1976年の『犬神家の一族』からスタートした「角川映画」は、日本映画界を席巻した一大ムーブメントだ。この波は1983年公開の『幻魔大戦』でアニメにも及び、大人のためのアニメ映画を広く世の中に届ける契機となった。「角川アニメ」は日本のアニメ映画史においても、大きな転換点だ。

 現在開催中の「角川映画祭」では、EJアニメシアター新宿会場で、そんな傑作が多数上映されている。今回、『幻魔大戦』や『カムイの剣』(1985年)などの監督で「角川アニメ」誕生に深く関わった、りんたろう監督(80)に当時のアニメ事情や現在との違いについて語ってもらった。【数土直志/ジャーナリスト】

 ***

――80年代の角川映画について教えていただけますか? 一大ブランドになった「角川アニメ」のスタートである『幻魔大戦』から、『カムイの剣』『火の鳥 鳳凰編』(1986年)と次々と監督されました。当時「角川アニメ」といったブランドや、何か違うことをやると意識されていたのでしょうか?

りんたろう監督(以下、りん):ブランドを意識するというより、(角川)春樹さんと一緒に最初からやってきましたからね。もうほとんど共闘している感じです。春樹さんは当時角川書店の社長だし、プロデューサーの立場ですけれど、年齢的には同世代ですから。最初からしっくりするところがあって、お願いされてというよりも一緒になって作りだした。

――最初に角川春樹さんに出会われたのはいつ頃ですか?

りん:僕が東映動画(現東映アニメーション)で『銀河鉄道999』(1979年)『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』(1981年)をやっていた頃で、知り合いから「角川春樹が会いたがっているんだけれど」と電話がありました。春樹さんは飛ぶ鳥を落とす勢いでしたから「是非、お会いしたいです」と。春樹さんは当時の映画業界の5社体制をひっくり返していましたよね。異端児です。僕からみたら小気味がいいなと。

――角川さんは『銀河鉄道999』を観て、感動されて?

りん:目論見はあったんですよ。お会いして最初に「アニメを作りたいんだ。俺、ディズニーになりたいんだ」って。「なんでディズニーになんだ」と思いましたけれど、要するにアニメの世界でトップに立ちたいんだと。「面白いじゃないですか」って。そこから企画の話になって、二人三脚でいろいろなことをやって進んでいったんですよ。共闘しているといった感じです。

大友克洋氏を起用のワケ

――角川映画の劇場アニメ第1作は『幻魔大戦』でしたが、なぜ本作が第1弾となったのですか?

りん:その時に角川さんの元に、映画の仕事を志していた若者がいました。堤清二さんの息子なんです(堤康二氏)。その堤さんがアニメが大好きで、彼のアイディアで『幻魔大戦』がどうだろうという話になったと聞いています。

 僕が『幻魔大戦』を知ったのは石ノ森章太郎さんのマンガで、SF作家の平井和正さんを原作者として秋田書店から出ていた。平井さんの小説は角川文庫から出ていました。僕は話を聞いた時すぐに「これはマンガ版を単にアニメ化するのではないな」と思いました。それまでの長編アニメは、東映か松竹といった映画会社が制作しているんです。出版社である角川書店がアニメを作って配給するなんて考えられないことでした。角川さんが作るなら、他の映画会社が作るようなアニメを作る気は一切ないはずだと。

――そのまま監督をするかたちですか?

りん:「お前に任せる。予算はいくらいくらだから、これもお前に任せる。ただそこから先以上は出ないぞ」と言われました。アニメにするにあたってはキャラクターが重要です。そこで、その時に僕が好きだった大友克洋君にやってもらおうと考えました。当時、大友君は新人ではないけれど、まだ『AKIRA』も『童夢』も描いてなくて『ショート・ピース』やSFのイラストをいっぱい描いていた頃です。お願いしたら、「いいですよ。でも、僕のキャラクターがアニメで動きますか」と言われました。確かにアニメのキャラクターはアニメーターが動かしやすい、良くも悪くも観る側がシンクロするキャラクターですけど、大友君の絵はそこから全然、外れています。彼がそう言うのは当然です。でも優秀なアニメーターのなかに大友克洋ファンっているんですよ。そういうメンバーが集まるので、「絶対動かせます」と答えました。それで彼は毎日自転車でスタジオに来て描いてくれましたね。

――大友監督は、りん監督も参加したオムニバス的作品『迷宮物語』(87年ビデオ発売)でアニメ監督デビューしました。11月28日の角川映画祭でも、舞台挨拶に立つ予定ですね。『幻魔大戦』に話をお戻ししますと、視聴ターゲットは20代、30代。当時の劇場アニメとしは、かなり高い年齢を狙っていたと見えます。

りん:20代、30代から上です。少し遡ると、戦後の日本のアニメーションは児童ものが中心、つまり、親子・ファミリー層のものです。東映動画は長編でそういうものを作っていましたが、僕の『銀河鉄道999』は、子どもでなく中高生より上を中心に作ったのです。東映動画が一大決心をしたんですよ。当時は誰もが「アニメとは子どものもの」だと考えていましたから。そんな時代に登場したのが、『宇宙戦艦ヤマト』。『銀河鉄道999』と『宇宙戦艦ヤマト』が中高生の心を掴んだ。

『銀河鉄道999』を春樹さんが見ていて、これはいけるかもしれないと。そこからつながって『幻魔大戦』は中高生より上、平井和正の『幻魔大戦』を読んでいるSFファンも狙って。さらに当時、角川は「読んでから見るか、見てから読むか」というキャッチフレーズで、映画連動の文庫本がものすごくヒットしていた。本を読むのは高校生より上ですよ。だから『幻魔大戦』は子どものことなんか全く意識していない。“自分の年齢”で作ればいいいやと。

――それが作品にも反映したかたちですね。

りん:当時のアニメは、どんな話であっても場所は架空のものなんですよ。僕の作品で初めて吉祥寺を舞台にしようとか、新宿をだそう、富士山も……と考えた。大友君とは、それぞれのキャラクターが何の靴を履くか、ということまで相談した。このキャラクターは性格からいくとセーターを着ているのか、とか話しあったり、観客にリアリティを感じさせる方向でドラマを作ったのが大きかったです。

アニメの大衆化と「君の名は。」「鬼滅の刃」

――80年代にそうした大人アニメを広く見てもらう試みがあった一方で、90年代以降、大人アニメはニッチな方向に進んでいったように思えます。その辺りはどう見られますか。

りん:戦後のアニメーションの歴史を振り返ると、僕も『鉄腕アトム』(1963年放送開始第1作)をやりましたが、当時のキャラクターや表現は稚拙なんです。でも当時は稚拙でなくて、それが精いっぱいだった。そこにアニメーターになりたい、演出になりたいと優秀な若者たちが業界にやってきて切磋琢磨し、技術と表現がどんどん豊かになっていった。その頂点が80年代です。そこで一度終わったといえて、90年代以降は、技術的にはかなりのものを備えながら、そこからいろんな方向に分れていく。80年代までやってきたことが、そのままずーっとつながるなんてありえないですよ。あそこで一度終わったものが、そこからどんどん変容していって、いまの『鬼滅の刃』まで来ているというわけです。

――そこがお聞きしたかったことで、90年代以降ニッチ化したものが、『君の名は。』や『鬼滅の刃』でもう一度大衆化して、80年代に似てきたのかなと思ったのです。

りん:それは違うと思いますよ。いまの映画のほうがより商品になっています。ヒットの仕方が全然違います。いい悪いは別ですよ、製作側がヒット商品を作るべく「ガガーっ」とビジネスにしている。世の中のいろんなデータを分析しながら、マーケティングをして作っています。一方、80年代はみんな好きなことを好きにやっただけだから。80年代までは、アニメの好きな連中の熱気で、作品を作ってきているのですよ。

 ただ、長編はお金がかかる。うま味がそんなにないと思ったら企業は手を引いちゃうんです。いま、スタジオジブリとか新海誠くんの作品は興行収入が100億円、200億円いきますが、そこは今と昔とは違います。『鬼滅の刃』とかになると400億円、いい意味で怪物ですよ。これからモノを表現する人たちは(稼がなければいけないので)キツイですよね。

――40年経って、いま敢えて『幻魔大戦』の見どころは? どこになりますか?

りん:僕が観て欲しいというよりは、今の若い世代が40年前の『幻魔大戦』で何を感じるのか、むしろ知りたいですね。いま、若い世代はスタジオジブリや新海くん、『鬼滅の刃』の作品はみんな観ていると思います。でも『幻魔大戦』は全然違うテーストじゃないですか。いま話したような時代背景を知れば理解を得られる部分はあると思うけれど、そんなこと話す機会もないし。いまの若い人があれを見てどう思うのか、僕が逆に聞きたいですね。

数土直志(すど・ただし)
ジャーナリスト。メキシコ生まれ、横浜育ち。アニメーションを中心に国内外のエンターテインメント産業に関する取材・報道・執筆を行う。大手証券会社を経て、2002年にアニメーションの最新情報を届けるウェブサイト「アニメ!アニメ!」を設立。また2009年にはアニメーションビジネス情報の「アニメ!アニメ!ビズ」を立ち上げ、編集長を務める。2012年、運営サイトを(株)イードに譲渡。2016年7月に「アニメ!アニメ!」を離れ、独立。

デイリー新潮編集部