そろそろ夏ドラマの総括でもお願いしようと、辛口コラムニストの林操氏に連絡したところ……送られてきた原稿は総括ではなく、現在放送中の「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合)に関するものだった。

 ***

 TVの世界では7〜8月期来が終わり、10〜12月期が始まります。夏ドラマの総括と秋ドラマの展望を非国民生活センター・TV主席研究員の林操さんにお願いします。

林:断る!

アナ:また、そんな。ホメるにせよケナすにせよ、語るに足るほどの作品がないとかいうお話なら、もう聞き飽きました。プロなんですから、ちゃんとお仕事してください。

林:いやいや、振り返ったり先読みしたりしなくても、語るに足るドラマが、今ここにあるのよ。

アナ:失礼しました。何ですか、その作品は?

林:「オリバーな犬」!

アナ:おお、「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」ですね、NHK「ドラマ10」枠(金曜・夜10時〜)の。オダギリジョーさんが出演はもちろん、脚本、演出、それに編集まで手掛けるというので、ちょっと話題になっていました。

林:その出演っていうのがまた、着ぐるみの警察犬役だしね。

アナ:あ。林さん、「オリバーな犬」のことを「語るに足るドラマ」とは呼びましたが、ホメるともケナすとも言っていませんでしたね。どっち……なんですか?

林:どっち……なんだろね?

アナ:え?

手数の多いドラマ

林:いやもうとにかく「オリバーな犬」、持ち上げるにしても落とすにしても、語れることが山ほどありすぎて、まずどこから手を付けていいのか、まずそこからわからない状態。軍事用語で「飽和攻撃」ってのがあるけれど、それを受けるとこんな感じなのかねと思ったり、あるいは、死の秘孔を突いてくる手と性感マッサージしてくれる手が500本ずつ生えてる千手観音に抱きつかれて身体じゅう触りまくられてるみたいだなと思ったり。

アナ:なんだかよくわかりませんが、私も第2話まで見て、これは毀誉褒貶の分かれる作品だなぁと感じました。

林:ついでに、手数の多い作品だなぁ、と思わなかった?

アナ:ええ、確かに。

林:初回を見ながらと見た後に取ったメモがえらく長くなったので、メモアプリの文字数を見てみてたら4687字。メモが長くなりがちな連ドラ初回でも1時間モノ(正味45分程度))1話でこんなに書くことのあったドラマ、他にちょっと思い出せません。

アナ:でも、そういう作品ですよね。いろいろ詰まっていて。

林:2話を見てのメモもまた長くて3608字。おっと思ったところを全部紹介していくと単行本1冊になっちゃうので、今日は“メモのメモ”を作ってきました。ほら。

「テッド」と「ブルーベルベット」のオマージュか

アナ:ありがとうございます。ええっと……

▼警察犬のハンドラーである主人公には、担当するジャーマン・シェパードのオリバーが着ぐるみを着た小うるさくてエロいおっさんにしか見えない……という設定は、かわいいテディベアのぬいぐるみが悪口雑言猥語の限りを尽くす映画「テッド」(2012年)のパロディか

▼そのオリバーが第1回でココ掘れワンワン的に見つけ出した拳銃入りの缶の中に、切り取られたヒトの耳も入っていた……のは、やっぱり話の冒頭でヒトの耳が発見される映画「ブルーベルベット」(1986年)へのオマージュ?

 ……と、このあたりは「元ネタ篇」ですが、うわ、他にもあれこれありますね!

林:そうなのよ、ワタシもヘミングウェイからパクらせてもらうなら「何を見ても何かを思い出す」具合。

アナ:なるほど。

多くて濃いキャスティング

林:元ネタ探しはキリがないから町山智浩あたりに任せるとして、次、「キャスティング篇」のメモも読んでみて。

アナ:はい。

▼主演が池松、オリバーがオダギリ、県警鑑識課警察犬係の上司・先輩・後輩が、國村隼、麻生久美子、本田翼、岡山天音。彼らがたむろす「犬カフェ」のマスターが嶋田久作。麻生の同期の組対のヤクザ刑事が野性爆弾のくっきー!

▼ストーリーの中軸になっている(はずの)少女失踪を11年間追い続けている元鑑識課員のフリーの記者が永瀬正敏、その同業者が渋川清彦、少女の11年後の死体を発見した「スーパーボランティア」が佐藤浩市

▼事件に関わってそうなヤクザの若頭が松重豊、その舎弟が村上淳、このヤクザと対立している半グレたちのリーダーが永山瑛太。どうやらヤクザたちと通じているらしい謎の紳士が橋爪功でその運転手が甲本雅裕。地元のアングラ情報に通じているホームレスが柄本明

 ……放送を見ていたときも思いましたが、ものすごく豪華なキャスティングですよね。全3話の連ドラなのに、1年間も続く大河ドラマのような顔ぶれが詰まってます。

林:そうそう、多くて濃いのよ。今夜は中華とだけ予告されてた普段のウチの夕飯がなぜか満漢全席で、「メインは腹に羊を詰めた駱駝の丸焼きでございます」みたいな異常事態。カメオ的にちょっと顔見せる程度の出演者からして香椎由宇(オダギリ夫人)に鈴木慶一、細野晴臣、箭内道彦、火野正平、竹内都子、我修院達也、葛山信吾、坂井真紀、その他いろいろで、第3話でも新顔がさらに出てくるはずだからね。

ドラマではなく映画の作り

アナ:これまた「何を見ても何かを思い出す」ですね。出演者の多いドラマなのに登場人物の中に見知らぬ顔の方が少ないので、私も驚きました。文字どおりのオールスターキャストです。

林:それも、ドラマの世界のオールスターキャストというより映画の世界のオールスターキャスト。

アナ:本当にそうですね。今の日本映画の常連のような皆さんが集まっています。

林:ここに吉永小百合と西田敏行と中井貴一が加われば日本アカデミー賞受賞式になっちゃうけれど、そのあたりが入っていない範囲での、大作系・TV局系じゃない意識タカイタカイ系日本映画のオールスターキャストだね。

アナ:実際、オダギリさんの長篇映画監督デビュー作だった「ある船頭の話」(2019年)は、ベネチア国際映画祭やハワイ国際映画祭、ケララ国際映画祭、高崎映画祭に出品されて賞も獲得しています。敢えてジャンルでくくればアート系、あるいは単館上映系になりますかね。

林:今回の「オリバーな犬」も、作りはTVドラマというより映画なんだよね。脚本、演出、それに編集、つまりはオダギリジョーの仕事っぷり全部が、意識タカイタカイ系映画のそれ。

「オリバーな犬」の作り方

アナ:ええ、確かに。林さんのメモは「脚本篇」「演出篇」「編集篇」……と続いていますが、これも読みますか?

林:いや、キリがないからもういいけれど、簡単に言わせてもらえれば、一本道をまっすぐ進むのとは正反対で小道に分け入ることに熱心な脚本、それと呼応してストーリーを追うだけの芝居や画は許さない演出、画面の分割やボカシを多用して“ひっかかり”を仕掛けまくった編集……というのが、「オリバーな犬」の作り方。

アナ:よく林さんが「親切すぎて薄っぺら」「わかりやすすぎて平板」「消化だけよすぎて美味しくはない」などと批判する最近の日本のドラマとは対極にある作り方ですね。

林:「オリバーな犬」も、ゴールデン帯(夜7〜10時)、プライム帯(7〜11時)あたりのTVドラマとかブロックバスター系の映画くらいしか見ていない視聴者は見てて疲れるんじゃないのと心配にはなるけれど、ちょっと凝った映像作品を見慣れてる視聴者は気持ちよくくすぐられるだろうね。純文学の小説家が書いたミステリーみたいな贅沢さがあるわけだから。

アナ:本当にそういう印象です。……あれ、ということは林さん、なんだかんだ言っても「オリバーな犬」、お気に入りなんですね?

NHKだけどお勧め

林:バレちゃあしょうがねぇなぁ。ツンデレは趣味じゃないからストレートに言うと──読者の皆さん、10月1日(金)夜10時よりNHK総合で「オリバーな犬」、第3話にして最終話が放送されますので、ぜひ見てください! 第2話はNHKプラスの見逃し配信回で無料で見られます!

アナ:いつもは犬HKとか国営放送とかが口癖の林さんとは思えない、えらい推しようですね。「プレマップ」とか「オシばん」かと、ああいうNHKの番宣番組かと思いました。

林:いや、NHKなんか……と毛嫌いしてて、一切見られなくてもいいから受信料払いたくないのに、嫌々払わされてる人にこそ見てほしい。たまには元を取りましょうや。「オリバーな犬」を最初の10分だけ見て、「あ〜こりゃ駄目だな」と思う人は、受信料の支払い拒否方面に走るもよし、逆に最初の10分で引き込まれた人は、こういうドラマをもっと流せとSNSで騒ぐもよし、NHKに直接ご意見ブチ込むもよし。一度見てみる価値はあります、「オリバーな犬」。

映画化も?

アナ:あいにく、第1話はもう見られませんね。(註:NHKオンデマンドは視聴可能だが、有料)

林:まぁ、2話から見ても頭に初回のダイジェストがあるし、物語を追いかけて楽しむというより世界観に浸って楽しむタイプの作品だから、正直、第3話だけ見ても、幸せになれる人はなれると思います。

アナ:話題になって人気が盛り上がれば、翌週以外にも再放送の可能性が高まりますしね。

林:そうそう。ただ、「オリバーな犬」は放送後に劇場版が公開されるんじゃないのという疑いも、ちょっと持ってます。45分枠が3話ということは、前回までのあらすじ紹介とかオープニングとエンディングタイトルの重複とかをカットした上で合体させりゃ2時間弱で、映画としてちょうどいい尺になるし、そもそも中身も枠組みもハナっから映画っぽい作品だし。

アナ:なるほど。でも、林さんはなんだか、映画版には太鼓判を捺したくなさそうな雰囲気ですね。

林:“放送血税”つかって勝手に映画つくり、それで鑑賞料まで取ろうとかコケでも責任とりませんとか、そういうアコギな商売を最近またNHKがやってるのが気に入らないのよ。「スパイの妻」(ドラマ版・劇場版とも2020年)とかさ。ハリウッドでSF駄大作をデッチあげて大笑い&大叩きされた「クライシス2050」(1980年)の関係者はみんなもう定年退職しちゃったか。

受信料は放送に使え

アナ:民放ではドラマの映画版で収益を狙うことがあたりまえになっていますが……。

林:民放は、電波使用料が安すぎるという問題はあるにせよ、いちおう民間企業だから自分でリスク取ってリターンを求めるのは原則自由。一方、NHKは放送法にもとづく公共機関でその名も日本放送協会なんだから、取り立てたカネは放送に使えよ放送に……という話です。

アナ:「オリバーな犬」評、最初はいい流れだったのに、途中で暗転してしまいました。

林:いや、失礼。劇場版ができたりすると嫌だなというのは、あくまで仮の話だし、実際、公開されたりしたら見に行っちゃうんだけどね。この作品、20年前ならドラマでも映画でもフジが手掛けたろうし、今ならまずNetflixとかHulu、Amazonあたりが配信しそうな出来で、それをなぜだかNHKが放送したところに、ちょっと引っかかってます。

アナ:制作も、NHKエンタープライズとメディアミックス・ジャパン(MMJ)で、このMMJはテレビ朝日傘下の制作会社ですよね。

オダギリ一座に期待

林:そうそう。わりと面白い組み合わせではあるのよ。コロナ不況で民放の連ドラが七転八倒しているなか、“放送公共事業”がドラマに力を入れているのは、制作の現場にはありがたい話だし、視聴者にとっても悪い話ばかりじゃないし、ただ、民放からすれば民業圧迫だろという話もあるしで、まぁいろいろですが。

アナ:林さんにしては“大人な”見方なので驚いています。

林:ホメられてる気が一切しないけれど、ま、「オリバーな犬」の場合、作品の好き嫌いとNHKの好き嫌いは別の話。オダギリジョーにはこの後も引き続き、こういう作品を作り続けてほしいと、切に願うね。

アナ:おお、そこまで!

林:実際、オダギリはすでに自分の一座みたいな座組みを「オリバーな犬」で固め始めているようで、柄本明、橋爪功、永瀬正敏、細野晴臣、川島鈴遥あたりの役者は「ある船頭の話」にも出てます。監督が脚本、編集まで自分でやる一座だから、あとは撮影と音楽、それにプロデューサーが固まってくれば、オダギリ組あるいはオダギリジョー大一座として、映画なりドラマなりの作品を定期的に生み出せるんじゃないかと。

アナ:アメリカだとウディ・アレンがやってきたようなスタイルですね。

林:そうそう。ここからは勝手な妄想だけれど……奥さんの香椎由宇とW主演で大人のラブストーリー、ただしフツーじゃないヤツとかも作ってくれないかなぁ。毎年1本、不思議でおかしい映画を撮って、毎年カンヌ映画祭に招待されるというのは、#MeTooスキャンダルに脚を取られる前のウディ・アレンの仕事のスタイルだったけれど、そんな映像作家が日本から出るとしたら、オダギリジョーかもね。贅沢は言いません、“2年に1本、そのたびに高崎映画祭に”でもいいから。【了】

林操(はやし・みさお)
コラムニスト。1999〜2009年に「新潮45」で、2000年から「週刊新潮」で、テレビ評「見ずにすませるワイドショー」を連載。テレビの凋落や芸能界の実態についての認知度上昇により使命は果たしたとしてセミリタイア中。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月1日 掲載