「アカデミーでもこの仕事はローン組めない」

 俳優の松坂桃李(32)が「松坂桃李のオールナイトニッポン」に出演し、いまだローンが組めないと衝撃告白した。売れっ子女優の戸田恵梨香(33)と結婚し、共働きカップルとなっても金融機関の判断は厳しいということなのだろうか。ひるがえって、これまで俳優やタレントはローンとどう向き合ってきたのか。かつての芸能人のローンを巡る人間ドラマをトラブルも含めて振り返ってみた(文中敬称略)。

 まずは、23日深夜に放送された内容をざっとおさらいしておこう。

 通常この枠は、松坂の所属事務所の後輩・菅田将暉(28)がパーソナリティーを担当しているが、菅田が夏休みのため、松坂が代打出演した。冒頭で「菅田将暉が今日お休みで、その代わりに僕がしゃべらせてもらえる。本当に菅田将暉ファンの皆様、大変申し訳ありません」と語り始めた。

「私、松坂桃李は俳優でございます」と自己紹介した後、「日本アカデミー賞的にはですね、2019年に最優秀助演男優賞。2020年に最優秀主演男優賞をゲットしております。なのでそこらへんは信用してもらって大丈夫な俳優ですね……ただローンは組めない。そうですねまだローンは組めないですね。アカデミー(賞受賞)でもこの仕事はローン組めないのかな……頑張るしかない」と続けた。

 芸能記者に聞くと、

「松坂さんらしい素のコメントでしたね。普段から浮いた噂もなく地味で、休みがあってもずっと家にいてゲームなんかをしているタイプなんです。戸田さんとの交際がなかなかバレなかったのはそういうキャラの影響もあったと思います」

不祥事を起こすとなかなか復帰できない

 それにしてもこれだけの人気俳優ですらローンが組めないという「告白」は本当なのか?

「芸能人がローンを組めないなんてことは全然ないです。しかし、収入が長期的に保証されているわけではないので、いわゆる会社員や公務員とは別のタイプのローン形態になることは珍しくありません。事務所トップが個人的に貸し付けたうえで物件を購入するという形は普通にありました。昔とは違って、芸能人がトラブルや不祥事を起こすとなかなか復帰できず収入を絶たれることもあるし、巨額の違約金が伴うこともある。そのあたりを金融機関は警戒しているのかもしれません」

 公私ともに順調な松坂の「ローンを組めない」は、あくまでも自虐ギャグやリップサービスのたぐいと見ても良いのかもしれない。

 では、ここからは、ローンで苦悩した芸能人を紹介していこう。

 先ごろ死去したタレントのジェリー藤尾(享年81)は、15年間住んだ東京・田園調布の自宅を1993年に手放した。100坪ほどの敷地に、レンガ造りの鉄筋3階建ての建物が立ち、乗用車2台が収容可能な藤尾邸はバブル絶頂時に6億円以上の評価額をつけたが、バブル崩壊を受けてわずか2年あまりでそれが半分弱となっていた。

 彼がこの豪邸を手放すことにしたのは、タレントとの離婚調停にケリがついたからだったという。こういうタイミングで、ローンの話が表に出るケースは少なからずある。芸能デスクに振り返ってもらうと、

「調停の結果、藤尾さんは相手の女性に財産の35%を分与することで話がまとまり、豪邸の土地と建物を担保に2億円を支払ったようです。住宅ローンなどと合わせて負債額は4億円ほどに達していたので売却しようとしていたところへ、バブル崩壊が直撃したというわけです」

 バブルと離婚が絡んだ例で言えば、俳優・三田村邦彦(67)と女優・中山麻理(73)のケースが挙げられる。

 離婚調停でスンナリまとまらなかったのは、事務所扱いになっていた川崎市内の自宅のローンの支払い方法についてだったという。1998年のことだ。

「この土地・建物を売ってローンが完済できるなら問題はなかったのですが、バブル崩壊を受けて売却したとしてもかなりの負債が残ってしまう状況でした。三田村さん個人で払うと税制的には不利だし、三田村さんの前事務所が経費で支払う形にすれば税制上は有利ですが、中山さんとの関係があってややこしい……というような感じでモメていたようですね」(同)

岩城滉一と整理回収機構

 同様に離婚が絡んだローンで言えば、ハリウッド俳優となった渡辺謙(61)の例が有名だ。

 2001年、都内の豪邸が税金滞納で差し押さえられていたことが発覚。別居も明らかとなり、渡辺謙と妻との間で泥沼の離婚訴訟も伝えられるように――。

「その中では、奥さんが知人ら50人から2億円の借金をした一方で、ある宗教団体に2億5000万円を振り込んでいたことなどが明らかになりました。謙さんは離婚訴訟には勝ちましたが、奥さんの名義になっている豪邸の連帯保証人になっており、数億円規模の住宅ローンの返済について支払い責任を負うことになりました」(同)

 続いて、経緯はそれぞれ違うものの、整理回収機構(RCC)と向き合った2つの例から。

 1999年、俳優の岩城滉一(70)は、約160坪の借地に7LDKの邸宅を建てた。その際にこれを担保に自身の会社名義で5億円の借金をしたとされる。

「直後に融資元の信用組合が破たんし、債権がRCCに移ってしまいました。ずっと地代の滞納が続いたので、RCCに邸宅を差し押さえられ、競売にかけられることになったのです。当時の会見では、趣味のバイクも大事にしてくれる人に引き取ってもらったと苦しげに明かしていました」(同)

 最後に紹介するのが、歌手・石川さゆり(63)の例だ。2001年10月6日付の日刊スポーツから抜粋して紹介すると、

〈東京商銀信用組合の不正融資事件に、歌手石川さゆり(43)の元個人事務所が関与していることが5日、分かった。東京地検特捜部はこの日、都内の企業グループに約16億2000万円をう回融資して商銀に損害を与えたとし、前理事長A容疑者を背任容疑で再逮捕、企業グループのオーナー、B容疑者を背任の共犯容疑で再逮捕した。調べによると、A容疑者らは回収の見込みがないのを知りながら、数社の関連会社などを通じてB容疑者に計16億2000万円をう回融資した疑い。このう回融資先の1つが石川の元個人事務所「パルパル」だった〉

石川さゆりの56億円

 B容疑者は石川のタニマチ、スポンサー的存在とされる人物だった。石川は1995年にカラオケ事業に進出するため、自ら代表を務める個人事務所を通じ、国民銀行から約35億円の融資を受けた。その際に石川は個人保証しており、それ以外の個人事務所の債務も保証するという約定書にサインしていた。

「97年に石川はカラオケ事業から撤退することになり、個人事務所をB容疑者に売却しました。事務所はその後、カラオケ事業で28億円の負債が発生し、進出したゴルフ事業でも約28億円の負債を負ってしまいます」(同)

 このため、破たんした国民銀行から債権を譲り受けたRCCが計56億円の債務履行を石川に求めることになり、結果、返還を求めて提訴に至ったのだった。

 芸能人の場合、往々にして動く金額が大きく、知名度が高いために、トラブルが起きると大きく報じられることになる。あくまでもここに紹介したのはトラブルを抱えたケースで、ローンとうまく付き合ってやりくりしてきた人たちがほとんどだろう。それにしても、離婚、連帯保証、破たん、バブル崩壊……ローン返済計画が狂う火種はそこかしこにあることを教えてくれてもいる。

デイリー新潮取材班

2021年8月25日 掲載