南海キャンディーズ・山ちゃんが好きだ。最近はさらに好きだ。妻である「WAONさん」こと蒼井優さんとのやりとりが微笑ましく、彼女の誠実で素敵な人柄がよくわかるからである。むしろ山ちゃんを通して語られる蒼井さんのことを、とても好きになっている。

 結婚前は「幸せになったら、芸人としてつまらなくなるかもしれない」と不安を口にしていた山ちゃん。しかし日本中が歓喜に沸いた電撃婚を経て、今では夫婦の暮らしぶりをオープンに語ってくれている。奥様が出ていたCMにちなんだ愛称は、山ちゃんなりの照れ隠しと愛おしさを感じる呼び方だ。彼女を一人の人間として大切にしている姿勢が伝わってくる。

 吉本をはじめとする芸人界では「嫁」呼びがメジャーだが、山ちゃんはその道を選ばなかった。千鳥のノブさんも西日本の出身ながら、あまり「嫁」呼びをしない人である。妻のことは「むっちゃん」と呼ぶ。高校時代はマドンナ的存在だったという奥様の美貌は今も健在。互いに最初に付き合った相手という純愛ぶりも、遊んでナンボの芸人界では新鮮に映る。

 これまでの芸人が語る「嫁」とは、トークを盛り上げる小道具に過ぎなかったのではないだろうか。だから「鬼嫁」というキャラ設定もよく使われていた。妻が有名人だと相手のイメージもあるので大っぴらには話しにくいし、一般女性の場合は妙に生々しくなってしまう。乱倫ぶりを話す方が笑いを取れるという空気も、脈々と芸人たちを縛り続けてきたように感じる。「ミキティー!」と叫ぶ庄司智春さんやフジモンなども、妻(前妻)への愛情も感じるものの、ネタにしている印象が強かった。

 しかし山ちゃんもノブさんも、妻とのエピソードを語る時はとても自然で楽しそうなのだ。笑いに昇華しようという計算をあまり感じない。妻の献身ぶりに感謝を述べることも多く、夫婦の絆の強さにほのぼのしてしまう。

そろって愛妻家のかまいたちの大躍進 売れっ子芸人に共通する脱・「嫁」呼び

 最近だとかまいたちの濱家さんも、「嫁」ではなく「奥さん」と言う芸人の一人だ。Twitterでも「奥さんのご飯が一番美味しい」とつぶやいたり、愛情を隠さない。他の芸人から「気が強い人?」と茶化されても、「しっかりしている」と返していた。大事な人を面白おかしくネタにはしない、という気概がうかがえる。相方の山内健司さんも、SNSでナンパした奥様のことが大好きだそう。濱家さんに比べるとネタにしている感は否めないが、コンビ揃って愛妻家がテレビの最前線にいるのも変化を感じる。

 第7世代でも、ハナコの岡部大さんや菊田竜大さんは「奥さん大好き」で有名だ。岡部さんは8年にわたる交際を経て入籍したが、今でも一緒に入浴して体を洗ってあげるという。菊田さんは奥様も芸人で、夫婦で「新婚さんいらっしゃい!」に出演。ラブラブぶりを見せていた。

 もちろん人気の理由は愛妻家だからではなく、芸人として面白い、というのが大前提である。賞レースでも実力は折り紙付きだ。ただ平場で、「嫁」のキツさや浮気話を面白おかしく語るトークには笑えなくなってきた。「嫁」呼びが悪いのではなく、妻や女性をぞんざいに扱う姿勢に居心地の悪さを覚える。そんな視聴者も増えてきたのではないだろうか。コンプライアンスという締め付けに不満を漏らす芸人も多いが、売れた途端に不倫する芸能人が次々出てくるのも事実。妻ひと筋を貫く芸人たちの好感度が相対的に上がるのは、認めざるを得ないのではないだろうか。

愛妻家芸人たちは共演者にも人気 「遊び人だから」ではなく「常識人なのに」面白いギャップが評価される時代か

 愛妻家の芸人たちは、女性共演者からの人気も高い。先日は田中みな実さんが、「濱家さんとなんでも打ち明けられるお友達になりたい」と語って話題になった。もちろん濱家さんは笑いに変えてスルーしたが、その対応もネットは絶賛。ますます株が上がった格好だ。

 ノブさんも大人気である。弘中綾香アナは「気配りができるし好感度の塊」と評し、中条あやみさんからは「顔が好き」と言われていた。待ち時間が長くても不機嫌にならない、と裏方の女性ディレクターからの信頼も厚い。全方位モテモテのノブさんだが、「芸能人と一度はエッチしたいが我慢している」と、身持ちの固さを笑いに変える反射神経はさすがである。

 長年の交際を貫いてゴールインした有吉弘行さんも、そのパターンにあてはまる。彼の人柄や芸風からして、夏目三久さんとのやり取りを詳細に明かすことはないだろうが、「離婚原因となりがちな、生活のすれ違いをつぶす」と公言した姿は、やはり妻への深い愛情を感じさせた。有吉さんもまた、水卜麻美アナや佐藤栞里さんら共演女性たちから愛されている。

 さすが遊び人は面白い、ではなく、実は常識人なのに面白いってすごい。お笑い界はそんな転換期を迎えているのかもしれない。若手ではないが、復帰直後にどんどんレギュラーを獲得したヒロミさんも、「嫁」ではなく「ママ」と呼ぶ人である。結婚は芸人の墓場という呪縛を解いた山ちゃんたち、これからも末永く幸せに、活躍し続けてほしい。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部