離婚協議中と伝えられていた「NEWS23」(TBS系)のキャスターを務める小川彩佳氏(36)と、医療ベンチャー「メドレー」の前代表・豊田剛一郎氏(37)の離婚が成立した。6月30日までに、都内区役所に離婚届が提出され受理されていたことが、「デイリー新潮」の取材で明らかになった。

 ***

慰謝料などの条件が合意

 豊田氏の知人によれば、二人は今年2月に「週刊文春」が豊田氏の不倫を報じた直後から別居。4月頃から双方、弁護士を立てて離婚協議に入っていた。6月に入り、話し合いはまとまったという。

「豊田氏の不倫がきっかけで夫婦関係が壊れてしまったことは明らかですし、豊田さんはベンチャー企業の経営者としてかなりの資産を有していますので、財産分与も含めますと、それなりの金額が小川さんに渡るようです。ただし、一部報道にあった10億円という金額は、財産分与や養育費を入れたとしても、ちょっと言い過ぎですね」(豊田氏と親しい知人)

 6月2日、「女性セブン」が「慰謝料10億円」と報じた際、小川アナは過剰な反応を見せた。TBSは「小川さんご本人は『女性セブンの記事には、事実誤認があります』と話しています」とコメントを発表。テレビ局がフリーアナウンサーの夫婦問題について、代わってコメントを出すことは「極めて異例」(TBS関係者)と騒がれたが、そのくらい小川アナは、「10億円」という数字に過敏になったわけだ。

「二人の間には昨年7月に産まれたばかりのお子さんがいますが、親権は小川さんが持つことになり、豊田氏が子供の成人まで、毎月、養育費を支払うこと、定期的に面会交流を行うことなどで合意したと聞いています」(同前)

背景にあったすれ違い生活と育児問題

 結果だけを見れば、ひとつの不倫が夫婦関係を修復不可能に追いやったように見えるが、以前からのすれ違い生活で、夫婦間の溝は深まっていたという。

「仕方のないことではあるのですが、小川アナが帰ってくるのは毎日夜中で、結婚前からすでに、二人で出掛けたり、会話をする時間があまり持てていなかったようです。特に、小川アナが出産後、たった2カ月で職場復帰してからは、豊田氏は相当疲れ果てた様子でした。もちろん、復帰する時は豊田氏も彼女の意思を尊重し、応援するつもりだったと思います」(起業家仲間)

 だが、いざ現実となってみると想像を絶する日々で、

「彼は早朝から出社時間までは、一人で育児を担当。週に3日は、会社が終わると家に飛んで帰り、子供を風呂に入れ、寝かしつけもやっていた。彼のイクメンぶりはベンチャー仲間では有名な話でしたよ。もちろん、小川アナも分担してやっていたし、彼女の実家の援助もあったでしょうが、彼女の仕事は夜ですからね。毎晩、夜泣きする乳児と二人で取り残されるのはしんどかったと思います。彼女の希望で保育園やシッターの利用もしなかったようです」(同前)

 豊田氏の周囲には、一連の報道が一方的だと同情する声が多いという。起業家仲間は、仕事と育児で追い込まれていた彼の状況が「もう少し理解されてもいいのでは」と訴える。

「小川さんもキャスターとして大変だったでしょうが、彼だってベンチャー企業の代表取締役として激務を抱えていたのです。けれど、仕事でどんなに頑張っても、常に“小川彩佳の夫”としか言われず、家にいても話し相手もいない。そんなストレスも合わさって、癒しを他の女性に求めたんじゃないでしょうか。その後、離婚へと突き進んだのも、小川彩佳の夫という立場が想像以上の負担となっていたからだと思います」

 無論、だからといって豊田氏の裏切りが許されるわけではない。不倫報道がきっかけとなり、「メドレー」の代表取締役を辞任し、平取締役に降格した豊田氏だが、

「今は気持ちを切り替え、仕事に打ち込んでいます。当初は、可愛がっていた子供と会えなくてつらそうでしたが、『子供とは縁が切れるわけじゃないから、一生サポートする』と前向きに話しています」(前出・知人)

 豊田氏に現在の心境を聞こうと、「メドレー」を通して取材を申し込んだが、「プライベートのことについては一切お答えしておりません」と断られた。小川アナも「何もお答えすることはありません」というコメントのみだった。

デイリー新潮取材班

2021年6月30日 掲載