日本テレビの連続ドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(水曜午後10時)が、きょう9月15日放送の第9話で終了する。第8話までの世帯視聴率の平均値は2桁を超え、コア視聴率(13歳〜49歳)も全ての連ドラの中でトップを取る週が多かった。なぜ、当たったのか。

「ハコヅメ」がどうして当たったのかというと、よく出来たコメディである一方、シリアスなストーリーの部分も見応えがあるからだろう。

 原作が元女性警察官の泰三子氏が描いた漫画なのは知られている通り。脚本は根本ノンジ氏(52)が担当した。

 根本氏は漫画を脚本化する名手として知られ、これまでにテレビ東京「フルーツ宅配便」(2019年)やフジテレビ「監察医朝顔1、2」(2019年、2020年)などを成功に導いた。原作の持ち味を崩さないまま、面白さを増幅できる人として名高い。

 ダブル主演した藤聖子巡査部長役の戸田恵梨香(33)と川合麻依巡査役の永野芽郁(21)の演技も出色。その上、息もピタリと合っている。

 2人の関係はペア長(新任警察官の指導員)とペアっ子(指導される新任警察官)だが、やり取りはまるで漫才のツッコミとボケ。藤がツッコミ、川合がボケである。2人はほぼ出ずっぱりなので、笑える場面が散りばめられた。

川合「私もイケメンの彼氏が欲しいですーっ」

藤「その欲望、勤務中に出す声量じゃないでしょ」

川合「ムリですぅー、抑えられません!」(第5話)

 公務中の上司と部下の会話とは思えないのだが、不思議と違和感を抱かせず、笑えた。

コメディエンヌの2人

 そもそも2人はコメディが得意なのだ。戸田はTBS「俺の家の話」(今年1月期)が記憶に新しく、永野も日本テレビ「親バカ青春白書」(2020年)などに出演してきた。

 キャリアが上の戸田のほうがコメディエンヌとしても場数を踏んできた。もっとも、このドラマで弾けているのは永野である。

 第6話で源誠二刑事(三浦翔平、33)と一緒にパトカーで管内を巡回した際にはこんなやり取りがあった。

川合「源さん、ホントもう切腹覚悟で言うんですけど…」

源「なにそれ、怖い」

永野「トイレ行きたいんですけど、いいですか」

源「おまえの切腹、カジュアルすぎじゃね。武将か!」

 トイレに行きたいだけなのに、川合はこの世の終わりのような表情だった。永野の熱演が光った。

 一方で初回から通底しているのが、藤が同期の桜しおり(徳永えり、33)をひき逃げした犯人を追うというシリアスなストーリー。これがドラマの背骨になり、見応えが増した。

 単なるコメディでは成功しなかったのではないか。警察ドラマであるからには正義が悪に立ち向かう部分が求められるだろう。

 桜をひき逃げした犯人は新任女性警官マニアの「守護天使」という男と見られている。その男が近づいてくることを期待し、藤は川合とペアを組んだ。つまり川合はオトリだった。

 だが、川合とペアを組み、接しているうちに藤の考えは変わり、今は川合の身の安全を第一に考えるように。守護天使が現れないことを願っている。この辺の人間ドラマも面白い。

当初は「イメージと違う」という声も

「ハコヅメ」が交番勤務のことなのはご存じの通り。しかし、第8話でダブルミーニングであることが分かった。藤は守護天使の資料を少しずつ集め、段ボール箱にハコヅメしていた。藤の決意と執念を表す言葉でもあった。

 放送開始当初は原作のファンから「藤と川合がイメージと違う」といった意見がSNS上で飛び交った。だが、今はそんな声がほぼ消えた。うまいキャスティングだった。

 源刑事役の三浦、そのペアで山田武志刑事役の山田裕貴(30)もハマった。藤と川合が勤務する町山交番の所長(ハコチョー)・伊賀崎秀一役のムロツヨシ(45)も同じだ。

 ムロは演技の幅の広さをあらためて見せつけている。伊賀崎はサボりのプロを自称する男。第5話で起きた火災の際もどこかへ雲隠れしていた。

川合「私たち交通整理してましたけど、ハコチョーいました?」

伊賀崎「もちろん、いたさ。後方で支援的な動きをしてた」

 後方って、どこだ? もちろん嘘である。普通なら視聴者から嫌われるキャラだが、そうなっていない。心やさしい男だからである。

 第6話で赤ん坊の交通事故死現場に遭遇した川合は深く沈み込む。すると、普段は上から目線の発言を一切しない伊賀崎が、「川合君、きょうはもう切り上げなさい。これは上司命令だから」と通告した。

 第7話での伊賀崎は女性用下着を身に付け、大学生を驚かせた犯人が「タチ悪いですよね…」と自省すると、それを否定した。

「性的嗜好は自由なんですから」(伊賀崎)。そして最後は「ただ、どんな性的嗜好であれ、人を傷つける理由にしちゃダメだと思うんです」(同)と諭し、連行した。

 サボらなかったら理想的な警察官なのかも知れない。伊賀崎の存在は視聴者側の癒やしになった。

 刑事を束ねる捜査1係長・北条保牧役の平山祐介(50)はいつもながらの安定感を見せ、牧高美和刑事役の西野七瀬(27)、そのペア刑事・鈴木敦役の渕野右登(26)もきっちりと演じている。

 鬼副所長・吉野正義役の千原せいじ(51)も本職の役者も顔負けの演技。さすがはNHK連続テレビ小説「おひさま」(2011年度前期)やテレビ朝日の倉本聰(86)作品「やすらぎの刻〜道」(2019年)に請われて出た人である。

 適材適所。半面、これだけしかレギュラー出演陣と呼べる役者が見当たらない。白バイ隊員・宮原三郎役の駿河太郎(43)らはイレギュラーである。ドラマの公式ホームページの相関図に載っている出演陣も9人だけ。15人載っている「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」(TBS)より大幅に少ない。

ローコスト作のモデルに

 背景には制作費の違いがあるのだろう。「MER」を放送していた「日曜劇場」は連ドラの中で制作費が最も高く、その額は推定4000万円以上。一方、「ハコヅメ」の放送枠は推定3000万円台。この差は大きい。

 だが、ローコストの少人数体制でヒットを掴み取ったのだから、その点でも「ハコヅメ」は讃えられて然りだろう。CM収入減から民放各局が制作費を削減し、2000万円台でつくる連ドラもある中、ロールモデルになる作品かも知れない。

「ハコヅメ」は日テレの水曜午後10時台の連ドラで1年近く続いた負の連鎖も断ち切った。この枠は「私たちはどうかしている」(昨年8月〜9月)、「#リモラブ〜普通の恋は邪道〜」(昨年10月期)、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(今年1月期)、「恋はDeepに」(今年4月期)を放送してきたものの、視聴率面での苦戦が続き、これらの作品は初回を除き平均世帯視聴率が2桁に達しなかった。世帯視聴率と連動する個人全体視聴率も低調だった。

 これらの連ドラには共通点がある。恋愛がテーマになっていたことだ。「ハコヅメ」は第5話で川合が恋に憧れたくらいで恋愛は描かれていない。脱・恋愛も勝因なのか。

 この放送枠の10月からの次回作は杉咲花(23)が主演する「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」。弱視の盲学校生(杉咲)とヤンキー少年(杉野遥亮、25)の恋がコミカルに描かれる。

「ハコヅメ」が弾みとなり、恋愛をテーマにすると苦戦するというジンクスを破れるか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月15日 掲載