7月4日にスタートした「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系/読売テレビ制作)の視聴率は初回5・8%、第2話6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)。日曜ドラマ枠としては大苦戦中だ。制作も制作協力もいつもと異なり、今回のヒロインは数字が取れないとの評もある……。

 ***

 日テレの日曜ドラマ(22:30〜23:25)といえば、18年10月期の「今日から俺は!!」以来、話題作が続いていた。遅めの時間枠であるにもかかわらず、平均視聴率が10%を超えることも珍しくなかった。

 ところが「ボクの殺意が恋をした」は、前述の通り非常に苦しいスタートとなった。主演はプライム帯の地上波連ドラ初主演となる中川大志(23)、ヒロインは新木優子(27)だ。

 不振の原因は何か? 日テレ関係者に訊いた。

手抜きのキャスティング

「中川は地上波連ドラ初主演ということで堅くなっているのか、押しが弱い。そして、ヒロインが新木だということ。彼女は連ドラ初主演となったフジテレビの『モトカレマニア』(19年10月期)で平均4・4%、最低視聴率3・0%という歴史に残る低視聴率を記録しています。今回も彼女は、表情がどことなく暗い。中条あやみや有村架純、上白石姉妹のような、はじけるような笑顔がありません。これでは視聴者も付いてこないと思います」

 なかなか厳しい評価のようだが……。

「もちろん彼女だけのせいではありません。とはいえ、中川と新木は共にスターダストの所属です。手抜きと思われても仕方のないキャスティングです。今回は日テレでなく、読売テレビの制作ということも原因があると思います」

 日曜ドラマは、20年1月期の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う」から、読売テレビが制作に加わるようになっている。なぜそんな変則的な作りになったのだろう。

「もともと在京キー局の日テレと、在阪準キー局の読売テレビとは、同じ読売グループということで関係は深い。他局もそうですが、大阪制作の番組を3〜4枠で全国ネットしています。ところが日テレは、読売テレビの枠をメインから外してきた。読売テレビ制作の『犬夜叉』や『名探偵コナン』といった月曜19時のアニメ枠を土曜18時に回し、ドラマ『失楽園』などを放送した月曜22時のドラマ枠は、低視聴率を連発したため04年を最後に返上させました。現在、読売テレビは、プライム帯では木曜21時の『秘密のケンミンSHOW極』、続く22時の『ダウンタウンDX』の2枠しかありません。読売テレビ制作のドラマは木曜の深夜枠1本だけになっていました。系列の準キー局なのにこれではマズいと、日曜ドラマ枠を任せることになったんです。といっても3クールに1度の割合ですが」

低視聴率の新女王?

 読売テレビ制作は“シロクロパンダ”以降、20年10月期の「極主夫道」、そして今期の「ボクの殺意が恋をした」と続く。

「日曜ドラマは最終回で最高視聴率を取るパターンが続いていました。放送が続くうちにネットや口コミで話題となり、後半から数字を上げていくという理想的なパターンです。しかし、“シロクロパンダ”以降は、初回で最高視聴率を上げて徐々に下がっていくというパターンが続いています。初回を見てみたものの期待外れで、話題になることもなく終わるパターンで、これは決して良くありません。しかも今回は、超低空飛行のスタートとなっているのですから目も当てられません」

 キャスティング以外に何が違うのだろう。

「脚本の徳永裕一は、月9史上ワースト記録(平均6・1%)を作った『海月姫』(フジ/10年10月期)や、『ストロベリーナイト・サーガ』(同/19年4月期)で主演をそれまでの竹内結子から二階堂ふみに変えて失敗(6・6%)し、『ルパンの娘』(同/19年7月期・20年10月期)では深キョン(深田恭子)の使い方は良かったものの、数字的には散々(第1シリーズ:7・1%、第2シリーズ:5・7%)でした。さらに『ボクの殺意が恋をした』の制作協力には、なぜかホリプロが入っています」

 主役とヒロインはスターダストなのに? 出演陣を見ると、ホリプロ所属は中尾明慶と榊原郁恵か……。

「ホリプロに丸投げなんて声も聞くのですが、所属タレントが主役なら気合いも入るでしょうが……このままだと、高視聴率は望めそうもありません」

 地上波連ドラで2作品続けて失敗することになれば、新木は低視聴率の新女王と呼ばれることに?

「実はもう1人、ウラ女王がいるという声があるんです。新木の『モトカレマニア』や深キョンの『ルパンの娘』、浜崎あゆみを描いて話題にはなったものの失笑(平均4・7%)された『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日/20年4月期)……数々の低視聴率ドラマに出演した田中みな実(34)です。彼女は今回、新木演じる人気マンガ家のチーフアシスタント役で出演しているんです」

デイリー新潮取材班

2021年7月18日 掲載