デイリー新潮は4月11日、記事「フジの新番組『ポップUP!』が早くも視聴率1%台 他局からは『正直、かなり厳しい』の声」を配信した。

 ***

「ポップUP!」は、この4月にフジテレビ系列でスタートした、平日昼(11:45〜14:45)の情報バラエティ番組。なぜ、他局からも「厳しい」と言われているのか、それは視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)を見れば一目瞭然だ。

 4月4日の初回視聴率が3・2%と“スタートダッシュ”に失敗。翌5日には2・1%、そして7日には1・6%にまで落ちこんでしまった。

 記事では《民放プロデューサー》が番組の問題点を指摘した。2点だけ紹介しよう。

《まずはMCです。局アナ2人でウラ番組に対抗できると本気で思っているのだとしたら大間違いです》

《番組のテンポも内容も緩すぎですね》

 それから1カ月が経ったが、状況は全く変わっていないようだ。情報番組のベテランスタッフは、「視聴率が改善しなくても番組の評価が上がれば、また違うのでしょうが……」と言う。

「例えば、『ラヴィット!』(TBS系列・平日・8:00)も視聴率では苦戦していますが、SNSを見ると熱心な固定ファンが付いていることが分かります。川島明さん(43)のMCも好評ですし、他番組にはない独自路線を好んでいる視聴者もいます」

内容が薄い!?

 なぜ「ポップUP!」の“発信力”は低いのか。原因は「放送内容に独自性がない」(同・スタッフ)からだという。

「番組内のコーナーが“◯◯っぽい”企画ばかりです。テレビが好きな人なら、『ラヴィット!』や『マツコの知らない世界』(TBS系列・火・20:57)、『ヒルナンデス』(日本テレビ系列・平日・11:55)といった番組に“元ネタ”があるのはすぐに分かるでしょう。人気番組の寄せ集めみたいな感じがするのです」(同・スタッフ)

「ポップUP!」を擁護するとすれば、今の時代、独創的なコーナーを生み出すのは難しい。テレビの制作現場はどこも、時間の余裕も予算も失われてしまっているからだ。

「とはいえ、どの局のスタッフも、元ネタと目の付け所を変えるとか、演出に凝るなど、“パクリ”や“二番煎じ”と言われないよう工夫しているのです。ところが『ポップUP!』には、そうした努力が感じられません。さすがにこの内容では、毎日見ようという気持ちにはなれないでしょう」(同・スタッフ)

「華の嵐」

 もちろんフジテレビも危機感を持っているという。制作現場などからは早くも“リニューアル案”が出ているそうだ。

「その中でも注目されているのが、“昼ドラ復活”だそうです。別に『ポップUP!』を終わらせる必要はありません。番組の中でドラマを流すのです。日本テレビの『ZIP!』(平日・5:50)でも8分程度のドラマが放送されています」(同・スタッフ)

 30台以上の方々なら、かつてフジテレビが平日の午後1時台後半に、連続ドラマを放送していたことをご存知だろう。

 フジ系列の東海テレビが制作していたことから、ウィキペディアでは「東海テレビ制作昼の帯ドラマ」という項目名になっている。

 1964年の「雪燃え」から始まり、2016年の「嵐の涙〜私たちに明日はある〜」まで214作品が放送された。

 高木美保(59)と渡辺裕之(1955〜2022)の「華の嵐」(1988年)、横山めぐみ(52)の「真珠夫人」(2002年)、大河内奈々子(44)と小沢真珠(45)の「牡丹と薔薇」(2004年)といったヒット作は今でも話題になることが多い。

「ドラマが終わっても、そのまま『ポップUP!』を見てもらうというのが狙いですが、もともと“昼ドラを復活してほしい”という視聴者の要望は、フジテレビに多く寄せられているのだそうです。決断すれば歓迎する声は多いはずです」(同・スタッフ)

MC問題も重要

 スタッフ氏は、「お昼のクイズ番組を復活させるのもいいかもしれません」と言う。

「TBS系列で放送された『ベルトクイズQ&Q』(1969〜1980年)が代表例ですが、昔はお昼にクイズ番組がよく放送されていました。フジテレビは『ネプリーグ』(月・19:54)や『潜在能力テスト』(火・20:00)などを放送しており、クイズ番組にはこだわりがあるようです。『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ・平日・22:00)という個性的な番組も放送しています。“お昼にフジのクイズ番組を見たい”という視聴者もいるようです」(同・スタッフ)

「ポップUP!」の人気が低迷している理由として、佐野瑞樹アナ(50)と山崎夕貴アナ(34)という“社内人材”にMCを任せたことが大きいと言われてきた。

「当初は不振だった『バイキングMORE』が人気番組になったのは、やはり坂上忍さん(54)という強烈なMCが“番組の顔”になったからです。局アナのお二人には荷が重いでしょう。新MCの就任と番組内ドラマのスタートを発表できたら、『ポップUP!』に注目する視聴者も増えるのではないでしょうか」(同・スタッフ)

デイリー新潮編集部