情報番組やバラエティ番組では、MCが新型コロナに感染すると、やむを得ず代理を立てることが珍しくない。「ラヴィット!」(TBS)の川島明(43)や「ワイドナショー」の松本人志(58)、「あさイチ」(NHK)の華丸大吉(52)……。相手が感染症だから仕方がない。ところが、そんな中で唯一物議を醸しているのが、山崎育三郎(36)の「おしゃれクリップ」(日本テレビ)だという。

 ***

 1974年に放送が開始された「おしゃれ」シリーズは、資生堂の1社提供番組で、久米宏(77)や古舘伊知郎(67)、上田晋也(51)など、代々喋りのプロがMCを務めてきた。

「おしゃれクリップ」は昨年10月、上田が16年半MCを務めた「おしゃれイズム」の後継番組としてスタートした。新たなMCに抜擢されたのは、歌手で俳優の山崎育三郎だ。彼はMC就任にあたり、こうコメントしていた。

《30年以上の歴史の中で、そうそうたる皆さんが作り上げてきた「おしゃれ」のバトンを受け継ぐこと、今は責任の重さに身の引き締まる思いでいっぱいです。》

 ところが年が明けた途端、山崎は「おしゃれクリップ」を欠席がちになったのだ。日テレ関係者は言う。

「1月16日にスタートしたTBSの日曜劇場『DCU〜手錠を持ったダイバー〜』に、山崎が出演したためです。『おしゃれクリップ』は日曜夜10時からなので、本来なら夜9時からの日曜劇場とは被らないのですが、初回と最終回は放送時間を延長しますからね。この日の『おしゃれクリップ』には、スペシャルMCとして菅野美穂(44)が立てられました」

菅野は良かったが

 デイリー新潮は「『おしゃれクリップ』をMC『山崎育三郎』が欠席の前代未聞 代役は菅野美穂のウラ事情」(1月16日配信)で早速報じた。

 結局、山崎は3月20日の「DCU」最終回を含め都合4回、「おしゃれクリップ」を欠席した。

「スポンサーにとっては、あまり好ましくない話だったでしょうね。もっともこの時は、『DCU』への出演のほうが先に決まっていたので、了承せざるを得ませんでした。それに代理MCを務めた菅野は、所属事務所が山崎と同じ研音で、資生堂のCMにも出演していますし、喋りも面白かったので良しとされました」

 4月からは、いよいよ山崎がMCに復帰すると思われたが、4月3日放送のMCは国分太一(47)、翌週10日のMCは沢村一樹(54)だった。

「山崎は3月14日に新型コロナに感染し、25日に回復しました。その間、MCは休まざるを得なくなり、代理を立てたわけです。もちろんこれは仕方ないことですが、問題は代理MCでした。資生堂は化粧品メーカーで、若い女性にターゲットを絞ったCMを放送しています。ですから菅野は良くても、アラフィフの男性タレントや俳優は、正直言ってお呼びではないのです。しかも沢村は、国分がMCを務めた3日のゲストとして出演しており、翌週にスペシャルMCとして登場しました。さすがに『あまりに安直なキャスティングではないか!』とクレームがついたそうです」

 沢村も、菅野と同様、研音の所属だ。確かに安直なキャスティングと思われても仕方ない。

全国ツアーへ

「そもそも『おしゃれクリップ』になってから、ゲストも研音所属が多かった。初回の反町隆史にはじまり、福士蒼汰、速水もこみち、そして沢村が出演しています。MCもゲストも同じ所属事務所の中でキャスティングしているのです」

 どうせ研音なら、山口智子や天海祐希、唐沢寿明などをMCに立てたほうが、スペシャル感はあったかもしれない。

「もちろん沢村だって決して悪くない俳優ですが、なにもゲストとMCで2週続けて出ることはない。番組スタッフはもちろん、事務所だってもう少し考えるべきだったと思います」

 コロナから無事回復した山崎は、ようやく4月17日の「おしゃれクリップ」で復帰した。それと同時に、日テレの「上田と女が吠える夜」や「バゲット」、「ヒルナンデス!」などにゲストとして出演し、4月22日からの自身の全国ツアーの告知に一生懸命だ。

「今はリハーサルの真っ最中だそうです。7月までの長丁場ですが、さすがに全国ツアーでMC欠席というのは……。『おしゃれクリップ』は昨年10月に始まったばかりですが、視聴率は期待されたほどではありません。今年10月に再度リニューアルする可能性も出てきました。現在、テレビ業界が最も大切にしたいのはスポンサーです。なかでも資生堂は、年間数億円ものCM出稿をしている大スポンサーです。スポンサー離れを食い止めるためには、MC交代という話が浮上してもおかしくありません」

デイリー新潮編集部