女性ピン芸人のヒコロヒー(31)が人気だ。8月には初のエッセイ集『きれはし』(ele-king books)も上梓した。インタビューでは好きな作家として開高健(1930〜1989)を挙げるなど、引き出しの多さも注目を集めている。

 ***

 同書に関するAmazonのレビューで支持を集めているものに、《彼女の予想以上の感受性の高さに驚きました。(テレビではやさぐれ女芸人という印象が強かったので、、)》というものがある。

「やさぐれ」のキーワードは後で詳しく触れるとして、まずはヒコロヒーに仕事が殺到している現状を見ておこう。

 知名度を上げた理由の1つに、人気バラエティ「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系列・火・23:59)への出演が挙げられるだろう。ヒコロヒーは“レギュラーガヤ芸人”の1人に抜擢されている。

 特にテレビ業界人の話題を集めたのは、4月からスタートした「キョコロヒー」(テレビ朝日系列・木・0:15)だ。

 ヒコロヒーと「日向坂46」の齊藤京子(24)の冠番組。一応はダンスの魅力を掘り下げていく番組ということになっている。

 だが、番組のファンはダンスのことなどどうでもいいようだ。2人の“ミスマッチ”に魅力を感じているという。“やさぐれ芸人”とアイドルのトークは微妙に噛み合わない。そこが面白いと評判になっているのだ。

「THE突破ファイル」(日本テレビ系列・木・19:00)の再現VTRで彼女の演技を見た人も多いはずだが、バラエティ番組だけでなくドラマ出演も増えている。

大物プロデューサーも太鼓判

 テレビ局もヒコロヒーの演技を評価しているのか、今年に入って何と2本の連ドラに出演した。

 まず4月から6月にかけて放送された「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系列・土・0:12)ではラジオ番組の音響スタッフを演じた。

 更に7月から9月にかけて放送された「#家族募集します」(TBS系列・金・22:00)にも出演。主演はジャニーズWESTの重岡大毅(29)で、ヒコロヒーは主婦役だった。

 バラエティ番組のスタッフは「ちょうど1年くらい前から注目度が一気に跳ね上がりました。まさに今が旬の女性芸人です」と言う。

「芸歴10年のピン芸人。『ゴッドタン』(テレビ東京系列・日・1:45)、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系列・火・23:15)、『アメトーーク!』(同・木・23:15)の3本でウケたことが、ブレイクした原因だと思います」

 これら3番組は、いずれも名物プロデューサーの存在で知られる。「ゴットタン」は佐久間宣行プロデューサー(45)。「ロンドンハーツ」と「アメトーーク!」は加地倫三プロデューサー(52)だ。

落研だった大学時代

「ヒコロヒーさんの鉄板トークに、女性芸人の生きづらさをネタにしたものがあります。『楽屋でセクハラされた』とか『男性芸人より女性芸人は雑に扱われる』といった内容です。取っかかりには愚痴の要素もあるのですが、それがオチに向かっていく途中で指摘が厳しくなっていきます。最後には文字通りの毒舌で、男性芸人を切って捨てて終わりです。女性芸人が男性芸人に対して対等な立場でモノを申すのが新鮮で、その辺りが人気の理由でしょう」(同・スタッフ)

 テレビ業界には「佐久間・加地の両プロデューサーが評価した芸人は売れる」という定説があるのだという。他番組からの出演依頼が相次ぎ、ヒコロヒーの人気が上昇気流に乗ったというわけだ。

 ヒコロヒーは1989年10月、愛媛県に生まれた。もともと芸人を目指していたわけではなく、高校3年生になると就職活動を始め、ガソリンスタンドの社員として内定を得ていたという。

 ところが、親に大学受験を懇願され、近畿大学文芸学部芸術学科だけを受験して合格。お笑いは大好きだったので、大学では落語研究会に所属していた。それでもプロになるつもりは全くなかったとインタビューでは答えている。

「借金芸人」人気

 大学2年生の大学祭でコントを披露すると、彼女に才能を感じ取った芸能事務所・松竹芸能のマネージャーがスカウト。そのまま特待生で同社の養成所に入った。大阪で地道にコントを披露するうちに学業との両立が不可能になり、近大は中退している。

 経歴だけを見ると、お笑いの“エリートコース”を順調に歩んできた印象だ。しかし、ヒコロヒーが注目を集めたのは“やさぐれ芸人”としてだった。

「愚痴や毒舌も、ご本人が真面目なタイプだと洒落になりません。ヒコロヒーさんが芸人仲間を厳しく糾弾しても笑えるのは、借金を抱えていたり遅刻魔だったりと、“クズ芸人”のキャラクターも持っているからです」(同・スタッフ)

 近年、男女を問わず“クズ芸人”が人気だ。例えば、ピン芸人の岡野陽一(39)は、パチンコや競馬などに血道を上げ、1000万円を超える借金を背負っている。

 借りる相手が全部友人というのは、トーク番組における岡野の鉄板ネタだ。「必ず返す、嘘をつかない、債権者様への感謝を忘れない」という“借金三原則”に笑った視聴者も多いだろう。

“やさぐれ女性芸人”の最新系

「ヒコロヒーさんも『ヒコロヒーの金借りチャンネル』というYouTubeチャンネルを開設、芸人や消費者金融から金を借りていることを赤裸々に伝えていました。ちょっとヤンキーっぽいルックスに見えることもあり、それがリアリティを生んでいるのだと思います。ちなみに彼女のキャッチフレーズは『国民的地元のツレ』。地方都市におけるヤンキーチックな女友達というイメージです」(同・スタッフ)

 気がつくと、女性の“クズ芸人”、“やさぐれ芸人”も存在感を増している。お笑いコンビ「納言」の薄幸(28)のブレイクも記憶に新しい。くわえタバコにチューハイの缶を持ちながら毒舌を吐く姿が人気を呼んだ。

「そもそも80年代、『ハイヒール』のモモコさん(57)がヤンキー女子的なイメージで注目を集めました。それが発展して“やさぐれ女性芸人”というジャンルが生まれました。酒やタバコを愛し、本音で生きるという姿勢を、視聴者が喜んだのです。代表は椿鬼奴さん(49)や、まちゃまちゃさん(45)、『尼神インター』の渚さん(37)といった面々です。一時期は大久保佳代子さん(50)も、そんな立ち位置でした」(同・スタッフ)

 今や“やさぐれ女性芸人”の若手ナンバーワンがヒコロヒーというわけだ。彼女の登場で、ただでさえ激しかった競争が更に激化するという。特に同性である女性芸人は食われてしまうリスクが高いようだ。

フワちゃんも戦々恐々!?

「『尼神インター』の渚さんや『納言』の薄幸さんはキャラが被ります。ヒコロヒーさんと薄さんはYouTubeで共演して話題になりました。とはいえ、少なくとも地上波のバラエティ番組では『どちらか1人』というキャスティングになる可能性があります。更に“毒舌芸人”も安閑とはしていられないでしょう。『ぼる塾』のあんりさん(26)は『強力なライバルが出現した』と思っているはずです。芸風は全く違いますが、最近はぱっとしないフワちゃん(27)がヒコロヒーさんに食われても不思議ではありません」(同・スタッフ)

“クズ芸人”でも毒舌で芸人仲間を批評する――。この意外性がヒコロヒーの人気の秘密だとすれば、エッセイ集の上梓も同じベクトルだと言えるかもしれない。

 何しろ“やさぐれ女性芸人”だったはずなのに、実は読書家で開高健のファンだと明らかになったのだ。多くの読者が意外だと受け止めたのは間違いない。

 本に関するインタビュー記事なども増えてきている。彼女の新しい引き出しになるのは確実だろう。更に演技の仕事も広がっていきそうだ。

「演技もヒコロヒーさんが芸能界を生き残るための有力な武器になりそうです。出演した2本の連ドラはいずれも自然体で、あまり演技をしないアプローチが功を奏しました。女優として器用なところがありそうです。役柄と素が近いなど、ドラマのスタッフも育てようと色々配慮しているはずです。今後も出演依頼は増えるのではないでしょうか」(同・スタッフ)

デイリー新潮取材班

2021年10月19日 掲載