10月2日、「キングオブコント2021」(TBS系列)が放送され、空気階段が優勝を果たした。全10組の熱演は、審査員の松本人志(58)が「高レベル」と総括したほど。激戦を制した空気階段は、「売れっ子になるのは間違いない」とテレビ関係者からも期待されている。

 ***

 空気階段は2012年に結成された、鈴木もぐら(34)と水川かたまり(31)の2人組だ。コンビ結成当初から漫才は「照れくさい」とし、架空のキャラクターを演じるコントを中心に活動してきた。

 キングオブコントのファーストステージでは、消防士と警察官がSMクラブで火事に巻き込まれるネタを披露した。安易に下ネタへ走る展開ではなく、あくまでも火事を巡る人間ドラマを中心に据えて笑わせた。

 ネタは鈴木と水川の2人で話し合って作っていく。その際、「不潔な話は作らない」ことをコンビで決めており、それは火事のコントでも守られたようだ。

 審査員の小峠英二(45)が「あの入口で下ネタじゃないのは凄い」と唸らせたほどのクオリティ。5人の審査員が100点満点で採点を行うと、486点を叩き出した。これは採点方法が変わった2015年の第8回大会以降、ファーストステージの最高得点となった。

 ちなみに審査員5人のうち、今回は何と4人が入れ替わった。バナナマンの設楽統(48)と日村勇紀(49)、さまぁ〜ずの大竹一樹(53)と三村マサカズ(54)が“卒業”。かまいたちの山内健司(40)、ロバートの秋山竜次(43)、東京03の飯塚悟志(48)、そしてバイきんぐの小峠という、歴代優勝経験者に松本という顔ぶれになった。

音響や照明も計算

 キングオブコントでは、ファーストステージの得点にファイナルステージの得点が加算されて優勝が決まる。

 ファイナルステージに進出した3組のうち、最初に登場した男性ブランコ[浦井のりひろ(33)・平井まさあき(34)]、次のザ・マミィ[林田洋平(29)・酒井貴士(30)]が終わった段階で、共に935点で並ぶ異例の展開になった。

 MCの浜田雅功(58)が「審査員が変わった途端にこんなことになっている」と驚く中、最後に登場した空気階段は、奇妙な店主が登場する“コンセプトカフェ”のネタを披露。こちらも474点と高く評価され、合計960点で堂々の優勝を果たした。

 民放キー局のディレクターは、「有吉弘行さん(47)が空気階段の優勝を当てたと話題になっていますが、もともと実力派のコンビとして高く評価されていました」と言う。

「『有吉の壁』(日本テレビ系列・水・19:00)で結成されたミュージカル・コント集団の『KOUGU維新』にも空気階段は抜擢されています。以前から玄人筋にはウケていたわけです。今回のキングオブコントで、彼らが持っていた実力が遺憾なく発揮されました。ネタのレベルだけでなく音響や照明の使い方も、他9組より抜きん出ていたと思います」

 M-1を制したマヂカルラブリー[野田クリスタル(34)・村上(36)]や、昨年のキングオブコントで準優勝だったニューヨーク[嶋佐和也(35)・屋敷裕政(35)]も優勝候補と言われていたが、彼らのファーストステージでの得点が伸び悩むという幸運もあった。

“法令遵守”への挑戦

「1本目は視覚的な効果が抜群でした。鈴木さんがパンツ一丁で顔にストッキングを被せられた格好で登場するのです。笑わないわけにはいきません。『出オチはずるい』という指摘もあるようですが、やった者勝ちでしょう。SMクラブという設定も、審査員には『過剰なコンプライアンス対策への挑戦』と好意的に受けとめられたはずです。2本目は1本目の勢いで視聴者を笑わせましたが、たとえネタの順番が入れ替わっていても優勝したでしょう。それほど見事でした」(同・ディレクター)

 先に審査員が4人も変わったことに触れた。ディレクター氏も「影響は大きかったと思います」と指摘する。

「審査員全員から『とにかく細かい理屈はいい、面白いコンビを選ぼう』という姿勢を感じました。特に小峠さんは『笑わせたコンビに高い点数を付ける』という態度が鮮明でした。また、かまいたちの山内さんが的確な解説を行っていたことも、番組としては良かったと思います。松本さんも他の審査員に安心したのか、リラックスした表情で笑っていたように見えました」

吉本芸人が強い理由

 空気階段は鈴木が大阪芸術大学中退、水川が慶應義塾大学を中退している。正式な学歴としては高卒になるが、いわゆる“高学歴芸人”と見ることも可能だ。

 また最近では“クズ芸人”が注目を集めているが、鈴木はその代表格と言っていい。ギャンブル依存症で借金が550万円、おまけに遅刻魔という悪癖が報じられている。

 キングオブコントの決勝進出が決まり意気込みを訊かれると、「優勝して借金を完済したい」と語るなど、鈴木の借金は鉄板ネタだ。

 一方、端正な顔立ちが印象的な水川も、引きこもりの過去を持つ。岡山県の名門県立高校から慶大の法学部に進学するも、キャンパスになじめず3カ月で中退。それから1年半、引きこもっていたという。

 2人は2011年、NSC東京校に入学。共にコントが好きだったことが接点になった。当時から鈴木は借金だらけだったが、水川の父親も大阪芸大を中退し、かつては借金を重ねていたことから、水川が鈴木を「気が合いそうだ」と思ったというエピソードがある。

「今回のキングオブコントは、何と10組中9組が吉本芸能の芸人でした。やはり吉本は劇場を持っているのが大きいのです。首都圏なら渋谷のヨシモト∞ホールを筆頭に、ルミネ新宿、大宮、沼津、幕張にも劇場があります。所属芸人は芸人としての腕を磨くだけでなく、客の反応を見ながらコントの内容もブラッシュアップできるという利点があります」(同・ディレクター)

個性は強い2人

「空気階段が優勝を果たした2つのネタも初演ではありません。劇場でウケた20分くらいの長いコントを、キングオブコントのため改変に改変を重ねたそうです」(同・ディレクター)

 玄人の評価を「ホップ」とすれば、キングオブコントの優勝は「ステップ」だろう。お茶の間でブレイクしてこそ「ジャンプ」だ。ディレクター氏は「ポテンシャルは充分にあります」と言う。

「ただ、かまいたちでも、小峠さんでも、キングオブコントを制してから本当にブレイクするまで数年の歳月を必要としました。コントの才能とゴールデンのバラエティ番組に求められるトークの才能は、それほど異なります。空気階段が即、大ブレイクするのは、さすがに難しいでしょう。それでも大化けする可能性は充分にあります」

 先に2人の略歴を見たが、かなり個性が強いことにお気づきだろう。特に鈴木は“クズ芸人”という武器を持っている。

「鈴木さんのギャンブル好き、借金だらけ、無頼派というキャラクターは、視聴者に喜ばれる歴史があります。古くは横山やすしさん(1944〜1996)が代表例ですし、今では霜降り明星の粗品さん(28)がいます。一方の水川さんは慶應中退ですから、同じく早稲田を中退したタモリさん(76)を彷彿とさせます。インテリ芸人としての活躍が期待できると思います」(同・ディレクター)

10年後は……?

 何より空気階段には「謙虚さ」があると、ディレクター氏は指摘する。

「2人とも勘違いして天狗になるようなキャラクターではありません。聡明で、自分たちのポジションをわきまえています。舞台のギャラは安く、500円という噂もあるほどですが、彼らは優勝した翌日も舞台に立ったそうです」

 何よりも大きいのは、「ベタな芸風」と揶揄されることを怖れず、普通の視聴者を笑わせようと努力している点だという。

「謙虚な姿勢と普通のお客さんを大切にすることを忘れなければ、必ずブレイクできるはずです。10年後はキングオブコントの審査員席に座っていても不思議はないと思います」(同・ディレクター)

デイリー新潮取材班

2021年10月10日 掲載