日本テレビの連続ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」(土曜午後10時)は中学受験塾が舞台で、最近では数少なくなった子供たちをメインとする作品。新鮮だ。ネット上などでの評判も良い。だが、視聴率はもう一歩。放送時間帯で損をしているのではないか。

「二月の勝者」の第1話(10月16日)から第6話(11月20日)までの平均視聴率は世帯が約8.0%、個人全体は約4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。十分に視聴率が獲れているとは言いがたい。

 中学受験塾を舞台にした物語は最近では目新しい。さらに主演の柳楽優弥(31)や助演の井上真央(34)、子役らの演技も評判が良いのに、なぜ視聴率が上がらないのだろう。

 大きな理由は放送時間帯の悪さではないか。どう考えても親子で観るのに適した作品だが、放送は午後10時から。土曜日とはいえ、子供たちには遅すぎると思う。ゴールデンタイム(午後7時〜同10時)からも外れている。

 描かれているのは「難関中学の受験事情」「塾の実態」「競争下でも芽生える子供たちの友情」「親の奮闘」「不登校問題」「無料塾」――。これらを子供が観にくい時間帯に放送するのは勿体ない気がしてならない。

 日テレに土曜夜のドラマ枠が生まれたのは1969年10月。第1作は浅丘ルリ子(81)主演の「90日の恋」で午後9時半からのスタートだった。それが1973年10月からは同9時スタートに変更された。

 当時の作品は浅丘や吉永小百合(76)、故・森光子さんらが主演し、内容はガチガチの大人向けだった。

 その後、1987年に1度このドラマ枠は消えたものの、1年後に復活。三田佳子(80)「外科医有森冴子」(1990年)などのヒット作が生まれる。

 ティーンズの視聴者を意識した作品が目立つようになったのは安達祐実(40)主演の「家なき子」(1994年)から。その後、堂本剛(42)主演の「金田一少年の事件簿」(1995年)などが続いた。

 外から見ていて、よく分からなかったのが、2017年4月の放送枠異動だ。午後9時からの放送が同10時からの放送となり、それまで同10時台の番組だった「嵐にしやがれ」(2020年終了)と入れ替わった。

 その後、亀梨和也(35)主演の「ボク、運命の人です。」(2017年)から唐沢寿明(58)主演の「ボイスII 110緊急指令室」(2021年7月期)まで17作が放送された。だが、放送枠異動は裏目に出たとしか思えない。

 午後10時台の放送になって以降、全話の平均世帯視聴率が2桁に達した作品が「ボイス110緊急指令室」の弟1シリーズ(2019年)と天海祐希(54)主演の「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(2020年)しかないからだ。

 内容の良し悪しは別とし、午後10時台になってからは視聴率で苦戦する作品ばかり。なので放送枠異動の理由がよく分からない。

 作品は一貫してティーンズが喜びそうな作品が中心なのだ。やはり午後9時台の放送が向くのではないか。

放送枠異動後、最も世帯視聴率を稼いだのは…

 放送枠異動後、最も世帯視聴率を稼いだのは「トップナイフ」。その全話平均視聴率は11.3%だった。もっとも、皮肉にもこの作品はティーンズ向けではない。病院内の人間模様をシリアスに描いていた。

「視聴率はもう関係ない」という声もあるようだ。「ドラマは録画かネット配信で観る」と決めている視聴者からすると、そうだろう。

 しかし民放ビジネスには視聴率しかない。視聴率と売上高はきれいに連動する。だから局の内側の人は「視聴率は関係ない」と言わない。

 TVerなどの配信動画の収入を高めていけば新たな民放ビジネスのスタイルが築けると考える向きもあるかもしれないが、「ドラマのTBS」ですら配信事業(無料配信による広告収入分)の2022年度の収益目標は35億円。1カ月ではない。1年間だ。

 これに対し、TBSホールディングスの2021年度の売上高は3265億円。その差は途方もなく大きい。配信に頼っていてはドラマがつくれない。

 タイムシフト視聴率は作品の支持を知るには大いに有効な指標であるものの、残念なことにスポンサーの評価はリアルタイム視聴率より劣る。CMを飛ばされてしまう怖れがあるからだ。

 有料放送に移行しない限り、民放は視聴率から逃れられない。

「二月の勝者」の話に戻りたい。

 主人公は柳楽優弥が演じる黒木蔵人。思うように生徒たちの成績を上げられない中学受験塾「桜花ゼミナール吉祥寺校」が、巻き返しを図り、新校長として名門塾「ルトワック」から招いた。

 最初はとんでもない男にしか見えなかった。塾講師たちに向かって「子供たちを合格に導くのは父親の経済力と母親の狂気」などと言い放ったからだ。

 おまけに周囲の誰とも打ち解けない。決して笑わない。人間味に欠けた冷徹な人物に映った。

 けれど真の黒木は偽善者ならぬ偽悪者であることが徐々に明らかになる。第6話では秘かに無料塾「STARFISH」を運営していることが分かった。

 子供を合格に導くのは「父親の経済力」とうそぶきながら、そのイズムによって得た利益を無料塾に注ぎ込んでいたわけである。

「金のあるところからは取るが、ない人には要求しない」。それが黒木流の再分配なのだろう。黒木という男はすべての子供たちに均等な教育機会を与えたいのではないか。

 親が教育費をかけられるかどうかによって学歴差や貧富の差が生じ、その格差が親から子へ連鎖する時代になっている。それが社会問題化しているだけに、骨太で意味深長な物語だ。

子どもの描き方

 小さな戦士たちである生徒の姿も繊細に描いている。第5話では男子生徒2人の姿を浮き彫りにした。

 塾で成績がトップクラスの生徒が集まるΩクラスで、その1位である島津順(羽村仁成、14)が、ワンランク下のAクラスにいる上杉海斗(伊藤駿太、11)をバカにする。これが発端で2人が取っ組み合いのケンカになってしまう。

 だが、成績が良い順が天狗になっていたわけではない。むしろ逆。辛いのは順のほうで、安穏としているように映る海斗をうらやましく思っていたのだ。

 順は父親の島津弘(金子貴俊、43)の支配下に置かれていた。弘は教育熱心を通り越し、順の学習面のすべてをコントロールしていた。まるで受験モンスターである。

 一方で順が勉強に行き詰まると、妻の優子(遠藤久美子、43)を怒鳴り散らした。「おまえが悪い!」。その上、机上の物にあたる。完全にモラハラだ。常軌を逸していた。

 それでいて弘はリアリティーのある男だった。おそらく、この男は満たされない日常を送っており、その鬱憤を晴らすため、無意識のうちに順を操ったり、優子を怒鳴ったりしているのではないか。

 その後、順と海斗は和解する。弘のことなどで悩んでいた順が塾に来ないため、海斗が心配して探し、出会えた2人がお互いの胸の内を素直に明かしたからだ。子供らしくて清々しかった。

 ラスト近くでは弘が海斗を意識しながら「バカの相手している場合じゃないだろう」と順を叱った。酷すぎる。これには順も怒った。

「ボクの友だちをバカっていうな!」

 おそらく弘への初めての抵抗だ。

 想像が膨らむのもこの作品の面白さ。生徒がいる各家庭の描写がリアルだからである。

 順の島津家についてはこう思った。

「順の体格が弘と同等になったら、弘はブン殴られるんじゃないか」「いや、それより先に優子と順が家を出るか」

 原作は高瀬志帆さんによる人気漫画だが、脚本はやや異なる。

 制作陣が無料塾の存在と中学受験をどう結論づけるのかが興味深い。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮編集部