あたり憚らず堂々と…

 長女Cocomi、次女Koki,とともに、何かと話題のキムタクファミリー。先日もKoki,が出演した伊ヴァレンティノ(VALENTINO)のウェブCMが炎上したが、娘たちの売り出しに必死なのが妻・工藤静香だと言われている。さて、これはまだ夫妻が独身時代のお話。静香の娘たち売り出しへの熱心さは、当時の「ある事情ゆえ」と囁かれるのだが…。

 ***

「付き合っている」と巷のウワサに上っても、なかなかツーショットが拝めない。そんな二人を初めて捉えたのがこの写真だった。2000年3月の晴天下、場所は河口湖。仲良くバス釣りに興じているのは、木村拓哉(当時27歳)と工藤静香(同29歳)のカップルである。

「1999年暮れ、工藤の家に木村が出入りする姿が捉えられ、交際は公然の秘密とされてきましたが、肝心のツーショットは皆無だった。何しろ木村は、それまで交際していたモデルのカオリンとも一緒に撮られたことがなかったのです」(ベテラン芸能記者)

 当日の二人は、サングラスを唯一の“防具”とし、あたり憚らず堂々振る舞っていた。当時の取材班の一人が言う。

「朝方、キムタクの車で到着した二人は、友人のフィッシングショップに向かい、オーナーが操縦するボートで湖に出たのです。我々も舟を仕立てようとしましたが、バスは岸辺の岩場にスポットがあることが多く、こちらに向かって釣糸を垂れるはず。ならば岸から狙ったほうが撮れるだろうと考え、岩場に隠れて構えました。ところが彼らは、釣れないとすぐモーターを回して別のスポットへ移動するものだから、こちらも岩場から岩場へと匍匐前進を繰り返す羽目になりました」

 折からの強風で、二人は昼前にいったんショップに撤収。釣りが再開されたのは午後2時頃だった。

結婚に大反対したマネージャー

「現地は春といっても寒く、キムタクは工藤の背後に回ってコートを着せてあげるなど、さりげない気遣いが板についていた。肝心の釣りは振るいませんでしたが、夕方になってそれまで“坊主”だった工藤の竿がヒットしました。よほど嬉しかったのか、釣った魚を持って二人で記念撮影していました」

 このデートの3週間後、カップルは種子島に上陸。5泊6日の婚前旅行を敢行し、鉄砲伝来以来の騒ぎを巻き起した。同年暮れには入籍に至るが、この時、工藤は妊娠4カ月だった。

 芸能レポーターの石川敏男氏が言う。

「二人の結婚に猛反対したのは、SMAPを育ててきた飯島三智マネジャー(現・CULEN代表取締役)でした。彼女は5人の和を乱さないために思い止まらせようと、キムタクの前で『(工藤は)以前はYOSHIKIと付き合っていた女』などと言い放った。キムタクは、自分の選んだ女性を悪しざまに言われたことで『この人とは一緒に仕事はできない』と悟ったというのです」

 そこに、のちのSMAP分裂の萌芽があったというわけだ。

「おニャン子時代から、清純ぶることなく本音で生きるイメージで人気だった工藤は、キムタクの妻となって大きく人生が変わった。そのキャラを生かせばバラエティや育児番組でも重宝されたでしょうが、国民的スターの妻となったことで一気に裏方へ回ることになった。現在、次女のモデル・Koki,のプロデュースに余念がないのは、華やかな世界から退かざるを得なくなった自身の思いがあるのだと思います」(アイドル評論家の中森明夫氏)

 あるいはこの時、湖面に互いの思いを映し合っていたのか。

2021年5月10日 掲載