日本テレビのミステリードラマ「真犯人フラグ」(日曜午後10時半)が始まった。10日放送の初回の視聴率は世帯8.4%、個人全体4.7%だった。同じ秋元康氏(63)が企画・原案を担当し、制作チームも一緒の同局「あなたの番です」(2019年)が最終回で世帯19.4%を記録したことを考えると、関係者はやや物足りなかったのではないか。それには理由がありそうだ(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

「あな番」も初回は世帯8.3%だったが、それは視聴者が秋元ドラマの醍醐味を知る前のこと。また、好みの問題はあるものの、ストーリーの仕上がり具合はSNS問題などを取り込んだ「真犯人フラグ」のほうが上だ。

 出演陣も西島秀俊(50)、宮沢りえ(48)ら豪華版。にもかかわらず、どうして視聴率は平凡だったのか。最大の理由はフジテレビのアニメ「『鬼滅の刃』無限列車編」(日曜午後11時15分)の初回と重なったからだ。

「真犯人フラグ」の終盤10分と「鬼滅の刃」の冒頭10分がかぶった。普通なら、ミステリードラマを見ていた人が途中でチャンネルを変えるようなことはないが、「鬼滅の刃」は別格だ。

「鬼滅の刃」の視聴率は世帯10.0%、個人全体5.7%。翌日から学校や仕事が始まる日曜の深夜帯であることを考えると、驚異的である。

 おまけに若い視聴者の支持が表れるコア視聴率(13〜49歳)は10月第1週(4〜10日)の全番組中、2位だった。「真犯人フラグ」もメーンターゲットは比較的若い層だろうから、これは痛い。

秋元ドラマ、Huluへの警戒

 秋元ドラマへの懐疑も理由ではないか。「あな番」は面白かったものの、終盤になるに連れ、展開が強引になってしまった。

 もっと無理押しした秋元ドラマが、今年7月期の斎藤工(40)の主演作「漂着者」(テレビ朝日)。謎が解明されず、伏線も回収されぬまま、最終回のラストで「Season1 終」というテロップが出た。Season2があるという告知は事前になかった。

 日テレの日曜午後10時半という放送枠が弱くなってしまったのも関係しているはずだ。9月12日放送された前作「ボクの殺意が恋をした」の最終回は世帯5.4%、個人全体3.0%と伸び悩んだ。「あな番」以来、この放送枠は大ヒットに恵まれていない。

 もう1つ、日テレのHulu商法への警戒心もあるはず。Huluは2014年に日テレが傘下に収めた動画配信サービス。民放各局はCM収入が頭打ちだから、そろって動画配信に力を入れている。

 だが、Huluの場合、とりわけ視聴者の反発が目に付く。1月期の竹内涼真(28)の主演作「君と世界が終わる日に」の「Season2」をHuluでやると告知された時も一斉に不満の声が上がった。「真犯人フラグ」も「続きはHuluで」という誘導を危惧しているのだろう。

「真犯人フラグ」が放送ですべて完結するのであるなら、それを告知したほうが良い気がする。

作品の中身は…(ネタバレ注意)

「真犯人フラグ」の中身の話に移りたい。以下、初回の内容が含まれているので、これからご覧になる人はご注意いただきたい。

 主人公は相良凌介(西島秀俊)。亀田運輸のカスタマーサービス部管理課の課長だ。妻子のことを第一に考えるマイホームパパである。

 妻は真帆(宮沢りえ)。明るく朗らかで、凌介は何一つ不満がない。近所のスーパーでパートをしている。

 2人の長女は光莉(原菜乃華、18)で高校2年生。長男は篤斗(小林優仁、10)で小学4年生だ。サッカー教室に通っている。

 初回の前半で真帆と子供2人が忽然と消えた。金曜日の夜だった。

 当初、凌介は3人がアニメ映画を観に行っていると思い込み、大学時代の文芸サークル仲間・日野渉(迫田孝也、44)が開いたバー「至上の時」に行く。着いたのは午後10時45分だった。

 遅れて到着したのは河村俊夫(田中哲司、55)だった。週刊追求編集長だ。この再会が偶然なのか日野による意図的なものなのかはポイントの1つだろう。後に河村は真帆らの失踪をネット記事にする。

 ネット記事が出た後、日野が撮影し、店のアカウントに上げた凌介のおどけた写真が、ネットユーザーの反感を買う。既に真帆らが消えていた時間だったからだ。これも日野の過失か悪意なのかが気になる。

 ほかにも抑えておかなくてはならないことがいくつかある。まず真帆はどうして金曜日はパートが早番なのに遅番と偽ったのか。何らかのトラブルに巻き込まれていたのか、それとも凌介に話せない隠しごとがあったのか。

 金曜日前、凌介が日野のバーに行っていいかと尋ねると、真帆はこう答えた。

「金曜日はパートの遅番だから、あっちゃん(篤斗)のサッカー教室に迎えに行ってってお願いしたよね?」(真帆)

 後にスーパーの店長は「早番だった」と断じている。併せて気になるのは普段と違い、買い物をしていかなかったことだ。

 真帆らが消えた後、相良宅の炊飯器は午後6時から保温になっていた。真帆はおかずを買わず、どうするつもりだったのだろう。それとも米を炊いたのは犯人なのか?

2つのカギ

 もう1つのポイントは篤斗の動向。真帆は自分が遅番だと嘘をついてまで凌介に篤斗の迎えを頼んだが、「雨で(練習が)中止になったから大丈夫」とSNSで連絡してきた。金曜日午後4時12分のことだ。

 ところが、サッカー教室の山田コーチ(柿澤勇人、33)によると、篤斗はその後、来た。

「夕方来ましたよ。何か忘れ物したって」(山田コーチ)

「本当ですか。その後は」(凌介)

「すぐ帰りました。5時半ごろだったかな」(山田コーチ)

 篤斗がサッカー教室に来た目的は何か。本来、凌介がするはずだった迎えは誰が行ったのだろう。

「真帆の嘘の理由」と「篤斗がサッカー教室に行った理由」。この2つは真相を解明するための欠かせないカギになるに違いない。

「らっきょう女」の不可解

 もう1つ、事件と無縁とは思えないのが、事件当日に凌介が駅のホームで出会った「らっきょう女」である。凌介にとっては知らない相手だったが、女は一方的に「先生、偶然! もうひどいですよ、酔っ払って駅に放置とか。らっきょう、どうしました。持って帰りました……」と、まくしたてた。

 おそらく、らっきょうは隠語だ。女性のことか……。

 これを聞いた河村は、なぜか「関係ないか」と斬り捨てたものの、無関係とは思えない。事件当夜の突飛な出来事なのだから。

 初回のラストでは差出人が凌介になっている大きな荷物が職場に届く。身におぼえがなく、不審に思う凌介だが、ダンボールを開けると、「お探しのものです」という張り紙が。中には大量の氷と篤斗のものと思しき腕が入っていた。

 驚愕する凌介。これは我が子の腕なのか?

 2010年の映画「アウトレイジ」のキャッチコピーは「全員悪人」だったが、「真犯人フラグ」は全員怪しい。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月17日 掲載