GW中の4月30日、ジャニーズ事務所は、昨年11月に自身の不倫報道を認め無期限で芸能活動を自粛中だった歌手のマッチこと近藤真彦(56)が同日付で事務所を退所し、独立したことを発表した。

 ***

「大物タレントの退所の際には、通常、各紙の担当記者を集めての事前レクチャーがあるものです。しかし、今回は担当記者たちでさえ寝耳に水でした。近藤は芸能活動とともにレーシングチームの監督としての活動も自粛しています。そちらの稼働を優先したようです。加えて、不倫相手との関係清算をジャニーズの幹部から迫られ、それを突っぱねたことも退所に至った原因と言われています」(スポーツ紙記者)

 近藤はデビュー年が所属タレントの中で最も古かったことから、ジャニーズでは〝長男〟と言われていた。今後、このポジションに座るのが、少年隊の東山紀之(54)である。
 東山は5月2日、メインキャスターを務めるテレビ朝日系情報番組「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)で近藤の退所について言及。厳しい表情で、後輩にも支えてくれたファンにも何の報告もなかったことを指摘し、「(近藤の)退所のコメントでもすごく薄っぺらく感じるんですね」などと苦言を呈した。

「あの時は、完全にジャニーズの〝長男〟としての発言でしたね。後輩タレントたちのためにも敢えて汚れ役を買って出たわけですから。皆が思っていることを言ってくれたわけですから、ジャニーズの幹部も後輩たちもスカッとしたと思います」(テレビ局関係者)

 ご承知のように、東山は少年隊でデビューした。もっとも、10年以上グループとしての活動はなく、テレ朝系で主演の刑事ドラマ「刑事7人」がシリーズ化されるなどすっかりソロで活躍中だ。昨年末に退所した、残るメンバーの錦織一清(55)と植草克秀(54)とは対照的である。

「錦織は演出もできるのでなんとか食って行けるかもしれません。植草は橋田寿賀子さんの代表作『渡る世間は鬼ばかり』シリーズに出演していましたが、橋田さんが亡くなったため、このドラマも打ち切り。となると、新たに役者の仕事が来るかといえば、なかなか厳しいでしょうね。一応、2人とも特例で『少年隊』を名乗ることを許されているが、東山が2人と同じステージに立つ気はなさそうです」(音楽業界関係者)

 新しい長男の東山は絶好調なら、〝次男〟以下の〝おじさんジャニーズ〟はどうなのだろうか。退所した近藤は現在、56歳である。ここでは、アラフィフのジャニーズを取り上げよう。

存在感を失った、あのグループの元メンバー

 具体的にあげれば、東山以下、元GENJIの内海光司(53)と佐藤アツヒロ(47)、元男闘呼組の岡本健一(51)、元SMAPの木村拓哉(48)、TOKIOの城島茂(50)、V6の坂本昌行(49)と長野博(48)ということになる。

「〝勝ち組〟の筆頭は、間違いなく木村でしょう。それに続くのは城島でしょう。城島は4月からTOKIOのメンバー2人とともに『株式会社TOKIO』に所属して社内独立。自分たちの力量でほかの企業と交渉してビジネスを展開することをOKされていることもあり、かなりやりがいもあるはずです。

 収入的にはそれほどでもないにせよ、かなり優遇されているのが岡本です。息子の岡本圭人(28)はHey! Say! JUMPから脱退したにもかかわらず、父親のおかげでジャニーズに残留できた。父と共演の舞台まで決まっています」(芸能記者)

 坂本と長野が所属するV6は、デビュー記念日にあたる今年の11月1日に解散することが決まっている。

「メンバー6人の中では、年長メンバーの坂本と長野はやや苦しい。そうはいっても、解散後、坂本は舞台・ミュージカルでコツコツ稼げそうです。長野は俳優のほか、モータースポーツに詳しく、グルメリポーターとしても仕事はあります。映像作品ではそこまで需要がないので、料理関係の仕事に力を入れ始めるかもしれません」(同)

 そして、今やすっかり存在感を失っているのが元GENJIの2人である。佐藤は今年2月と4月に舞台に立ったほか、WOWOWドラマ「文豪少年! 〜ジャニーズJr.で名作を読み解いた〜」5月9日放送回にゲスト出演している。一方の内海はといえば、昨年5月の舞台、昨年末に予定されていた佐藤とのクリスマスイベントが共にコロナウイルスで中止になって以降、今年に入ってから目立つ活動を行っていない。いずれにせよ、往年の人気を考えれば寂しい状況であるといえよう。

「ほかの光GENJIのメンバーは続々と独立したものの、2人は未だに事務所に残っています。もし、光GENJIの再結成でもあれば再び脚光を浴びるかもしれませんが、実現することはまずないでしょうね」(音楽業界関係者)

デイリー新潮取材班

2021年5月17日 掲載