3月29日、テレビ各局の新年度がスタートした。中でも注目されていたのが朝の情報番組だ。低視聴率のため打ち切られた「グッとラック」(TBS)に替わって、登場したのが麒麟・川島明をMCに抜擢した「ラヴィット!」である。しかし、初日の視聴率は2・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)で、最近の「グッとラック!」よりも悪かった。

 ***

 デイリー新潮は、「TBS、4月大改編は大丈夫か 早くも囁かれる麒麟・川島明『ラヴィット!』の不安材料」(3月3日配信)で、今回の事態を予想していた。

 不安材料はこれだけあった。

●ニュースや芸能情報ではなく、生活情報に特化すること。
●MC川島は美声の持ち主ではあるものの、低音は朝に相応しくないこと。
●川島はMCの経験に乏しいこと。
●アシスタントの田村真子アナは、田村憲久厚労相の愛娘という以外にプラス要素がないこと。

 案の定、初日視聴率は2・7%と惨敗した。横並びの他局を比べてみよう。

「ラヴィット!」以外は上昇

○日本テレビ「スッキリ」8・8%(前4週平均:7・8%)
○テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」10・6%(前4週平均:10・2%)
○フジテレビ「めざまし8」6・2%(前4週平均:5・9%)

 いずれも、以前よりも数字を上げている中、「ラヴィット!」はタダでさえ低かった「グッとラック!」(前4週平均:3・5%)よりもさらに落としたのだ。民放プロデューサーは言う。

「放送が始まる前から懸念された麒麟・川島と田村アナという組み合わせは、実際に『スッキリ』の加藤浩次&岩田絵里奈アナ、『モーニングショー』羽鳥アナ&斎藤ちはるアナ、そして『めざまし8』の谷原章介&永島優美アナに比べると、確かに派手さがありませんね。しかし、それ以上の問題は番組の中身でした。雰囲気は『ヒルナンデス!』(日テレ)、中身は『お願い!ランキング』(テレ朝)そのままといったところ。生活情報に特化すると発表されていましたが、“パティシエが選ぶセブンイレブンのスイーツ”と“西友のスゴい商品”だけで1時間半を費やすとは思いませんでした。残り30分も“お家トレーニングマシーン”で、わずか3つの企画で2時間の生番組を作ったわけです。2・7%の低視聴率も、ある意味当然でしょう」

早々にワイドネタを復活か

 とはいえ、TBSが生活情報に特化したのは、かつての人気番組「はなまるマーケット」を意識したのではなかったか。

「いくら生活情報重視とはいっても、実は若い女子はコロナも政治も、芸能ネタも大好きで、勉強意欲もあるものです。セブンのスイーツやってりゃ若い女の子から数字が取れるだろう、という考えが見え見えです。視聴率はオリジナリティと新しい情報、見た目が重要と言っても過言ではありません。『ラヴィット!』は、それら全てに逆行しているように見えます。人気だった『はなまる』も、NHKが生活情報番組『あさイチ』をスタートしたことで敗れました。ちなみに29日は、高校野球で『あさイチ』の放送はありませんでした。通常の放送が始まれば、さらに『ラヴィット!』は数字落とし、1%台になるかもしれません」

 ちなみに個人視聴率1・3%は、テレビ東京の“韓流ドラマ”と同率だったとか。

「営業が重視するコアターゲット層(13〜49歳)で見ると、『スッキリ』4・0%、『めざまし8』2・3%、『モーニングショー』1・8%に対して、『ラヴィット!』は0・8%でした。早々に路線を変えて、ワイドネタを復活させることになると思いますよ」

 一方、同じ新番組「めざまし8」は、なかなか好調のようだ。

「『王様のブランチ』(TBS)や『パネルクイズ アタック25』(テレ朝系・朝日放送テレビ)など多くの番組でMCを務めてきた谷原は、そつなく爽やか、見た目もスッキリしています。ひょっとすると『モーニングショー』の羽鳥アナのお客を奪うかもしれません。また『めざまし8』には、ついこの間まで『グッとラック』にレギュラー出演していた橋下徹が出演していました。臆面もなくオファーしたフジのスタッフに、本気度を感じます。なにせ、朝のこの時間帯は、生き馬の目を抜く世界と言っても過言ではありませんからね。生存競争は激しいんです」

 翌日の「ラヴィット!」は、“ファッションモデルが選ぶユニクロファッション”と“イタリアンシェフお勧めの市販パスタソース”で1時間半、生活グッズで30分と、初日同様の作りだった。

「この日、他の局はいずれも、厚労省の職員23人が宴会をしていたことで田村厚労相が陳謝する映像を流していました。『ラヴィット!』も数分とはいえ、ニュースの枠があるのですが、このニュースは流さずじまいでした。もし、この報道のあと、田村アナが『本当に申し訳ありませんでした』なんて言っていれば話題になったと思いますけど」

デイリー新潮取材班

2021年4月1日 掲載