2006年の放送開始から7年間、計20回に亘って人気を誇ったドキュメントバラエティ番組「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日)。番組のプロデューサーで、“ビッグダディ”こと林下清志氏(56)を見出した制作会社「ゼロクリエイト」の石川修元代表が、元妻との再婚、番組終了の危機、そして新恋人発覚の経緯を明かした。

 ***

 石川氏が、林下一家に初めて会ったのは、2006年4月のことだった。

 1991年に「ゼロクリエイト」を設立した石川氏は、「元祖!大食い王決定戦」(1991年・テレビ東京)、「TVチャンピオン」(1992年〜、テレビ東京)、「電波少年インターナショナル」(1994年〜、日本テレビ)など、高視聴率番組を制作。ドキュメントバラエティの第一人者として、数々のヒット番組を生み出してきた。2002年に「愛の貧乏脱出大作戦」(1998年〜、テレビ東京)が放送終了し、次なる題材を探していた時、石川氏はリサーチ会社から“子ども8人を父ひとりで育てている一家がいる”という報告を受けたのだった。

 当時、岩手県久慈市で暮らしていた林下一家は、テレビ出演を快諾。その後、長女の高校進学を機に、子育てへの金銭的な支援が充実した鹿児島県奄美市への移住を決めた。

 南国での新生活を始めて1年が経った頃、林下一家のもとに元妻が三つ子を連れてやってくる。この再会は、番組の提案を受けて実現したものだったが、その後、元妻は奄美への移住を決断。対し、復縁を拒む姿勢を崩さない清志氏だったが、次第にその仲は縮まり、元妻が身籠もったことをきっかけに再婚を果たしたのだった。2008年には、2人にとって9人目の子どもとなる紬美(つむみ)が誕生。元妻の連れ子の三つ子と共に、一家14人の生活が始まった。

「赤ちゃんが生まれたことで、それまで色々あった元妻・佳美さんと清志さんの仲も、このまま丸く収まるのかと思いました。ところが、夫婦は一緒に住むうちに互いに不満を募らせていくんです。さらに、この頃、もっと大きな問題として今後の家計の不安が出てきました。家族が増えたことに加えて、子どもたちが成長するにつれて食費や生活費がますますかかるようになり、一家の暮らし向きはどんどん厳しくなっていったのです」(石川氏)

接骨院に患者が集まらない

 一家の生活は、柔道整復師の資格を持つ清志氏の肩に掛かっていた。大和村の自宅に併設した接骨院と、一時は市街地・名瀬の分院でも働くことで、築50年の一軒家の家賃3000円と14人分の生活費を賄ってきた。

「番組に出て有名になってからは、観光客がやってくることもあったようです。しかし、もともと奄美は人口が少ない土地ですから、当然、接骨院に来る患者も少ない。田舎のおじいちゃんおばあちゃんが、お金を出してしょっちゅう治療を受けには行かないのでしょう」(同)

 一家は、奄美にやってきた当初から近くの海で魚を釣ったり、村の人から借りた畑で野菜を作ったりと節約生活を続けた。もっとも、石川氏によると、番組に出演することで「一回の放送につき、50万円程度の謝礼」が支払われていたという。

「出費が重なった時などは、早めに謝礼をお渡しすることもありました。ですが、もともと清志さんはお金に執着しない方だったので、生活が厳しくなっても“ギャラを上げて欲しい”などと言いだしたことはありませんでした。かといって、“困っているなら”と番組がお金を援助してあげることも出来ません。あくまで我々がやっていたのはドキュメントバラエティなので、そういった介入の仕方は一線を越えるからです。一方で、佳美さんが働きに出たいと言いだした時には、鹿児島南九州市の茶畑の働き口を見つけてあげたことがありました」(同)

 元妻は茶摘みの仕事に就いたが、苦しい家計の根本的な解決にはならなかった。

「このままではどうにもならないと考えた清志さんは、住み込みで仕事が出来る接骨院を番組と一緒に探し、愛知県豊田氏の接骨院に働き口を見つけました。しかし、そのままではひとり奄美で12人の子ども達の世話をしなければならなくなる元妻は、なんとか奄美で仕事を続けて欲しいと、清志さんの出稼ぎに反対。それに対して、元来頑固な性格の清志さんは『一生奄美に住み続けたいから、そのために今は出稼ぎに行かないといけない』と主張し、元妻の説得を聞くことはありませんでした」(同)

奄美と豊田の二重撮影

 こうして清志氏は、元妻と子どもたちを残し、ひとり豊田に向かった。

「番組のテーマ曲は、奥田民生の『さすらい』です。これは、ビッグダディの名づけ親でもあるテレ朝のプロデューサーが決めたものですが、清志さんの人生のテーマ曲としても、ぴったりだと思うんですよね。清志さんは、自分がやると決めたらやる、行くと決めたら行くという性格だし、ひとつの所に長く留まれない人なんです」(同)

 番組は、元妻と子どもたちが住む奄美と清志氏が働く豊田の2拠点で撮影することになった。

「別々に撮影してはじめて、清志さんと子どもたちが一緒に暮らすからこそ、面白い映像が撮れていたんだということを痛感しましたね。もちろん奄美でも小さなトラブルが起こったりはしましたが、それだけで番組が出来るわけではありません。一方、豊田にいる清志さんは接骨院で熱心に働く毎日で、撮れるのは施術のシーンばかり。そこで、番組的に持つようなことを清志さんと相談をして、稲作に挑戦してもらったことがありました。収穫したお米は、奄美の子ども達がおにぎりにして食べていましたね」(同)

 その頃、高校を卒業した長女の愛美さんは、愛知で就職。清志氏と二人暮らしを始めたものの、子ども達に囲まれた“ビッグダディ”らしい姿が見られないという状況は続いていた。

「出稼ぎに行って1年ほど経った頃、番組から提案して、接骨院が休みになる年末年始に奄美に帰ってもらったこともありました。久しぶりに子どもたちと一緒にいる清志さんを撮影して、やっぱり家族が揃っている時は、ストーリー展開を含めて面白いものが撮れると感じました」(同)

 一方の元妻は、奄美での生活に不満を募らせていく。清志氏が豊田での収入を次男の熱志さんに全て渡し、なぜか元妻に家計を任せなかったことも、その要因の1つだった。

「佳美さんは、どんどんストレスを溜めていき、奄美を出たいと漏らすようになりました。不慣れな家事をこなしながら、12人の子どもの世話をするのが本当に大変だったのだと思います。同時に、清志さんが6年間、男手1つで子どもたちを育てていたのが、いかにすごいことかと感じました」(同)

 その後、元妻は三つ子と紬美ちゃんを連れて奄美を出て行き、夫婦はやがて再び離婚。高校生の次男の熱志さんと三男の武志さんは奄美に残り、他の6人の子どもたちは清志氏と共に豊田で新生活を始めた。

番組終了の危機

 そうした中、「清志さんが番組出演を辞めたいと言いだしている」という話が何の前触れもなく、石川氏の耳に入る。番組が始まって以来、およそ4年間、密着を嫌がったことは無かった清志氏からの突然の出演拒否だった。

「豊田まで会いに行きましたが、清志さんは『十分撮ったのだから、もういいでしょう』と言うばかりで、なぜ辞めたいのか理由がはっきりしませんでした。これまで一家と二人三脚でやってきて、人気番組に成長させたという自負もありましたし、視聴者にも説明がつきませんから、突然の終了だけはどうしても避けたかった。一方で、制作会社の経営者としては、すぐに別の人気番組が出来るとも限りません。制作スタッフたちの仕事を守りたいという思いもありました」(同)

 しかし、石川氏の説得は上手くいかなかった。

「もともと清志さんはお金で動く方ではありませんから、謝礼の額を増やして説得材料にすることは出来ません。その上、指図されることが嫌いで、一度決めたことは貫き通す性格ということも知っていましたから、諦めて帰るしかありませんでした」(同)

18歳年下の新恋人

 しかし、ご承知の通り、その後もビッグダディシリーズは続いていく。

 元妻との離婚が描かれる「痛快!ビッグダディ11」(2010年12月25日放送)から、次の放送までの間はおよそ10カ月と、これまでに無く放送の間隔が開いているのだが、これは出演拒否騒動のせいだったのだ。では、そこから清志氏が再び出演を決めるまでに、一体何があったのだろうか。

「ある日、現場の制作スタッフから『清志さんが豊田で新しい恋人を見つけ、近々再婚するらしい』と連絡がありました。撮影を続ける間に清志さんとスタッフは親しくなり、撮影期間以外にも連絡を取り、色々と相談する仲になっていたようです」(同)

 この新しい恋人こそが、清志氏が働く接骨院に客として通院していた当時28歳の美奈子さんである。

「その時になって初めて、清志さんが急にテレビに出るのを嫌がった理由が分かりました。元妻と再婚をして子どもを作り、新しい家族として再出発するのかと思いきや、すぐに離婚。にもかかわらず、また若い女性と再婚するというのをテレビで流すのはちょっと……と思ったのでしょう。視聴者から批判を受けるでしょうし、そういったもめごとから美奈子さんを守りたいという思いもあったのではないでしょうか」(同)

 出演拒否の真相が分かったところで、番組を続けたいという石川氏の意思は変わらなかった。とはいえ、無理強いするわけにはいかない。そこで石川氏は、美奈子氏と直接交渉をすることにした。

「若くて控えめでかわいらしい女性というのが、初めてお会いした時の美奈子さんの印象でした。そして、豊田を訪れて初めて、美奈子さんが1男4女を育てるシングルマザーだと知ったんです。もう、驚きましたね。林下一家と一緒になれば、一体何人家族になるのか。驚きのあまり、私を含めてその場にいたスタッフは、そんな簡単な足し算が一瞬出来なくなるほどでした」(同)

次回に続く

デイリー新潮取材班

2021年6月21日 掲載