争奪戦が勃発!?

 8月17日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列・火・19:56)にミス東大の神谷明采(21)が出演。テレビ業界でも話題になっているという。

 ***

 民放キー局のディレクターは「近年のミス東大は、局アナの登竜門としても注目されていいます。その影響も大きいようです」と指摘する。

「神谷さんは、浦和明の星女子中学校・高等学校から、一浪して東大文IIに合格しました。ミス東大に輝いただけでなく、各大学で選ばれたミスキャンパスの中から1番を選ぶ『ミス・オブ・ミス・キャンパス・クイーン・コンテスト2021』でもグランプリを獲得しました。現役の東大生ですが、話題性の高さから既に古舘プロジェクトに所属するタレントでもあります」

 ミス東大からアナウンサーに進んだ女性を見てみよう。まず2000年、第4代のミスは山本舞衣子アナウンサー(43)だった。

 東京都立医療技術短期大学(現在は廃止)から東大の医学部健康科学・看護学科へ3年時に編入。02年に日本テレビへ入局し、現在はフリーアナウンサーとして活動している。

 03年、第7代のミスは小正裕佳子・元アナウンサー(38)。理IIから医学部健康科学・看護学科に進学。09年にNHKへ入局すると、新潟放送局に配属された。

 12年に退局すると、16年に芸能事務所と業務提携を結び、「NEWS ZERO」(日本テレビ系列・月〜木・23:00など)のキャスターなどを務めた。

人気の諸國沙代子アナ

 だが18年に業務提携は解消。実質的に芸能界を引退したと見られている。現在は獨協医科大学で特任講師を務めている。

 局アナではないが、04年の第8代ミスに選ばれた八田亜矢子(36)もリポーターやコメンテーター、キャスターとしても活躍した。

 クイズ番組に出演する姿を記憶している人は多いだろう。東大では小正と同じ理IIから医学部健康科学・看護学科に進学した。

 11年、第14代のミスは諸國沙代子アナ(29)。農学部を卒業し、15年に読売テレビに入局した。日本テレビ系列で放送されていた「ウェークアップ!ぷらす」(05〜21年)のサブキャスターを務めていたこともあり、全国的な知名度がある。

 13年、第16代のミスは澤田有也佳アナ(27)。ミス東大に選ばれると、ワタナベエンターテインメントに所属するタレントとして活動した。

 教育学部を卒業すると、16年に朝日放送テレビに入局。「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(17〜20年)のアシスタントを務めたことをご記憶の方もいるかもしれない。

「ミス・オブ」は狭き門

 また15年の準ミスに輝いたのは、磯貝初奈アナ(27)。彼女の場合は13年から「NEWS ZERO」の天気コーナーを担当しており、その上で15年の「ミス東大コンテスト」に出場した。

 工学部を卒業すると、16年に中京テレビへ入局。現在は「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(日本テレビ系列・金・1:29など)のアシスタントを務めており、全国区の知名度を得るチャンスを掴んだと言える。

 16年、第19代のミスは篠原梨菜アナ(24)。法学部を卒業し、19年にTBSへ入局した。同社の人気番組「東大王」(水・19:00)に出演したことも話題になった。

 また、この年の準ミスは南雲穂波アナ(27)。工学部から東大大学院の建築専攻へ進み、19年にメーテレに入局した。

「神谷さんは『ミス・オブ・ミス』に輝いたという点も、注目されています。ミス東大では小正裕佳子さん以来の快挙です。元フジテレビの中野美奈子アナ(41)はミス慶應、日テレの笹崎里菜アナ(29)はミス東洋英和、TBSの古谷有美アナ(33)はミスソフィア(上智)ですが、『ミス・オブ・ミス』ではファイナリスト止まりでした。それほどの狭き門なのです」(同・ディレクター)

「鈴木光ロス」

 古舘プロジェクトは“逸材”を手にした、とテレビ業界でも注目を集めているという。

「ところがFLASH(6月1日号)のインタビューには、『将来は、有働由美子さん(52)のような親しみやすいアナウンサーになりたい』と局アナになる夢を語っています。すると古館プロジェクトは“腰かけ”ということになってしまいますが、古舘伊知郎さん(66)はそれでいいと思っているのでしょうか」(同・ディレクター)

「東大王」で人気を博した鈴木光(22)は今年3月に法学部を卒業し、芸能界を引退。テレビ業界では「鈴木ロス」が拡がっているため、神谷に対する期待の声は大きいという。

「神谷さんが古館プロジェクトに入って、まだ3か月だと言います。『さんま御殿』でも明石家さんまさん(66)に『3か月で出ているの!?』とからかわれていました。経験が浅いから仕方ないかもしれませんが、トークはまだまだでしょう。チーズが苦手という話をしていましたが、あまり面白くはなかったですね。プロのアナウンサーなら問答無用でペケという内容でした」(同・ディレクター)

 ミス東大の肩書が、いつまでも通用するわけもない。競争が厳しい世界であることは論を俟たない。

「残りの学生生活を、芸能界でも向上心を持って活動することができれば、もし神谷さんがアナウンサー職を希望した場合、テレビ局で争奪戦が繰り広げられるのは間違いありません。NHKの和久田麻由子アナ(32)に匹敵するような人気を得る可能性があります。実際、神谷さんの表情は報道に向いています。日テレはちょっと路線が違います。ズバリ予想すれば、テレ朝かTBSと相性が良さそうです。『報道ステーション』(月〜金・21:54)や、『NEWS23』(月〜木・23:00など)のキャスターに向いているでしょう」(同・ディレクター)

デイリー新潮取材班

2021年9月25日 掲載