8月21日から22日にかけて放送された「24時間テレビ 44」(日本テレビ)の世帯平均視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。昨年の15.5%より3.5ポイント下がり、92年のリニューアル後では下から2番目……なぜ惨敗に終わったのか。

 ***

 今年の「24時間テレビ」は、新型コロナの緊急事態宣言中であることに加え、直前に大イベント「東京五輪」が開催されるなど、難しい年であったことは間違いないだろう。

 それでも、世帯平均視聴率12.0%、個人平均視聴率7.0%は近年稀に見る低い数字と、日テレ関係者は言うのだ。

「『24時間テレビ』は、ドラマやニュースは別にして、番組を10のPartに区分けして、それぞれの平均視聴率を出しています。毎年、土曜日のオープニング(Part1)でスタートダッシュして、ドラマを高視聴率に上げ、日曜日の夕方からメインパーソナリティも加わる『笑点』など(Part9)から数字を上げて、マラソンランナーがゴールするエンディング(Part10)で大団円を迎えるというのが基本パターンでした。ところが今年は、21日18時30分からのオープニングで視聴率14.2%と、近年稀に見る低空スタートとなった。平野紫耀と浜辺美波を抜擢したスペシャルドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』も15.3%に留まり、それぞれのPartが20%を超えることはありませんでした」

キンプリでは弱い

 デイリー新潮は「『24時間テレビ』に漂う暗雲 目玉の『生徒が人生をやり直せる学校』は不運の連続」(8月21日配信)で日テレ関係者が語る“嫌な予感”を報じたが、まさしくその通りとなってしまった。

 近年の24時間テレビと比べてみても、その差は歴然だ。

「日頃、日テレは13〜49歳のコアターゲット層の視聴者を狙う方針を採っているのですが、『24時間テレビ』は大票田であるM3、F3層(50歳以上の男女)に頼らざるを得ません。この世代に対して、メインパーソナリティーがKing & Princeでは弱い。いくら若い女性に人気があると言っても、50歳以上の人が見たいとは思わないでしょう。奇しくも、東京五輪で世帯平均12.0%、個人7.1%とほぼ同率だったのが、『スケートボード決勝〜表彰式 男子ストリート』(NHK総合:7月25日)でした。この競技も多くの若い人が見た印象ですからね。『24時間テレビ』にはサポーターが必要でした。キムタク(木村拓哉)を出せとまでは言いませんが、それくらいの大物が出演しなければF3層は呼び込めません」

 そのせいなのか、裏番組が健闘したという。

ハラハラドキドキがない

「土曜日はテレ朝の『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん 夏休みSP』(18:56〜20:54)が11.7%、続く『サタデーステーション』(20:54〜21:55)も12.2%と、『24時間テレビ』Part1に迫りました。同様にNHK総合の『ブラタモリ』(19:30〜20:15)も12.4%と、年に一度の『24時間テレビ』が普段通りに放送する裏番組に勝てなかった。日曜日も同様でした。そのため社内的には、十数年ぶりに“表彰なし”となりました」

 やはりメインパーソナリティーが弱かったということか。

「キンプリにはまだ時期尚早だったということです。今年よりも平均視聴率が低かったのは04年の11.7%で、メインパーソナリティーは嵐でした。嵐は何度もメインを務めてきましたが、この年が初めて。17年前はSMAPが現役で、彼らはまだ国民的スターと呼ばれるほどではなかった。ちなみに翌年のメインは草なぎ剛士と香取慎吾で、平均視聴率は19.0%と歴代最高の数字です。あらゆる世代の視聴者を得るには、人気急上昇中というアイドルには、まだ荷が重いということです」

 もちろん、他にも原因はあるという。

「コロナ禍でもあったので、キッチリ進行しようとしたのだと思いますが、ハラハラドキドキ感がありませんでした。悪天候でチャレンジを断念するとか、チャレンジできても失敗するとか、マラソンのゴールにもそれが如実に表れていました」

 昨年に続き、今年も公道を使ってのチャリティーマラソンではなく、募金ランだった。

「今年は福島のJヴィレッジのコースを11人のリレー形式で約100キロ走るというものでした。東日本大震災から10年ということで、福島で走ることに意義はありました。とはいえ、無い物ねだりかもしれませんが、放送時間内にちゃんと武道館に着くのかといった見逃せない感はありません。昨年の募金ランは初の試みであり、果たしてどんな形になるのかという興味もありましたし、日本国民が大好きなQちゃん(高橋尚子)がどんな走りを見せるかという期待もあった。2度目の今年は既視感ばかりか、荒川静香ではQちゃんの代わりは務まりませんし、時間通りに仲良くゴールした瞬間には鼻白んだ視聴者も少なくなかったかもしれません」

 もっとも、今年の瞬間最高視聴率23.4%は日曜20時49分で、最終走者のTOKIO城島茂がゴールを切った時だった。

「福島の募金ランの映像と共に、加山雄三さんと谷村新司さんで『サライ』が歌われる映像も流れる中、アナウンサーが番組を締めくくっていましたが、そのアナウンスは聞き取れませんでしたね。むしろ、ちょうどその頃に撮影されていたと思われるYouTube動画のほうが、よっぽどスリリングでしたよ」

 22日に公開されたYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」では、“24分間テレビ〜石橋が地球を救うかも。”と題し、20時半から石橋貴明が走り始めた。ゴール地点では谷村に扮した木梨憲武と、加山のモノマネを得意とする「ゆうぞう」が待ち構えていた。

「久しぶりのとんねるず復活に、ファンは“神回”とまで呼んでいました。しかし、『サライ』を熱唱するノリさんの前にタカさんは現れず……最後までハラハラさせつつ笑わせてくれました。日テレにとって『24時間テレビ』は“何が何でもやる”番組ですから、今後も続けるのでしょう。ならば、92年に小杉善信前社長がマラソンを加え『サライ』を作らせてテコ入れしたように、リニューアルが必要な時期にきているのかもしれません」

デイリー新潮取材班

2021年8月25日 掲載