女優の藤田朋子(56)が活躍の場を広げている。昨年12月に公開された園子温監督「エッシャー通りの赤いポスト」ではオーディションで役を獲得。今年6月公開予定の「極主夫道 ザ・ムービー」のほか、多数の映画公開を控えている。それらは、意外にもワークショップがきっかけになることがあるのだとか。藤田本人が語る。

 ***

 藤田の当たり役と言えば、「渡る世間は鬼ばかり」(TBS)の5女・長子役を挙げる人は少なくないだろう。1990年から2011年にかけて、第10シリーズまで放送された。その後も19年まで断続的にスペシャル特番が放送されたが、昨年、作者の橋田壽賀子氏が亡くなったたことで、29年に及ぶシリーズは幕を下ろした。

 もっとも、彼女の作品はこればかりではない。女優デビューは87年、日本初演のミュージカル「レ・ミゼラブル」で、翌88年にはNHK連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」のヒロインに抜擢された、朝ドラ女優なのである。

 一気に知名度を上げた朝ドラが終わると、フジテレビの「君の瞳に恋してる!」、「愛しあってるかい!」といったトレンディドラマに出演し、トレンディ女優に変身。

 その直後にスタートしたのが「渡鬼」だった。キャリアはすでに十分なはずである。そんな彼女が、ワークショップで役を勝ち取ったと明かしたのは園子温監督だった。「エッシャー通りの赤いポスト」の初日舞台挨拶でのことだ。

《作品は、ある映画に出演するためにさまざまな境遇の人々がオーディション会場に集う群像劇。2年前の6月に実際に行われた園監督のワークショップに参加した697人から選ばれた51人が出演した。「自分の代表作になる」と出来栄えに自信たっぷりの園監督は、藤田の参加に「同姓同名の別の人が参加してると思って、よく見たら本人だった。20代の参加者に交ざって頑張っていた」と語った。》(中日スポーツ・21年12月25日付)

 35年ものキャリアを誇る女優がなぜ、ワークショップに参加したのだろうか。

藤田朋子インタビュー

藤田:園監督と一緒に仕事をしてみたいとは思っていましたが、それ以前に、アートな作品を撮影しておられる監督が、私のようなホームドラマのイメージがある女優に興味を持ってくださるのかを知りたかったんです。

――ワークショップは最初から参加したのだろうか。

藤田:そうですよ。申し込みをして、お金を払って、697人のうちの1人でした。監督はすごく丁寧で優しかった。もちろんダメ出しもされます。でも、それは指導すれば直せると考えているから言ってくれるんだと思います。

――無名の若い役者に交ざって?

藤田:園監督のワークショップに限らず、そうなりますね。お互いの名前を知らないからゼッケンに名前付けて、20代、10代後半の子と同じ台本を使って、年齢問わず、男女問わずの演技をするわけです。年齢によって台本の解釈も異なれば、私には普段来ないような役もいただける。勉強させていただいてます。

――なんでわざわざそんなことを?

藤田:ニューヨークにあるアクターズ・スタジオってご存知ですか? 今は俳優・監督・演出家らの養成所のようになっていますが、かつてはアル・パチーノやロバート・デ・ニーロといった限られた俳優の集まりで、自分たちのスキルを磨くために通った場所でした。プロでも精進しないと、やっていけないものだと思うんです。

――それでワークショップに?

不純な動機

藤田:私の場合は、ワークショップ出身みたいなもので、肌感が合うというか、居心地がいいんですよ。中学3年の時に英語塾に通ったんですが、それが奈良橋陽子さんの英語塾、MLSというところでした。

――奈良橋氏と言えば、キャスティングディレクター、演出家、映画監督、劇作家、作詞家として業界ではよく知られる人物だ。トム・クルーズ主演の「ラストサムライ」に真田広之をキャスティングしたのも彼女だ。朝ドラ「カムカムエヴリバディ」(NHK)では英語指導に名を連ね、アニー・ヒラカワのモデルとも言われる。

藤田:「カムカム」では、ヒロインのひなたが英語日誌をつけているじゃないですか。私も英語を学ぶとき、英語日誌をつけていたので、なんだか自分と重ねちゃうんですよ。奈良橋さんの英語塾は、テキストを使って英語を学ぶのとはちょっと違って、演技を通して英語を学ぶというところでした。

――その頃から女優を目指して?

藤田:子供の頃から演じるのは好きでしたが、女優になりたいと思ったことはなかったんです。実は、奈良橋さんのところへ行ったのはもっと不純でした。当時、私はゴダイゴのタケカワユキヒデさんの大ファンで、「ガンダーラ」や「モンキー・マジック」の作詞者でもある奈良橋さんに近づけば、タケカワさんに会えるのではないか!と。

――それがどうして女優に?

藤田:大学に入ってから、奈良橋さんが総監督を務めていらっしゃる「東京学生英語劇連盟」に入ったんです。東京近郊の大学生が集まる英語サークルで、そこでいわゆるワークショップを体験したことが、私の芯になっていると思います。

――別所哲也や今井雅之、川平慈英らと演技を学んだという。

夫から止められたワークショップ

藤田:台本による演技だけでなく、訓練(エクササイズ)もやっていました。例えば、フィギュアスケートの選手がバレエの稽古もしたりしますよね。演技も、台詞を発する感情を作り上げるために、役立つ訓練が必要だということを学びました。

――それが「レ・ミゼ」や朝ドラに繋がったというのだ。

藤田:もちろん、私が朝ドラヒロインに選ばれたことは今でも信じられないんですが……。今でもワークショップに行くと、あの頃に戻ったような気がするんですよ。

――とはいえ、彼女は今56歳である。

藤田:このくらいの年になると、例えば台詞をちょっと噛んでも、それが演技と思われて何も言われないこともあるんです。私はNGを出してくれる監督が好きなんですよ。その点、ワークショップでは、NGを出されるわけです。もちろん、お手本になる演技が出来れば嬉しいし。夫には“道場荒らし”になるから辞めろと言われたこともありました。

――役者の卵たちに交ざって藤田朋子がいたら、そりゃそうだろう。

ポールにも会えた

藤田:私だって、今は無名でも演技力が高い人が現れるんじゃないかと不安になったり、緊張して通っているんですよ。予想できない演技をしてくる人と絡ませてもらえる緊張感は刺激があって勉強になります。お金払ってワークショップに行って、演技って楽しいと思えるんです。

――仕事にも繋がっている。

藤田:人生で初めてお婆ちゃん役をいただいたのも、ワークショップがきっかけでした。園監督もそうですし、6月に全国公開される「極主夫道 ザ・ムービー」(配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)の瑠東東一郎監督との出会いもそうなんです。ワークショップをきっかけにテレビドラマ「浦安鉄筋家族」(20年、テレビ東京)に出演させていただいたんです。

――もちろんワークショップばかりではない。

藤田:ディズニープラス(Disney+)で配信されているドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ:Get Back」はご覧になりましたか? 「ミュージック・ライフ」(シンコーミュージック・エンタテイメント)から出た「ザ・ビートルズ ゲット・バック・プロジェクトの全貌」というムックに執筆させてもらったんです! もう嬉しくて、嬉しくて。

――出た!ポール・マッカートニー好き。

藤田:タケカワユキヒデさんの後はもうポール一筋ですからね。ビートルズの現役時代に間に合わなかった私たち世代は、かつての映画「レット・イット・ビー」で印象づけられてしまった、バンド末期の不仲説を一新させてくれる作品です。もう私の40年間はなんだったの!と思えるほど。6月にはDVDやBlu-rayも発売されるので、ビートルズイベントにも参加したいです。

――タケカワユキヒデとポールには会えたのだろうか。

藤田:会えました! タケカワさんとは大学の時にお目にかかることができ、今でも“とこちゃん”と呼んでもらってます。そしてポールには、「おはよう!ナイスデイ」(フジ)のリポーターとしてポールの取材をさせてもらい、会うことが叶いました。

――「笑っていいとも!」(フジ)に出演した際、涙ながらにポールへの思いを訴えて、リポーター役を勝ち取ったという。

藤田:強く思い続ければ、願いは叶うと私は思います!

デイリー新潮編集部