マッチこと近藤真彦(56)が40年所属したジャニーズ事務所を退所した。近藤は昨年11月、25歳年下で会社社長の女性との5年におよぶ不倫が発覚。その責任を取る形で芸能活動を無期限自粛中だった。

 ***

 デイリー新潮は不倫発覚直後の昨年11月21日、近藤がジャニーズ事務所内で孤立し、窮地に立たされていると報じた。事務所内の情報を得てのことだった。その時点で近藤の退所か引退は既定路線だった。

 どうして事務所内で孤立すると退所か引退しかないのかというと、復帰の後押しをしてもらえないからだ。もともとテレビのレギュラー番組はなかったが、後押しがないと単発での出演も絶望的。ここ20年、ヒットがないのだから。

 後押しはないが、芸能活動は再開したいというなら、退所して自分を強力に支えてくれるスタッフを新たに集めるしかない。あるいは引退である。

 不倫による自粛が始まった直後、一部メディアは「マッチは別格」と報じた。だから痛手にはならないと論じた。理由をメリー喜多川名誉会長(94)の庇護下にあるからだと解説したが、それは実状とまるで違う。

 メリー氏は昨年9月に代表権のない名誉会長に退いた後、長女の藤島ジュリー景子社長(54)に実務に関する権限の全てを委譲した。また、高齢であることから「体調が心配されている」(レコード会社幹部)という状態。もはや近藤の不倫についてジャッジする立場ではない。

 近藤の不倫問題はジュリー氏がほかの経営陣と相談して対処を決めた。2年前に副社長に就任した滝沢秀明氏(39)らと話し合った。もう故・ジャニー喜多川氏(享年87)とメリー氏が二人三脚で事務所を牽引していたころとは何もかもが違うのである。

 近藤の事務所内での孤立は不倫発覚前から始まっていた。どうしてなのか。

「近藤さんは1980年代に次々とヒットを出し、事務所を支えた立役者なので、ヒットが途絶えた後も特別扱いされていました。けれど、近藤さんの活躍は若い所属タレントにとっては自分が生まれる前の話。近藤さんの特別扱いを若手は素直に受け止められなかった」(同・レコード会社幹部)

 今でこそ「帝国」とまで呼ばれるジャニーズ事務所だが、1975年に郷ひろみ(65)が移籍し、1978年にフォーリーブスが解散した後はスター不在で苦戦。そこに現れたのが近藤だった。「スニーカーぶる〜す」(1980年)、「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)、「ハイティーン・ブギ」(1982年)などを次々とヒットさせた。事務所の救世主だったと言っても過言ではない。

今後は

 けれど、若手たちには実感の湧かない話。「近藤さんのことを売上面で事務所に貢献していない人と見ていたのではないか」(同・レコード会社幹部)。それでいて事務所が望んでいるわけでもないカーレースに熱中していたので、近藤は敬遠されてしまうようになった。

 近藤が事務所の「長男」を自称し、兄貴風を吹かせたことも若手には煙たかったようだ。近藤の態度は副社長に就いた後の滝沢氏に対しても同じだった。

「滝沢さんは才能と努力をジャニーさんに買われて副社長になった人。正当な後継者です。無論、メリーさんとジュリーさんにも認められてのこと。しかし近藤さんにはその認識が薄かった。自分が格上だと思い続けていたのではないでしょうか。滝沢さんとしては愉快ではなかったでしょう」(民放番組制作スタッフ)

 近藤に次ぐ事務所の次男と目されてきた東山紀之(54)は滝沢氏が副社長に就くと、すぐ祝意を示し、全面協力を約束した。TOKIOの城島茂(50)らほかの先輩たちもそう。近藤との差は歴然だった。

 そして不倫の発覚が近藤の孤立を決定的なものにした。事務所スタッフたちの努力を水の泡にしてしまったからだ。

 近藤は昨年、芸能生活40周年だったため、スタッフは同12月12日のデビュー日に向け、お祝いムードを高めようと懸命になっていた。テレビ出演などをお膳立てした。長くヒットがないのだから、スタッフの努力がないとテレビ出演はできない。

 ところが、近藤自身の責任で同11月中旬から活動自粛となったため、同12月2日に出演するはずだったフジテレビ「FNS歌謡祭」などの番組を全て辞退する羽目に。努力を無にされたスタッフは落胆しただろうし、それを笑って見ている所属タレントはいない。

 近藤への視線はより厳しくなり、事務所内には居場所がないような状態になってしまった。

 これから近藤はどうなるのかというと、本人は4月30日の退所と同時に「これからもジャニーズの名を汚さぬよう仕事を続けさせていただきます」とコメント。芸能活動もレースも続けていくとしている。

 だが、ジャニーズ事務所の金看板なくして仕事を得るのはかなり難しい。雑誌の表紙が好例だ。

「近藤さんは昨年11月中旬の活動自粛と同時期に複数の雑誌の表紙になりましたが、これはジャニーズ事務所の売り込みによって成立したもの。雑誌側からすると、いつもジャニーズ事務所のタレントを表紙にさせてもらうことにより、部数を伸ばしているから、近藤さんの登場を引き受けた」(雑誌編集者)

 近藤の実力で表紙になったわけではないということ。テレビ、ラジオも構図は一緒。関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、King & Prince、Kis-My-Ft2、Snow Man、SixTONESら売れっ子に番組に出て欲しいから、近藤も起用するという側面があった。

 今後の注目点は活動自粛と同時に休止した文化放送のレギュラー「近藤真彦 くるくるマッチ箱」と大阪のFM COCOLOの「COME ON! ROCKIN' ROAD」の放送が再開されるかどうか。ラジオのレギュラーが再開されず、テレビ出演の機会もなくなると、芸能活動は事実上の引退となってしまう。

 ヒットが出ないとテレビ出演は困難だ。近藤としては現役感を失わないためにもラジオは再開させたいだろう。

 ただし、例え引退しようが生活に困ることはない。

「近藤さんはジャニーズ事務所の関連会社の株を譲渡されている。関連企業はいずれも高収益を上げているので、定期的に高額の配当を手にできる」(前出・民放番組制作スタッフ)

 これも特別扱いの1つ。不公平感が生じ、若手との距離が広がってしまった理由でもある。

山本継男/ライター

デイリー新潮取材班編集

2021年5月3日 掲載