先月24日、元「バイトAKB」のメンバーでラーメン店「麺匠八雲」(東京都葛飾区)、「中華蕎麦 沙羅善」(神奈川県鎌倉市)などを経営する梅澤愛優香さん(24)が、セクハラなどを理由にラーメン評論家の入店を禁止することをTwitterで表明した。それに対し、フードジャーナリストのはんつ遠藤氏(54)が28日にブログで〈それ、僕です!〉と名乗り出た。さらに、セクハラなどについて反論を行ったが、その独特な文体もあいまって大きな騒動に発展したのだった。著名なラーメン評論家に今回のトラブルについて聞いた。

他のラーメン評論家への影響も

 事の発端は、梅澤さんが〈ラーメン評論家の入店お断りします〉とTwitterで表明したことだった。さらに、「グッド!モーニング」(テレビ朝日)に出演した梅澤さんは、「ラーメン評論家Hさん」から会食の際に無断で写真を撮影された被害などを訴えた。

 これに対して、「ラーメン評論家Hさん」は自分であるとブログで名乗り出たはんつ氏だったが、〈昼間はそこそこイイ奴なのに(そこそこね)、お酒飲むと泥酔しちゃって豹変というか、飲み始めて30分くらいですぐにダメ人間(涙)〉など、開き直りとも取れる反論を繰り広げ、火に油を注ぐ事態となった。

 ラーメン評論家の山本剛志氏が、騒動の影響を明かす。

「今回のことで、世間のラーメン評論家に対する目が厳しくなったことを肌で感じています。私のSNSにも批判コメントがいくつか来ました。今のところ、ラーメン評論家の仕事に影響は出ていませんが、今後はさらに風当たりが強くなるのでは無いかと心配しています」

 山本氏は、2000年放送の「TVチャンピオンラーメン王選手権」(テレビ東京)で優勝し、現在も年間600杯のラーメンを食べ歩きながら、様々な媒体にラーメンのレビュー記事などを寄稿する現役ラーメン評論家の1人だ。

「ラーメン評論家といっても、それだけで食べていける人はいないと思います。皆さん、他の分野でライター業をしていたり、通販サイトを立ち上げたりするなど、他の仕事をしながら、ラーメン評論家をやっています。そもそも、ラーメン評論家に定義はなく、名乗ろうと思えば誰でも自由に名乗れるものです。今回のことで、それをひとくくりにして、“ラーメン評論家は店の迷惑を考えない、偉そうな人”と見られてしまうのは、少し辛いです」(同)

 騒動になったはんつ遠藤氏は、自身のブログで〈これ、余談ですが、僕、ラーメン評論家じゃなくてフードジャーナリストなんです。。〉、〈僕は数年前からC級ホテル評論家になりました。〉などと記しているように、ラーメン評論家という肩書を敢えて使っていなかったようだが、世間的にははんつ氏はラーメン評論家として認識されているのも事実だ。

ラーメン評論家を取り巻く厳しい状況

 山本氏は、20年以上前からラーメンの食べ歩きを続けている。その頃からこだわっているのがラーメン評論家の肩書だという。

「一昔前は、美味しいラーメン店の情報が今よりも貴重で、文章だけでラーメン店や味を表現するラーメン評論家が、ある意味力を持っていました。当時はラーメンの写真を撮る人も珍しく、今のようにレビューサイトやSNSで簡単にラーメン店の評判を知ることが出来る時代とは、大きく違っていましたから」(同)

 時代の移り変わりと共に、ラーメン評論家を取り巻く状況は厳しくなっていったそうだ。

「誰でも情報を発信できるような時代においては、ラーメン評論家は、美味しいラーメンと共に、歴史や文化を伝えるなどの役割を果たすことは出来ないものか、と常々考えていました。その矢先に、今回の騒動が起きたんです。いつの時代であっても、ラーメン店があってこそのラーメン評論家ですから、お店に迷惑を掛けるようなことはあってはならないと思います」(同)

梅澤さんの店に招待された

 ラーメン評論家とラーメン店の店主は、どういった関係なのか。

「ラーメン店に行っても、普通に食べて帰るだけです。自ら名乗ったり、店員に質問したりすることは基本的にはしません。名乗ったところで『誰?』という感じでしょうし、純粋にラーメンを美味しく味わうことが一番の目的なので、余計なことはしたくないんですよ。お店側からアドバイスを求められた場合は答えますし、仕事としてお受けすることもありますが、自分から勝手に何かを言うことはありません。他の方がラーメン評論家の肩書をどのように使っているかは分かりませんが、求められてもいないのに勝手にアドバイスをしたり、ましてやなにか便宜を図ってもらおうとするような人は、フィクションの世界の中だけだと信じたいです」(同)

 山本氏は、はんつ氏と同様、ラーメン店関係者の紹介を受けて梅澤さんと会ったことがあるそうだ。こういった形で店主と知り合う機会は、決して多くはないという。

「2019年2月に、梅澤さんのラーメン店の2階で会食をしました。最後にラーメンも頂きましたが、それを宣伝して欲しいとか、評価をして欲しいといった話ではなく、あくまで一度食べに来てくださいといった感じでした。おそらく、はんつさんも似たような状況だったのではないでしょうか。私は他の店主の方と接する時と同様に、梅澤さんにも尊敬の念を持って接したつもりですが、自分でも気づかぬうちに不快な思いをさせてしまった可能性が全く無いとは言えないと思うので、この時のことについてこれ以上お話しすることは控えておきます」(同)

はんつ氏のブログは読めない

 山本氏は、はんつ氏とも面識があり、ラーメンサイトの仕事を紹介してもらったこともあるという。

「同世代のラーメン評論家のお一人として、はんつさんのことはよく知っていますが、今回のことで特に連絡を取ったりはしていません。実は、梅澤さんのことについて書いたはんつさんのブログも読めていないんです。先にネットニュースを見てしまったこともあって、なんとなく読むのが怖いというか、複雑な気持ちがあります。実際にどのようなやりとりがあったかは、当事者にしか分からないことなので、第三者の私が言うことではないと思います。その上で、はんつさんの言動が、自分を含めたラーメン評論家に及ぼした影響はかなり大きいと感じています。ご自身の発信が同業者にどのような影響があるか、といったことまで考えての発言では無かったのではないでしょうか……」(同)

 一方で、梅澤さんの苦労についてはこう推測する。

「ラーメン店には、女性の店主もいますが、その数は決して多くありませんし、梅澤さんのように20代で始めた女性というのは、過去にも少ないと言えるのではないでしょうか。芸能人の方がラーメン店を始めることはよくありますが、特に元アイドルだということで色眼鏡で見られてしまったということもあるでしょう。ただでさえ、ラーメン店は競争が激しいので、ここまで続けるだけでも苦労が多かったと思います」(同)

デイリー新潮取材班

2021年10月8日 掲載