別居の続報

 昨年12月、Netflixは篠原涼子(47)主演のドラマ「金魚姫」を、オリジナルシリーズとして配信すると発表した。

 ***

 雑誌「グランドジャンプめちゃ」(集英社)で連載され、単行本も8巻まで刊行されている黒澤Rのコミックが原作。累計220万部を超えるというヒット作だ。

 篠原が演じるのは、タワーマンションの最上階に住む主婦。誰もが羨む暮らしを手に入れたはずなのだが、夫のDVに悩まされている。

 そんな主婦が、あるきっかけで男性と知りあう。好意を抱いてしまって耐えきれず、不倫関係に陥ってしまう──というのが、あらすじになる。

 プロデューサーは、中野利幸氏(フジテレビ)。文書で発表されたコメントでは、原作のエロティックな描写に魅了されていたことを明かし、《地上波での映像化は難しい》と思っていたが、Netflixでの配信に《性描写などにも躊躇なく挑戦できそう》としている。

 篠原と言えば、実生活でも「夫と不仲」ではないのかと報じられている。

 女性自身(Web版)は6月8日に、「篠原涼子 別居続いていた!『一時的』と不仲否定もすでに1年」との記事を配信した。

 そもそも女性自身は昨年8月、篠原と夫の市村正親(72)が別居していると報じた。もともと篠原と市村に関しては、複数のメディアが「離婚するのではないか」との観測記事を伝えていた。

1年に及ぶ別居

 観測記事が話題になっている中、女性自身が別居をスクープしたわけだ。これで「離婚確定だ!」と芸能メディアが色めき立った。

 だが、昨年8月の記事には事務所の反論も掲載された。別居は事実と認めながら、篠原がドラマの撮影で多くの人と接するため、新型コロナを家族に感染させないよう別居しているのだと説明したのだ。

 こうした経緯の上で、女性自身は続報を配信したのだ。芸能担当記者が解説する。

「女性自身の取材班は、依然として別居が続いている事実を確認したと報じたのです。具体的には市村さんとお子さんが共に生活し、篠原さんが1人で別の家に暮らしています。ただ、完全別居というわけではないようで、女性自身の取材班は篠原さんが“自宅”に戻り、お子さんと手を繋ぐ場面も目撃したそうです。しかしながら、その際に市村さんは大阪の舞台挨拶で自宅を留守にしていたとも指摘しました」

 女性自身は「初報から1年も経ったが、まだ篠原は“帰宅”していないではないか」と報じたわけだ。確かに、これほど別居が長く続くと、事務所の「コロナ感染対策」という説明が疑わしく思えてくる。

本当の夫婦仲は?

 今回の記事でも、篠原の事務所は女性自身の取材に対応している。前回の時と同じように《別居しているのは事実です》と認めた。

「担当事務所は、コロナ禍で篠原さんが出演していたNHKの朝ドラ『おちょやん』の撮影が4月まで伸び、次いで『金魚妻』の撮影も行われていると説明。仕事が落ち着けば別居を解消し、自宅での生活に戻ると説明しました」(同・記者)

 それでも女性自身は、夫婦不和の可能性を指摘。記事は《心まで完全にはなればなれにならないことを願うばかりだ――》と結ばれた。

 2人の夫婦仲は、実際のところ、どうなのだろうか。昨年11月から今年5月まで放送された朝の連ドラ「おちょやん」(NHK総合)の撮影に立ち会った関係者は、「篠原さんの振る舞いに、全く変わったところはなかったですね」と証言する。

「女性自身が報じたように、別居しているのは事実なのでしょう。しかし、夫婦仲が悪いなら篠原さんは大阪に滞在してもよかったのではないでしょうか。『おちょやん』はNHK大阪放送局が制作しており、撮影も大阪のスタジオで行われていたわけですからね」

余裕の冗談?

 この関係者によると、基本的に篠原は東京と大阪を往復していたという。

「もちろん、撮影が立て込んだ時、篠原さんが大阪に何日か滞在したことはありました。とはいえ、大阪に当日入りできるスケジュールの場合、篠原さんは東京から来ていました。また、東京に帰れる日程なら、篠原さんは東京に帰っていました。不仲や離婚なんていう話はちょっと違うのではないかという印象を持っています」

 篠原が最後の撮影を終えた際、彼女はスタッフに挨拶をした。「その冗談半分の挨拶が印象的でした」と振り返る。

「篠原さんが演じたのは、芝居茶屋『岡安』の二代目女将。その夫役を演じたのは名倉潤さん(52)でした。篠原さんが挨拶を終えると、『「おちょやん」のメンバーを皆、好きになりました! 旦那役の名倉さんも好きになりました。正親、ごめん!』と言って、周囲は笑いに包まれました」(同・関係者)

 ちなみに名倉も「俺も『おちょやん』のみんなが大好きになりました」と返し、最後は奥さんの渡辺満里奈さん(50)の名前を出して、「満里奈、ごめん!」と結び、更なる笑いを取ったという。

「本当に不仲だったら、『正親、ごめん!』なんて言うはずがありませんよね。やはり事務所の説明通り、仕事が落ち着き次第、自宅に戻るということじゃないですか」(同・関係者)

デイリー新潮取材班

2021年7月9日 掲載