TBS「日曜劇場」(日曜午後9時)のドラマはなぜ続けて当たるのだろう? 現在放送中の「TOKYO MER〜走る緊急救命室」が好調なのはご存じの通り。1月期の「天国と地獄」、4月期の「ドラゴン桜」もヒットした。「日曜劇場」が強い理由をTBSドラマ関係者に聞いた。

 ***

「日曜劇場」はTBSドラマ制作部内では「絶対に外せない枠」と考えられているそうだ。

「TBSにはほかにも火曜午後10時台と金曜10時台にドラマ枠がありますが、『日曜劇場』は1956年に生まれたテレビ界最古のドラマ枠。『ドラマのTBS』の背骨なんです」(TBSドラマ関係者)

 もっとも、当てたいのは他局も同じ。TBSだって残り2つの枠も当てたいはず。どうして「日曜劇場」だけ当てられるのか。

「まず放送枠に力があるから、視聴者を集めやすい。脚本家と役者も力のある人に参加してもらいやすいんです。視聴率の獲れる人はどこだって使いたいので、大抵の脚本家と役者は同時期に複数の局から声が掛かりますが、その時に『日曜劇場』を選んでくれる。また高視聴率が見込めて、DVD販売などの2次利用料も期待できるので、制作費もかけやすい。時には通常の1.5倍から2倍出せる」(同・TBSドラマ関係者)

 2倍とは驚きである。もともとTBSの制作費は他局より高めで、1時間ドラマなら推定4000万円前後。その2倍となると、同8000万円にもなる。

 半面、制作費が高額なのは不思議ではない面もある。堺雅人(47)、香川照之(55)、市川猿之助(45)、北大路欣也(78)ら豪華キャストが勢揃いした昨年7月期の「半沢直樹」は通常の制作費では到底つくれないからである。

 昨年1月期から今年4月期までの「日曜劇場」の全話平均世帯視聴率を見てみたい(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)

■昨年1月期「テセウスの船」13.4%
■同4月期 コロナ禍のため、なし
■同7月期「半沢直樹」24.7%
■同10月期「危険なビーナス」11.6%
■今年1月期「天国と地獄」14.5%
■同4月期「ドラゴン桜」15.0%

 どのドラマの数字も2ケタ以上。ちなみに個人視聴率全体は世帯視聴率の6割前後になる。

 視聴率が良いから優良スポンサーが付いている。洗剤や化粧品などの花王、酒や清涼飲料水などのサントリー、日本生命、SUBARUの大手4社である。

「ありがたいスポンサーです」(同・TBSドラマ関係者)

 ドラマに口を出すことがなく、黙って応援してくれるからなのそうだ。また、いずれのスポンサーもこのところ話題のコアターゲット(TBSの場合、男女4歳〜49歳)に強く拘らない。

 各社の顧客ターゲットを考えると、それもうなずける。例えば花王が50歳以上の消費者を無視するはずがない。すると、制作者は視聴者の年齢に縛られず、自由にドラマづくりができる。コアターゲットに受けることだけを考えるドラマ制作者は一人としていないと言っても過言ではない。

「スポンサーが良いから出てくれる役者もいるんです」(同・TBSドラマ関係者)

 逆に世間のイメージが悪い企業がスポンサーのドラマには出ない役者も珍しくない。スポンサーも「日曜劇場」の強さの理由だった。

 昨年7月の「半沢直樹」の放送開始直前には、スポンサー4社がTBSと協力する形で、東京・渋谷駅構内にドラマをPRする超特大ポスターを貼った。

 ポスターには「日曜劇場提供者は半沢直樹を応援しています」の文言があった。こんなことは民放史上初めてのことだった。「ありがたい」という言葉もうなずける。

 ただし、強い「日曜劇場」にも過去には全話平均世帯視聴率が1ケタで終わったドラマがいくつかあるある。そういう時はどうやって浮上を図ったのか。

「軌道修正するんです。例えば1990年代はサラリーマンものが多かったんですが、それが低調になると、一転して木村拓哉さんと常盤貴子さんに主演をお願いし、ラブストーリーをつくり、流れを変えました」(同・TBSドラマ関係者)

 全話平均世帯視聴率が32.3%に達した2000年1月期の「ビューティフルライフ」である。以後、枠は勢いを取り戻した。

 キムタクの「日曜劇場」第1作だった。以来、同作を含めキムタクは6本の「日曜劇場」に登場。常連に近い存在になった。

 昨年1月期の「テセウスの船」から今年4月期の「ドラゴン桜」までを振り返ってみると、その共通点はストーリーの面白さとキャストの良さである。脚本家と役者の協力が得やすい表れにほかならない。

 また1話完結方式のドラマは1本もない。次回も見たくなる構成に仕上げられている。例えば「危険なビーナス」の場合、嫌らしいぐらいに毎回、終盤にヤマ場が用意されていた。

TOKYO MERの見せ場

 放送中の「TOKYO MER〜走る緊急救命室」はどうかというと、やはりストーリーとキャストが出色。また1話完結ではない。

 主人公は鈴木亮平(38)が演じる救命救急医チームのリーダー・喜多見幸太。救命医のドラマはもはや古典とも言え、やり尽くされたと思っていたら、最新鋭機材とオペ室を備えたERカーを登場させた。この大型車にチームが乗り、事件や事故の現場に急行する形にしたことで、斬新な作風になった。

 また、医療ドラマは病院内のシーンばかりだから、どうしても映像が単調になるが、ERカーの導入で医師たちの活躍の場が無限に広がった。ERカーは画期的なアイディアだった。

 もちろんERカーは現実の医療界には存在しない。ドラマを監修する本物の救命救急医たちの意見に基づき、8トン車を6ヶ月かけて改造し、製造された。これも予算のある「日曜劇場」だから実現できたのだろう。

 喜多見たちは毎週、事故や事件の現場に行き、患者の命を救う。通常の救命救急ドラマなら、これ止まり。だが、それでは1話完結だ。そうしないための仕掛けが施された。

 MERを発案した東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子、51)と厚生労働相の白金眞理子(渡辺真起子、52)の対立構図をつくった。2人とも将来の首相候補。ライバルだ。

 白金はMERを潰し、発案者の赤塚を失脚させたい。患者なんかどうでもいいと考えている。ERカーの存在と同じく、現実ではありそうにない話なのだが、ドラマのストーリーとしては面白い。

 この先にも仕掛けがあるようだ。8月8日放送の第6話で赤塚は胸を押さえていた。心臓に疾病があるらしい。それを治すのは誰なのか。

 喜多見に関する仕掛けも残されている。経歴に1年間の空白があり、そこにヒミツがある。あざといほどに見せ場が多い。

 ほかに研修医・弦巻比奈(中条あやみ、24)の成長物語も入っている。厚労省からチームに派遣された医系技官・音羽尚(賀来賢人、32)が、同省とチームの間で揺れ動く姿も。どちらもドラマをヒットに導くセオリーである。スタッフたちの「外せない」という思いが伝わってくる。

 脚本は黒岩勉氏(48)。「日曜劇場」の2019年10月期の「グランメゾン★東京」(主演・木村拓哉)を書いた人だ。「危険なビーナス」も執筆し、どちらも当てた。「日曜劇場」の視聴者層を把握し、勝利の方程式を知っているのだろう。

 10月期に放送されるのは小栗旬(38)主演の「日本沈没-希望のひと-」。異常気象や自然災害が深刻化する中、こちらも話題作になりそう。

「日曜劇場」の横綱相撲はまだ続くだろう。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

2021年8月15日 掲載