モデルのKoki,(18)が起用されたイタリアの高級ブランド「ヴァレンティノ」の広告が物議を醸している。着物の帯を踏む、和室に土足などの演出で、“日本文化を冒涜している”といった批判が殺到。「ヴァレンティノ」は公式に謝罪の声明を出し、問題のCMを削除した。

 ***

 SNS上ではこの広告に出演したKoki,に対しても、“この演出に疑問を抱かなかったの?”“日本人モデルとしてこれは日本ではダメですよと意見を言うべきだったのでは”など、厳しい声が寄せられた。

 デビュー以降、Koki,は、「木村拓哉(48)と工藤静香(50)夫妻の次女」という知名度も生かし、ハイブランドのアンバサダーや中国の番組に起用されるなど、活躍の場を世界に広げていた。

 実は、Koki,に対して厳しい声が寄せられているのは、日本に限ったことではないという。先月、中国人からも、反発を招いていたというのである。

 彼女は、3月3日に動画配信された中国のオーディション番組「創造営2021」に出演。その時は、“木村拓哉にそっくり”“すごく可愛い”などの感想がSNS上に溢れ、大きな反響を呼んだ。

 ところが、この番組への出演に関して、思わぬところから反発の声が上がってしまったのだという。

 中国芸能事情に詳しいジャーナリストによれば、

「きっかけは、Koki,に関する3月25日号の女性セブンの記事です。記事自体は、Koki,の中国進出が非常に順調だというトーンのもので、今回の出演は中国で“偉大な父親に並んだ”
と評価されていることや、中国からオファーが殺到していることなどが紹介されていました。その中で、『創造営2021』の出演料が300万元(約4800万円)はくだらないとみられている、という記述もありました。この記事が11日に配信されると、中国のネットニュースが出演料の部分を切り取って翻訳し、紹介されてしまったんです。これに、中国のネット民が激しく反応しました」

代表作は「産まれてきたこと」だけ?

「中国のSNS上では“ちょっとコメントしただけで300万元?その価値ある?”“この金額は木村拓哉の価値で彼女の価値ではない”“木村拓哉はたしかにすごいけど、彼女は何の代表作もない”“代表作は産まれて来たこと、それだけ”などと、否定的な意見が多く寄せられました。こうした反感の声を紹介した記事も現地で複数配信されました」(先のジャーナリスト)

 その背景にあるのは、

「新人のKoki,が日本では到底得られないであろう出演料を中国で稼ぐ図式が反感を呼んだのです。“中国芸能界での活動は本当にいい金儲けだね!”といった声がSNS上で多く出ています。実際、この番組でのKoki,の出演シーンは、特別審査員として短時間オンラインでコメントしただけということもあって、“中国で楽して金儲け”のイメージがついてしまった」

 日本と同様、SMAPが絶大な人気を誇った中国でもKoki,は木村拓哉の娘として大きな話題を呼んでおり、

「中国では“木村光希”の表記で紹介されることが多く、“最強星二代”とも報じられています。一代で財を成した富裕層の子供は“富二代”と呼ばれますが、“星二代”はスターの二世のことです。最強の二世芸能人といった意味ですね」

 その分余計に、

「“それだけ出演料を出すなら木村拓哉を呼んでよ!”“木村拓哉なら代表作がたくさんあるから大金をもらってもわかるけど、この子は何も実績がないのに”といった声を招いてしまいました」

 こうした声が影響してか、これまでは“美少女”“完璧なスタイル”等々、絶賛の記事が圧倒的に多かったKoki,に関する報道も微妙に変わりつつあるという。

 それにしても、特別審査員として短時間オンラインでコメントしただけで、300万元(約4800万円)ものギャラが出るものなのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年4月5日 掲載