石原さとみ(34)主演の“恋ぷに”こと「恋はDeepに」(日本テレビ)の第2話視聴率が8・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム:以下同)と早くも2桁割れの危険水域に……。やはり、昨年10月の結婚で男性ファンが減ったのか。もっとも、過去の主演ドラマをよくよく見れば、意外なことに高視聴率を取った作品があまりないのである。ならば、“恋ぷに”の運命や如何に――。

 ***

“恋ぷに”は、海を愛する魚オタクの海洋学者(石原)とツンデレでリゾート会社の御曹司(綾野剛[39])が、巨大マリンリゾ−ト開発を巡って出会い、運命的な恋に落ちるラブコメディだ。

 14日の初回視聴率は10・5%とまずまずだったが、21日の第2話では8・9%と大きく後退した。民放プロデューサーは言う。

「脚本は『おっさんずラブ』(テレビ朝日)や『私の家政夫ナギサさん』(TBS)の徳尾浩司のオリジナル作品です。海洋学者とリゾート開発の御曹司、本来は敵味方となるはずの2人が恋に落ちる、というだけでは物足りないと感じたのかは分かりませんが、石原が、実は人間ではないかのような設定になっています。なんだか、そこに無理がある感じがしますね」

人魚姫?

 彼女の食事は海藻サラダだけであったり、魚と話すことができ、リゾート開発反対の理由も魚の立場からの発言ばかり。なんだか、神がかっているかのよう。第1話では、ダイビング中に溺れた綾野を助け、あと3カ月しか地上(?)にはいられないことも明かされた。第2話では、彼女は9カ月前に上半身裸(?)で海岸に倒れているところを助けられたこともわかった。つまり、1年間の約束で人間の姿になった人魚姫???

「おとぎ話みたいですよね。綾野が実はいい人というのが早くも分かっちゃってます。そこに綾野の兄(大谷亮平)と弟(渡邊圭祐)の確執らしきものが絡み、オリラジ藤森慎吾の軽い演技と小手伸也の中国系ホテル経営者という珍妙な怪演も入り込んできて、なんだかストーリーが頭に入ってこないんです。数字が下がったのは、彼女が結婚して男性ファンが離れたことばかりではないでしょう」

黄金世代なのに

 ただし、第1話の無料見逃し配信再生数(TVer、日テレTADA、GYAO!)は300万回を超え、日テレの全番組で歴代1位となる記録を出した。

「リアル視聴に拘らず、スマホでもドラマを見られるF1、2層、つまり若い女性の“目的視聴”が多いんです。お目当ては、もちろん綾野です。彼の前作『MIU404』(TBS)もそうでしたが、星野源とのW主演だったため、Twitterでは世界トレンド1位になったほど。逆に竹野内豊や阿部寛はリアル視聴はよくても、配信はそれほど伸びません。やはり若くて未婚のイケメンは若い女性に人気があるんです」

 どうやら、石原がお目当てではないようだ。

「そもそも彼女の主演ドラマは、評判は良くても数字が上がらないことが多いんです」

 少々意外だが、確かに彼女の連ドラ主演作はあまり視聴率が高くない。

「彼女がオーディションでヒロインを獲得した03年後期の朝ドラ『てるてる家族』(NHK総合)は、実質的なデビュー作といえます。作品の評価も高く、史上最年少のヒロイン(16歳)でもあった彼女は、本作でゴールデン・アロー賞最優秀新人賞を受賞しました。とはいえ、朝ドラ史上初の視聴率20%割れという不名誉な記録が残っています」

「てるてる家族」からは、もう一人、その名を広めた女優がいる。石原の姉を演じた上野樹里(34)だ。

「行き詰まるとマンボを踊り出すというキャラは原作にはなかったそうですが、彼女の面白さに気づいたスタッフがやらせたと言われています。石原や上野を含む、85〜88年生まれの女優は“黄金世代”と呼ばれているんです」

●85年生まれ
綾瀬はるか、上戸彩、満島ひかり、宮崎あおい

●86年生まれ
上野樹里、北川景子、石原さとみ

●87年生まれ
井上真央、長澤まさみ、木村文乃

●88年生まれ
榮倉奈々、新垣結衣、吉高由里子、戸田恵梨香、堀北真希(引退)

 錚々たるメンツである。

「例えば綾瀬には『JIN―仁―』(TBS)や“ギボムス(『義母と娘のブルース』[同])”、長澤には“セカチュー(『世界の中心で愛を叫ぶ』[同])”、ガッキーには“逃げ恥(『逃げるは恥だが役に立つ』[同])”といった、誰もが思い浮かべる代表作があります。しかし、石原にはそう言える作品がまだないんです。『校閲ガール』(日テレ)や『アンナチュラル』(TBS)という声もあるでしょうが、数字を見る限り、誰でも知っている代表作とは言いがたい。『てるてる家族』に始まる、評価されても数字がついてこない悪循環が続いています。彼女は大手のホリプロに所属し、深田恭子(38)、綾瀬とともに、ホリプロ3人娘として大事にされていますし、創価学会という有り難いバックボーンもある。それでも、代表作と呼べる作品が未だにないというのはちょっと可哀想ですね」

“恋ぷに”だってまだ2話目である。ことによったら尻上がりになる可能性もある。長い目で見てあげよう。

デイリー新潮取材班

2021年4月28日 掲載