため、残額がゼロの銀行口座のデビットカードを使用したという。

「数日後、銀行から“怪しい請求が何度も来ている”と連絡が入りました。最初に1万円の引き落としが通らず、以降は残高を探るように少しずつ額を減らして試していたそうです。最後は数百円の請求で、わずかな額でも奪おうとしつこく繰り返したのでしょう」

 そこで、ファンを詐欺サイトに導いた渡辺のアカウントを確認したところ、

「本物の『Naomi』というユーザーネームの表記が、こちらは『Nhaoumi』に。しかも、渡辺さんは自身のフェイスブックに半年ほど投稿していない。やはり彼女になりすました詐欺でした」

 渡辺のインスタのフォロワーは約940万9千人(3月26日現在)で、芸能界1位。それだけに、この社長は危機感を訴える。

「詐欺師が狙える相手が膨大にいるということ。実害を被った人は少なくないはずで、ご本人や事務所は早急に対応するべきです」

 渡辺が所属する吉本興業にその点を尋ねると、

「ファンの心理を利用した極めて悪質な行為で、そのような事象を認知した場合は適切に対応いたします」

 渡辺も被害者と言えようが、よもや放置はできまい。

「週刊新潮」2021年3月25日号 掲載