現在放送中のNHKの朝ドラ『おかえりモネ』は、ヒロインが気象予報士として成長していく様を描いている。劇中にも実際の気象予報士が登場し、話題になった。そこで今回は“今、注目してほしい”5人の女性気象予報士をご紹介しようと思う。

 まず1人目はウェザーマップに所属する片山美紀だ。現在はNHK総合の『首都圏ネットワーク』(祝日を除く毎週月〜金・18:10〜)と『気象情報1154』(土・日・祝の11:54〜)、『気象情報1853』(土・日・祝の18:53〜)を担当している。

 1991年生まれの30歳で大阪府出身。13年に早稲田大学文化構想学部を卒業後、NHK富山放送局で契約キャスターとして入局した。同局では夕方のローカルニュース番組『ニュース富山人』などに出演。企画の取材や構成、編集なども手掛けていたという。

気象予報士試験に合格したのは15年3月のこと。志望の動機は報道の現場で働くうちに、災害の多い日本での天気予報の大切さを痛感。災害から人の命を守ることに貢献したいと思ったことだった。

15年4月にNHK和歌山放送局に移籍し、情報番組『あすのWA!』や『ぐるっと関西おひるまえ』(NHK大阪)などの番組で活躍。16年3月末で気象予報士としての活動に専念するため、NHK和歌山放送局を退局し、ウェザーマップに所属する。17年10月からはテレビ静岡の番組に出演するようになる。『てっぺん!』『ただいま!テレビ』『プライムニュースしずおか』などで気象情報を伝えていた。

 そして20年3月末からNHK専属となり、『首都圏ネットワーク』と『気象情報』を担当することとなった。

 実は大学時代に1度気象予報士試験を受け、実技試験で落ちた過去がある。富山放送局時代に再び気象予報士を目指すことになり、学生時代に通っていた養成学校で再受講するため、半年間、富山から東京まで2時間ほどの授業のためにわざわざ通ったという。ガッツと信念の人なのである。いつも凛とした佇まいが実に印象的でカッコいい。

津軽弁で気象解説

 2人目はセント・フォースに所属する奈良岡希実子だ。16年4月から『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ制作・毎週13:55〜)の木曜日の気象コーナーを担当しているのでお馴染みの方も多いのでは。

 青森県青森市出身で85年生まれの36歳。東京女子大学文理学部を卒業した09年に気象予報士資格を取得し、日本気象協会に所属することに。お天気キャスターとしてのデビューは翌10年。宮城県仙台市にある東日本放送の気象キャスターを務め、午前の情報番組『突撃!ナマイキTV』と夕方の『スーパーJチャンネルみやぎ』のお天気情報を4年間担当した。

 その後、14年4月から15年3月中旬までNHK総合、15年9月末から16年3月末までテレビ東京の番組でお天気キャスターを務めると、16年4月からは現在のセント・フォースに所属。『ミヤネ屋』への出演を果たす。現在は緊急事態宣言発令中のため出演を見合わせているが、見どころとして番組MC・宮根誠司の無茶振りや突っ込みに対して絶妙な掛け合いを披露している点を挙げたい。14年7月から地元の青森市観光大使を務めていることもあり、たまに津軽弁で気象解説をするなど、郷土愛が感じられるところは好感度大だ。

もともとSNS上では身長152センチと小柄で可愛らしく、アイドルのようなキュートなルックスが話題になっていたが、素朴な雰囲気が漂う点も見逃せない。『ミヤネ屋』以外では日曜版の『Nスタ』(TBS系・17:30〜)のお天気キャスターも務めているので、ぜひチェックして欲しい。

クリオネクリエーターとしても活動

 3人目はウェザーマップ所属の國本未華である。東京都出身で87年生まれの34歳。番組出演時にはその清楚系で可愛いルックスがたびたび話題になっている。それもそのはず。早稲田大学在学中の07年の早稲田祭でミス・キャンパスにあたる“早稲田コレクション”の代表に選ばれた美貌の持ち主なのだ。さらに大学3年時の09年春には、合格率5%とされる気象予報士試験にも合格。また同時期に健康気象アドバイザーの資格も取得と、まさに“才色兼備”なのである。

 気象予報士の資格取得をとると、学生のままウェザーマップに所属し、気象予報士として活動をはじめた。11年6月までスカパー!のお天気専門チャンネルの番組でキャスターを務めていた。大学卒業後も気象キャスターとしてテレビ東京やTBS、日本テレビの番組に出演。18年4月から2年間は土・日・祝の『NHKニュース7』(NHK総合・19:00〜)の気象キャスターを担当している。スカパー!から地上波のメジャー番組へと着実にステップアップしていったわけだ。

 現在は水〜金の『Nスタ』(TBS系・15:49〜)で気象情報を伝えているが、観ているだけでとにかく“癒される”存在だ。衣装を後ろ前逆に着てしまったなど、少々おっちょこちょいの一面が伺えるからだろう。クリオネが好きすぎるあまり、飼うだけでなく、クリオネクリエーターとして創作活動している点もほっこりするエピソードである。

クイズでも活躍

 4人目もウェザーマップ所属の千種ゆり子だ。埼玉県出身、88年生まれの33歳である。一橋大学法学部卒業後、一度は大手インフラ企業に就職するも、幼少期に阪神淡路大震災で被災したこと、また東日本大震災をきっかけに、転身を決意したそうだ。13年10月に気象予報士資格を取得すると、会社を退職しウェザーマップに所属。14年3月末からNHK青森放送局の気象キャスターになり、夕方のニュース情報番組『あっぷるワイド』やNHK青森ラジオ第1『あっぷるラジオ』に出演することとなる。すると地方局ながら、その美形のルックスがたちまちSNS上で話題となった。

 16年4月1日をもってNHK青森放送局を離れると、17年1月から土曜版の『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系・17:30〜)を担当し、全国デビューを飾った。現在は隔週出演だが、20年10月からは同番組の日曜版にも出演している。その透き通るような声は耳心地がとても良く、強く印象に残るのが特徴だ。

 外見は気品に溢れていて、インテリジェンスを感じさせる。まさに一橋大出身の“才媛”といった感だが、実はクイズ番組への出演歴も多数ある。なかでも『Qさま!!』(テレビ朝日系)では初参戦ながら、強敵ぞろいの中で見事、決勝ラウンドに進出。最終的な成績は第5位と大健闘したのだった。

“文武”の文だけでなく武も兼ね備えているのも特徴だろう。大学時代より10年以上も空手(松濤館流三段保持)をやっており、母校・一橋大の空手道部のコーチも務めている。出身地である埼玉県富士見市のPR大使もこなすなど、活動の場を多方面に広げている。今後、ますますの活躍が期待出来そうだ。

踊るお天気お姉さん

 5人目はウェザーニューズ所属の眞家泉である。今年の春から『報道ステーション』(テレ朝系・毎週月〜金21:54〜)の気象情報を担当しているので、お馴染みの方も多いのでは。夜の番組らしくゆったりとした語り口が魅力的な彼女は、東京都出身で90年生まれの31歳。成蹊大学経済学部在学中の12年冬に“ウェザーニュースキャスターオーディション”に2位で合格すると、同社が放送している365日24時間生放送の気象情報専門番組『SOLiVE24』のお天気キャスターとして13年1月にデビューを果たした。

 気象予報士資格の取得は17年10月。『SOLiVE24』は18年4月に『ウェザーニュースLiVE』としてリニューアルされたが、引き続き出演し、3時間ぶっ通しで担当したこともある“強者(つわもの)”である。

 また、大学時代の11年にアメリカで開催されたダンスの世界大会で第2位になった実績を持ち、16年秋からはニコニコ動画の『踊ってみた』に踊り手として参入。“踊るお天気お姉さん”として注目を浴びてもいるのである。番組に登場してまだ半年ながら、抜群の存在感と圧倒的なオーラを放つ。今後の活躍から目が離せない。

 他にもまだまだ紹介したいが、まずはこの5人に注目してほしい。

上杉純也

デイリー新潮取材班編集

2021年9月25日 掲載