「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日)シリーズは、2006年9月26日の第1回以来、7年間、計20回に亘って放送された。番組のプロデューサーで、制作会社「ゼロクリエイト」の石川修元代表が初めて語る“ビッグダディ秘話”の最終回。

 ***

 1991年に「ゼロクリエイト」を設立した石川氏は、「元祖!大食い王決定戦」(1991年・テレビ東京)、「TVチャンピオン」(1992年・テレビ東京)、「電波少年インターナショナル」(1994年・日本テレビ)など、高視聴率番組を制作。ドキュメントバラエティーの第一人者として、数々のヒット番組を生み出してきた。2002年に「愛の貧乏脱出大作戦」(1998年・テレビ東京)が放送終了し、次なる題材を探している時に出会ったのが林下一家だった。

 第1回放送では、林下一家の鹿児島県奄美市への移住が描かれた。その後、元妻との復縁、そして離婚を経て、愛知県豊田市に居を移した。ちょうどその頃、林下清志氏が突然、“番組出演を辞めたい”と言いだした。石川氏の説得は上手くいかず、番組は終了の危機を迎えた。

美奈子さんとの再婚

 その後、出演拒否騒動の裏にあった当時28歳の新恋人・美奈子さん(38)の存在が明らかとなる。

「元妻と再婚してすぐに離婚。そして、新しい恋人とまた再婚するとなると、視聴者からの批判を避けられないと清志さんは考えたのでしょう。それでも、何とかもう一度考え直してもらえないかと、豊田まで会いに行ったんです。そこで初めて、美奈子さんには1男4女の連れ子がいることを知りました。清志さんと一緒になれば、15人の大家族が誕生するわけです。番組プロデューサーとして、この大家族をなんとしてでも撮影し、“ビッグダディ”シリーズの新章を作りたいと思いました」(同)

 この時点で、番組放送開始からは5年が経っており、既に11回の特番が放送されていた。

「美奈子さんは、もともと番組のファンで、出会う前から清志さんの“ビッグダディ”としての姿をテレビで見ていたらしいのです。そういったこともあって、最初は出演することを迷っていた彼女も、最終的には承諾してくれました。清志さんは、“美奈子さんが良いと言うなら”と撮影を再開させてくれた。これでなんとか番組の存続が決まったのです」(同)

 そして、2人は結婚。奄美の高校に通う次男の熱志さんと三男の武志さんを除く、6人の子どもと美奈子さんの5人の子どもと共に、13人での生活が始まった。

清志さんがモテる理由

 当時、清志氏は46歳。再婚が描かれた第12回(2011年10月1日放送)を見た視聴者の中には、再婚相手が18歳年下の女性ということに驚いた方も多かったはずだ。

「どうしてこんな若くて可愛らしい方が……というのは、我々も率直に思いましたよ。一方で、美奈子さんが清志さんに惹かれた理由もよく分かるんです。とにかく彼はマメな性格で、面倒見が良い。話好きで明るく、頑固ではありますが、言い換えれば芯が通った性格です。あと、子どもを愛する目はすごいですよ。血のつながった子どもだけでなく、連れ子にも分け隔てなく接することが出来る。普通なかなか出来ることじゃないですから、よほど大きな愛情を持った人なんだと思います」(同)

 一家は、豊田市のマンションで2部屋に別れ新生活を始めたが、手狭になったため、ほどなくして次の移住先を探し始めた。

 島根県隠岐の島で漁師として働く計画が持ち上がるが、体力的に厳しく断念。そして、次なる移住先は香川県の小豆島に決まった。

「清志さんと相談して、暖かそうな小豆島が良いということになったんです。引っ越しの費用や旅費は番組が負担しましたが、借りるより安く済むからと購入した一軒家の費用は、清志さんが工面しました。島で開業した接骨院では、美奈子さんが受付をして、夫婦2人で働いていました」(同)

激しい夫婦喧嘩

 こうして始まった一家の小豆島での新しい生活だが、当初から穏やかな暮らしとは言い難かった。

「清志さんの子ども達は、中学生から小学校高学年と思春期の難しい年ごろに差し掛かっていました。実の親とも上手くいかないような時期ですから、急に出来た継母とすぐに良好な関係を築くのは難しかった。そんな中でも、美奈子さんの連れ子とは子ども同士で仲良くやっていましたし、美奈子さんも頑張ってお母さんをやっていたと思います。一方、美奈子さんは元妻・佳美さんへの対抗心も強かった。自分が出ている放送回の中に、元妻が出演する回想シーンが流れるのも嫌だと言いだしたんです。美奈子さんの気持ちが分からなくもないですが、これはちょっと困りましたね。2つの家族が1つになるというのは本当に大変なことだったようで、新婚の甘い時間はほとんどなく、美奈子さんはどんどんストレスを溜めていきました」(同)

 清志氏との間に出来た末娘の出産後には、夫婦喧嘩がますます増え、家庭の雰囲気は険悪になっていく。

「美奈子さんに最初に会った時に感じた、控えめなイメージはだんだんと変わってきました。番組では子ども達の和気あいあいとしたところよりも、夫婦喧嘩のシーンが増えてきました。テレビ的に言えば美味しいところですが、撮影や編集を工夫して、喧嘩の際に美奈子さんが悪い印象を持たれないように見えないように配慮しました。それでも、美奈子さんが喧嘩ばかりしている印象が強くなってしまったのは、激しい口調でしょっちゅう言い合いをしていたからだと思います。あとは、彼女が赤ちゃんがタバコを吸っているみたいな強烈なデザインのTシャツを着ていることで、イメージが悪く映ってしまった。本人にすれば普段着なんでしょうが、視聴者からも“あのTシャツはなんだ”とクレームが入ったこともありました」(同)

 のちにパロディにされたこともある、有名な“高速土下座”もこの頃生まれた。夫婦喧嘩の最中に「ねえ、謝ってよさっきの」と詰め寄る美奈子さんに対し、清志氏が「はい、ごめんなさい、すみませんでした」と間髪入れず土下座する、あのシーンである。

「清志さんは、自分が正しいと思った時には、はっきり反論する人です。美奈子さんは、さらにはっきりと物を言うし、弁が立つ人だから、すぐに2人は激しい言い合いになる。喧嘩を重ねる内に、言い返すよりもさっさと謝った方が丸く収まる済むと分かってきて、清志さんはすぐに土下座したんでしょう」(同)

 その後、夫婦関係が修復することはなく、わずか2年で離婚。美奈子さんは6人の子どもを連れて、小豆島を出て行ってしまう。

一家は散り散りに

 林下一家も小豆島を離れ、清志氏は岩手県盛岡市で接骨院を開院する。進学や就職を機に親元を離れる子どももいた。

「大皿を囲んでみんなで食事をするといった、かつての大家族の姿は無くなりました。清志さんがキャプテンのチームのような一体感が、林下家から感じられないようになったとでも言いましょうか。その上、子ども達は様々な道に進んで頑張るけれども、社会の厳しさに直面することも多くなりました。とはいえ、皮肉なことに番組に悲壮感が漂うようになってからも、視聴率は下がりませんでした」(同)

 結局、「痛快!ビッグダディ」シリーズは、第20回(2013年12月29日放送)で最終回を迎える。元妻・佳美さんを含め、一家が盛岡に再集結する様子が約4時間に亘って描かれた。

「完結するには、良いタイミングだったと思います。全国に別れて住む一家をそれぞれ撮影するのは大変でしたし、もはや大家族とも言えないような状況でしたから。最終回で、一家が盛岡に集まり、番組初期を思い出させる大家族らしい姿を撮影して、“ビッグダディ”シリーズを終えられたことは本当に良かったです」(同)

運命を変えてしまった

 放送の度に賛否を巻き起こした“ビッグダディ”シリーズだが、最終回も高視聴率を維持した。

「15年前、初めて清志さんに会った時に感じた“金の卵を見つけた”という私の見立ては間違っていませんでした。それどころか、林下一家は私の想像を上回ることを次々と起こしていきました。今になって思うのは、清志さんによく付き合って頂いたからこそ、こんなに面白い番組が出来たということです。本当に感謝しています」(同)

 そして、番組によって運命が大きく変わってしまったのは、元妻の佳美さんである。番組からの提案が無ければ、奄美で清志氏に再会することは無く、ましてや再婚し、子どもを授かることも無かったからだ。

「最終回では、佳美さんは神奈川県で次女の柔美さんと同居を始め、ラーメン屋で修行を始める様子が描かれました。その後どうしているのかと思っていたところ、去年、佳美さんが突然会社に電話をくれたんです。といっても保険のセールスだったんですが、何でも今は保険の外交員として働いているとかで、私に保険のアンケートに協力して欲しいという用件でした。とにかく元気に働いていらっしゃることが分かって、ホッとしました。美奈子さんの方は、現在『美奈子ファミリーTV』というYouTubeで、子育ての様子などを発信して人気があるみたいです。幸せな毎日を送っているようですね」(同)

 一方、清志氏は、番組終了後、テレビ番組のコメンテーターなど活躍の幅を広げ、現在は東京で飲食店の店長をしているという。

「私を含め、番組スタッフは一家に真摯に向き合ってきました。それでも、テレビに出たことが、清志さんや林下家の皆さんにとって良かったのかどうか、今でも分かりません。もし15年前に私が岩手県久慈市まで会いに行かなかったら……ということを考えてしまいます。とはいえ、清志さんは、素人のままでいるのは勿体無いほど、強烈な個性と面白さを持った人間であることは間違いないです。それを世の中の人に知ってもらうことが出来たというのは、ひとつの成果と言えるかもしれません」(同)

「制作者が明かす『痛快!ビッグダディ』秘話 林下一家“奄美大島移住”の真相」(2021年6月7日配信)という第1回の記事を読んだ清志氏は、〈石川さん、お互い何回かピリピリしましたが…お世話になりました(笑 〉と感想をTwitterに投稿した。清志氏の中でも、番組出演は良き思い出となっているのかもしれない。

「『痛快!ビッグダディ』は、シリーズを通して高視聴率を獲得しました。プロデューサーとしては、他の大家族モノには超えられない番組を作ったという自負があります。20回の放送を見届けた後も、ふとした折に林下一家のことを考えます。ある時、ネットで清志さんが子どもや孫と一緒に写る写真を見つけたんです。みんなが笑顔で、清志さんがまた大家族に囲まれていて、それを見た時すごく安心しましたね」(同)

デイリー新潮取材班

2021年6月28日 掲載