10月29日の最終回まで1ヵ月余となったNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月〜土曜午前8時)。ヒロインのモネこと永浦百音役の清原果耶(19)が好演する一方、一気に名を高めたのは妹のミーちゃんこと未知役の蒔田彩珠(19)に違いない。助演者が後にヒロインに起用される最近の朝ドラの傾向を考えると、次はヒロイン役で凱旋するのではないか。

 ***

 ここ5年の朝ドラを見てみると、助演で評価を得た女優がヒロインで凱旋するケースが目立つ。制作側としてはその女優の力量を把握しているから、起用しやすいのだろう。

 NHKに限らず、ドラマのプロデューサーは主演級には過去に仕事をした役者を使うことが多い。力量も人柄も分かっていて安心できるからだ。

 以下、朝ドラの助演者がヒロインに昇格した例である(過去5年間)。

■「まれ」(2015年度前期)土屋太鳳(26)=「おひさま」(2011年度前期)、「花子とアン」(2014年度前期)に出演
■「とと姉ちゃん」(2016年度前期)高畑充希(29)=「ごちそうさん」(2013年度後期)に出演
■「べっぴんさん」(2016年度後期)芳根京子(24)=「花子とアン」(2014年度前期)に出演
■「ひよっこ」(2017年度前期)有村架純(28)=「あまちゃん」(2013年度後前期)に出演
■「まんぷく」(2018年度後期)安藤サクラ(35)=「おひさま」(2011年度前期)に出演
■「スカーレット」(2019年度後期)戸田恵梨香(33)=「オードリー」(2000年度後期)に出演
■「おちょやん」(2020年度後期)杉咲花(23)=「とと姉ちゃん」(2016年度前期)
■「おかえりモネ」(2021年度前期)清原果耶(19)=「あさが来た」(2015年後期)、「なつぞら」(2019年度前期)

 蒔田も「おかえりモネ」のミーちゃん役が高い評価を得ていることから、ヒロインの有力候補の仲間入りを果たしたと見ていいのではないか。蒔田は「とと姉ちゃん」にも高畑充希の姪役で出ていた。朝ドラ経験は十分なのだ。

モネと和解

 9月23日放送の第94話で蒔田はモネと和解するミーちゃんを演じた。この姉妹は仲が悪いわけではないものの、東日本大震災以来、関係にうっすらと亀裂が生じていた。

 モネは震災の直接的被害を免れたのに対し、ミーちゃんは津波を見た上、その後も苦難の1週間を過ごしたからだ。

「また普通に戻れるよ」(第20話のモネ)
「戻れるとか、よく簡単に言えるね。お姉ちゃん、津波見てないもんね」(同・ミーちゃん)

 そう言われるのが辛いこともあってモネは島を出た。だが、それから8年半が過ぎ、島に戻って気象予報士として役に立とうと決意する。

 島を離れてからは5年半が経っていた2019年9月、モネは帰郷の意志をミーちゃんに伝えた。

「私、戻ってきてもいいかな」(第94話のモネ)
「こっちって、気仙沼? 島に帰ってくんの。だって仕事どうすんの」(同・ミーちゃん)

 率直に胸の内を吐露したモネに対し、戸惑いながら応じたミーちゃん。なぜ、戸惑ったのかというと、モネが島を出て行ったのは自分が責めたせいでもあると分かっているからだ。

 一方、モネがミーちゃんにわざわざ帰郷の承諾を得ようとしたのは自分が島から逃げたと思っていたため。姉妹はお互いに自分に非があると感じていた。

演技が光った蒔田

 制作サイドによると、「モネ」の最大のテーマはこの姉妹の関係に内包されているという。被災した人とそうでない人が通じ合えるのかどうかということである。

 最大のテーマが内包されているとあって、第94話の2人によるセリフ劇は約7分も続いた。異例の長回しだ。

「もう一度、やり直させてほしい」(同・モネ)
「いいよ、戻ってきなよ、なに言ってんの。2人で島ごと、気仙沼ごと、盛り上げようよ」(同・ミーちゃん)

 姉妹は和解した。通じ合えた。

 24歳のモネを演じている清原と22歳のミーちゃんに扮している蒔田はともに実際には19歳。だが、演技が老成しているので、不自然さは全くなかった。口調、表情、間の取り方から首の角度まで、文句のつけようがなかった。

 7歳で子役デビューした蒔田はTBS「重版出来!」(2016年)で売れない漫画家の娘の中学生を演じたり、NHKの時代劇「みをつくし料理帖」(2017年)で料理屋の下足番の少女に扮したり、順調に活躍を続けた。

 清原の高評価が決定付けられたNHK「透明なゆりかご」(2018年)にも出ていた。自分の生んだ赤ん坊を捨ててしまう女子高生役だった。

 蒔田は役の幅が広い。ピュアな女性から陰のある女性、悪女まで演じ分ける。「モネ」でも怖ろしい顔を見せたことがある。第76話でモネと恋人の医師・菅波光太朗(坂口健太郎、30)の仲を壊そうとした時だ。

 ミーちゃんは自分が好きな漁師の及川亮(永瀬廉、22)がモネに惹かれていることに激しく嫉妬した。なので、菅波に対し、モネと亮がただならぬ関係にあるとウソをついた。

「あの2人は昔から通じ合ってるんです」(第76話のミーちゃん)

 ミーちゃんは完全に自分を見失っていた。表情から語り口まで普段の優等生的な姿とはまるで違ってしまい、醜いほどだった。蒔田の演技が光った。

「朝が来る」での高評価

 蒔田の女優としての高評価が決定的になったのは準主演した映画「朝が来る」(2020年)での好演である。メガホンを執ったのは河瀨直美監督(52)。2007年に「殯の森」でカンヌ国際映画祭のグランプリを獲り、先の東京オリンピックの公式記録映画を撮った人だ。世界的名匠の河瀬監督の指名を受けたこと自体、逸材ぶりを表していた。

 この映画の序盤でスクリーンに登場した時の蒔田は汚れなき14歳の中学生。溌剌としていた。同級生のバスケット部員と付き合い始めたが、親しくなるうちに性行為に及び、出産したことから、歯車が狂い始める。

 母親は娘の気持ちをろくに考えず、出産をなかったことにしようとする。頭の中にあるのは世間体だけ。赤ん坊は不妊に悩む夫婦(永作博美、井浦新)の養子になった。だが、子供を授かったのをなかったことに出来るはずがない。心に深い傷を負った少女は家を出る。

 その後、少女は新聞販売店に勤めた。孤独に苦しんでいたが、同僚の女性と親友になり、出産のことも打ち明ける。だが、親友だったはずの女性は「バイバイ」と書き残し、消えてしまった。身におぼえのない闇金の借金だけ押し付けられた…。

 蒔田はピュアな14歳の少女が世の中に絶望する20歳までを演じた。年齢も人格も変わるので難役だったが、まるでドキュメンタリーのようにリアルだった。

 この演技で蒔田は映画賞を総ナメにした。日本アカデミー賞新人俳優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞、毎日映画コンクール女優助演賞、報知映画賞助演女優賞、ヨコハマ映画祭助演女優賞…。その演技力は映画界、ドラマ界の誰もが認めるだろう。

 過去にヒロインを出していない芸能プロダクションに所属している場合、NHKがケア面を不安視し、躊躇するという側面があるようだが、蒔田が所属するのは名優を多数抱えるユマニテ。所属する安藤サクラ(35)が「まんぷく」でヒロインを務めているから心配無用だ。

 蒔田のヒロインが実現する可能性は高そう。間違いないのは蒔田が今後の映画界、ドラマ界を背負う中心人物の1人になるということだ。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月27日 掲載