絶大な人気でギャラを稼いでも片っ端から使ってしまい、さらに借金まで重ねる。そんな「破滅型芸人」と言えば、五代目・古今亭志ん生(1890〜1973)や初代・桂春団治(1878〜1934)が伝説的存在だ。藤山寛美(1929〜1990)の名前を思い出すファンもいるだろう。

 ***

 ところが、80年代の漫才ブームあたりから、破天荒な芸人が目立たなくなっていった。担当記者が言う。

「昔なら芸人イコール『呑む・打つ・買う』というイメージがありました。ところがタモリさん(76)、ビートたけしさん(74)、明石家さんまさん(66)が“ビッグ3”と呼ばれるようになった頃から、次第に変わっていったと思います。実際は、呑んだり、打ったり、ということも行われていたはずですが、少なくともそうしたことを全面には押し出さなくなりました」

 女性ファンが多いアイドル的な芸人も珍しくなくなった。劇場にも若い女性が詰めかけるようになると、“呑む”や“打つ”はネタとして通用しない。浪費ネタに観客は笑うどころか、ドン引きするようになってしまった。

 これにトドメを指したのが、テレビ各局の“コンプライアンス重視”の姿勢だろう。

鈴木もぐらと粗品

「ところが最近は、『打つ』芸人が注目を集めています。具体的には『ギャンブル芸人』と呼ばれ、今やブームと言っていいでしょう。『酒好き芸人』も大勢いますが、博打ネタのインパクトには勝てません。借金ネタとセットになることも多く、いわゆる『クズ芸人』の一部も含みます。大勝ち・大負けネタ、ギャンブル依存ネタなど、視聴者の関心を惹く話題がたくさんあるのです」(同・記者)

 泥酔して二日酔いになることは誰にでもできる。しかし、競馬で100万円の借金を背負うことはなかなかできない。自分たちには体験できない世界を垣間見せてくれるギャンブル芸人に注目が集まる理由だろう。

 今年のキングオブコント(KOC)で優勝した空気階段の鈴木もぐら(34)は、競馬に金をつぎ込んでいることで有名だ。そもそもKOCに出場する際の抱負が「優勝してギャンブルで作った借金を返したい」だった。

 霜降り明星の粗品(29)は、大勝ち・大負けネタが話題になることが多い。一例を挙げれば、10月18日から20日までの3日間、競馬、競輪、競艇で約700万円を失ったとTwitterに発表した。

 21日、競輪に77万円をつぎ込んだところ、予想が的中して約326万の勝利。うち約249万円を日本財団に寄付したと発表した。

 10月9日にTBS系列で放送された「オールスター感謝祭」では、MCの今田耕司(55)から貯金額を質問され、粗品が「7円」と答えたことも話題になった。

人気の“クズ芸人”

 ピン芸人の岡野陽一(39)は、パチンコや競馬で借金が1000万円以上。ザ・マミィの酒井貴士(30)も、タバコ、酒、ギャンブル、女性好きを公言して借金は約300万円。相席スタートの山添寛(36)は競艇にハマり、相方の山崎ケイ(39)から約190万円の借金をしていると明かしたことがある。

 民放キー局でバラエティ番組の制作に携わるスタッフは、「ギャンブルが好きな芸人さんと、いわゆるクズ芸人は分けて考える必要があります」と言う。

「競馬を愛する芸人は昔も今もたくさんいます。爆笑問題の田中裕二さん(56)、麒麟の川島明さん(42)、ナイツの土屋伸之さん(43)、千鳥のノブ(41)、カンニング竹山さん(50)など枚挙に暇がありません。ただ、こちらには破滅型、クズ芸人というイメージは全くありません」

 芸人がギャンブルで身を持ち崩すことが“勲章”だった時代があった。だが、“ビッグ3”は非常にスマートな芸風だ。戦前・戦後の芸人とは違う魅力を持っていた。

視聴者の意識を変えた「意外な2人」

 ビートたけしや明石家さんまは演技でも人気を集めた。特にさんまは、恋愛ドラマでも主役を担った。従来の芸人では考えられないことだった。

 たけしとタモリは歌もこなす。タモリはトランペットを吹き、博学で知的なところも視聴者に評価された。たけしが数学の難問に挑戦する「たけしのコマ大数学科」(フジテレビ系列・2006〜13)をご記憶の方も多いだろう。

 それでも、やっぱりギャンブルで借金を抱える破天荒な芸人は面白い──視聴者の意識を変えたのは、意外にも最初は芸人ではなかったとスタッフは指摘する。

「ギャンブル芸人が再び脚光を浴びるきっかけを作ったのは、蛭子能収さん(74)ではないでしょうか。競艇を筆頭に、博打が大好きでした。あの明るい不思議なキャラクターで、ギャンブルが大好きというギャップが、視聴者の高い関心を集めたのだと思います」

 予備校「東進ハイスクール」の講師として人気を獲得し、今はタレントとしても活躍する林修(56)も大きな影響を与えたという。

「東大法学部を卒業し、日本長期信用銀行に入行しながら、僅か5カ月で退社。その後、株取引とギャンブルの失敗で約1800万円の借金を抱えたエピソードは有名です。芸人も顔負けの破天荒な人生は、視聴者の人気を獲得するのに充分でした」(同・スタッフ)

「ギャンブルは芸人を助ける」

 この2人が道を切り開き、芸人が後からついていった。ギャンブルをネタにすると仕事が増えるということも学んだ。

「テレビ局がコンプライアンスを強めても、例えばYouTubeではむしろ本音トークが人気を呼びます。ギャンブルや借金をネタにすると再生回数が増えたのです。こうして博打ネタの面白さが再認識されると、テレビ局も考えを改めました。まずはギャンブル番組にお笑い芸人を起用しました。例えば、ジャングルポケットの斉藤慎二さん(39)は『ウイニング競馬』(テレビ東京系列・土・15:00)のレギュラーMCに抜擢されました」

 バラエティ番組も同じだ。「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系列・火・19:56)や「アメトーーク」(テレビ朝日系列・木・23:15)といった人気番組もギャンブル芸人を起用したり、借金エピソードを紹介したりしている。

 呑む、打つ、買うは芸の肥やし──これは、もはや死語と芸人も認めている。だが、「打つ」だけは、「ギャンブルが芸人を助ける」という時代が到来している。

デイリー新潮編集部