ミュージカルで活躍

 三谷幸喜(59)作・演出のミュージカル「日本の歴史」は、7月6日から新国立劇場で上演される予定だ。2018年に初演され人気を博し、今回が満を持しての再演となる。

 ***

 中井貴一(59)、香取慎吾(44)といったキャストが発表されており、その中に宮澤エマ(32)も名を連ねている。初演での演技が高く評価されたことを、ご記憶の演劇ファンもいるだろう。

 三谷幸喜と宮澤エマの組み合わせは、来年1月に放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも実現する。彼女の出演が発表されたのは、2020年11月18日のことだった。

「鎌倉殿の13人」は三谷が脚本を執筆。小栗旬(38)が主演で、鎌倉幕府の第2代執権だった北条義時(1163〜1224)を演じる。

 その義時の妹である阿波局(生年未詳〜1227)が宮澤の役。要するに小栗旬の妹というわけだ。

 民放キー局で番組制作に携わる関係者は、「宮澤さんは今、三谷さんが最も気に入っている女優と言われています」と明かす。

「宮澤さんと言えば、1991年から93年まで首相を務めた故・宮澤喜一氏(1919〜2007)の孫娘として有名です。最初はバラエティ番組で人気を獲得しましたが、徐々にミュージカルに活動の場を移しました」

“三谷組”の女優

 2013年頃からミュージカル女優として舞台に立つことが増え、好演を重ねることで着実に評価されていった。

 特に最近はテレビドラマや映画など、ミュージカルではない作品の出演依頼も相次いでいる。特にNHKの朝ドラ「おちょやん」(20年11月〜21年5月)の出演で、お茶の間における知名度も高まった。

「三谷さんが監督と脚本を担当した『記憶にございません!』(東宝・2019年)に宮澤さんは出演しました。これがきっかけとなり、20年9月には同じように三谷さんが演出と脚本を担当した『誰かが、見ている』(Amazon Prime Video)でもオファーされました」(同・関係者)

 三谷は配役にこだわることでも知られている。男優でも女優でも、いわば“三谷組”とでも言うべき常連役者が存在する。

 例えば、テレビドラマや映画を中心に女優の出演回数を調べてみると、トップクラスは戸田恵子(63)と鈴木京香(52)だ。

高評価の“条件”

 2人は三谷が監督・脚本を手がけた映画、「ラヂオの時間」(東宝・97年)、「ザ・マジックアワー」(同・08年)「清須会議」(同・13年)などに揃って出演していることからも、“信頼度”が高いことが分かる。

 大河の「鎌倉殿」では、鈴木京香の出演が発表されている。西田敏行(73)が演じる後白河法皇(1127〜1192)の側室という役だ。

 演技を高く評価されている実力派の女優も、常連として脇を固め、三谷作品の“質”を高いものに保っている。

“小劇場の女王”と呼ばれた長野里美(59)、三谷が主宰した東京サンシャインボーイズに所属する宮地雅子(55)、元劇団四季の堀内敬子(49)、瀬戸カトリーヌ(45)といった面々は三谷ファンならおなじみだろう。

 上記した4人では、堀内敬子が「鎌倉殿」に出演することが発表されている。

「天海祐希(53)、吉田羊(年齢非公表)、小池栄子(40)、秋元才加(32)といった女優さんも三谷作品の常連として知られています。この4人では小池さんが『鎌倉殿』に出演しますが、やはり注目は宮澤エマさんでしょう。32歳ですから遅咲きのブレイクと言ってもいいと思います」(同・関係者)

期待する“分野”

 そもそも三谷幸喜は、自身の発言やアドリブにしっかりと反応できるタイプの役者を気に入るという。

「その上で女優さんの共通点となると、サバサバしたキャラクターということになると思います。いわゆる女性らしいキャラクターを期待しているのは多分、常連組なら石田ゆり子さん(51)ぐらいではないでしょうか。宮澤エマさんもテレビ業界ではサバサバした素顔で知られていますし、勘の良さも折り紙付きです。三谷さんのアドリブに反応できるのは間違いなく、だからこそお眼鏡にかなったのかもしれません」(同・関係者)

 かつての宮澤エマは、いわゆる“ハーフタレント”としても活躍し、バラエティ番組を足がかりに女優として活躍の場を拡げていった。

 そのため、高橋メアリージュン(33)や池田エライザ(25)と比較するテレビ関係者もいたようだが、最近はそこから抜け出した感が強いという。

「三谷さんのお気に入り女優として、新しい段階に入ったのではないでしょうか。“鈴木京香の後継”と言ったら耳目を惹くのかもしれませんが、さすがに吉田羊さんなどが控えているので、それは言い過ぎでしょう。宮澤さんはまだ30代ですから、三谷組における“新人”女優として伸び伸び活動することが期待されていると思います」(同・関係者)

 三谷幸喜は気に入った女優のうち、「この女優さんは映画、この女優さんはテレビドラマ、この女優さんは舞台」と“得意分野”を考えて配役するという。

「宮澤さんの場合は、まずは舞台映えのする女優さんに成長してほしいと考えているのではないでしょうか。その上で、テレビでお茶の間の支持を集めたことから、ドラマでの活躍も期待していると思います」(同・関係者)

デイリー新潮取材班

2021年7月4日 掲載