7月期ドラマが始まった。新作はプライム帯(午後7時〜同11時)で期待値の高いドラマはどれか。特に推せる3作をご紹介したい。

日本テレビ「初恋の悪魔」(土曜午後10時)7月16日スタート

 主演はともに若手演技派の林遣都(31)と仲野太賀(29)。やはり演技力では定評のある柄本佑(35)や大御所・田中裕子(67)が共演する。これ以上ないと言って良いくらいのキャスティングである。

 脚本を書くのはフジテレビ系「大豆田とわ子と三人の元夫」(2021年)などの坂元裕二氏(55)。今、最も世界的に評価されている日本人脚本家だ。東京芸大大学院映画専攻の教授も務めている。

 もっとも、いくらうまい俳優と立派な脚本家を揃えようが、それだけでドラマが成功するとは限らない。だが、この作品は設定が斬新で、面白そうなのだ。

 物語の中心人物は境川警察署に所属する警察官たち。鹿浜鈴之介(林遣都)は刑事課に勤務するものの、現在は停職処分中。馬淵悠日(仲野太賀)は総務課の職員。交通安全ポスターの用意からコピー用紙の補充までしている。地味な仕事をこなしている。

 小鳥琉夏(柄本佑)は会計課職員だ。一般企業の経理課のような仕事をしている。刑事ドラマの華やかな世界とは程遠い日々を送っていた。

 もう1人の仲間が、松岡茉優(27)が演じる生活安全課の刑事・摘木星砂。今は万引きなどの捜査を担当しているものの、かつては県警本部の捜査1課に所属し、凶悪事件を担当していた。何かがあって1課を外されたようだ。

 この4人で事件解決を目指すものの、うち3人は捜査権がない。さて、どうするつもりなのか。

 ちなみに4人には出世欲がない。暑苦しい正義感も。追い求めているのは真実。プロの刑事たちとは違った視点で事件に切り込む。4人にはいつしか友情が芽生え、恋の華も咲く。

 およそ警察ドラマらしからぬタイトル「初恋の悪魔」とは、どういう意味なのか。坂元作品だけに深い意味があるはず。最終回までには分かるだろう。

 キャッチコピーは「小洒落てこじれたミステリアスコメディー ここに誕生!」。

 坂元氏は硬質な作品が多いものの、コメディーも得意。天海祐希(54)主演のフジ「トップキャスター」(2006年)や「大豆田とわ子――」などがそう。今回も愉快な作品になりそうだ。

 演出は水田伸生氏(63)。坂元氏とは「Mother」(2010年)、「Woman」(2013年)、「anone」(2018年)で組んでおり、気心が知れている。

 この3作品に出演した田中裕子は元監察医で開業医の小洗杏月に扮する。

フジテレビ「テッパチ!」(水曜午後10時)7月6日スタート

 ドラマ界内でかなり注目されている。まず「自衛官たちの青春」というテーマが新しい。

 防大出身者や航空学生出身者らエリートではなく、2士になる前の自衛官候補生にスポットを当てる。災害派遣時に泥にまみれて住民を救う現場兵士の卵だ。エリートばかり描かれたって面白くないのである。

 公立中学校出身者なら、同窓生に現役自衛官やOBが1人や2人、いるはず。平凡な同級生(元ヤンキーもいる)が、厳しい訓練によって大きく変わる。「国民のためなら命捨てます。そういう仕事ですから」と、サラッと口にするようになる。エリートの物語より、こちらのほうが興味深い。

 主演は町田啓太(31)扮する国生宙。高校時代はラグビー部のエースだったが、独りよがりなプレーによってチームメイトから非難される。孤立したまま引退。高卒後は定職に就かず、その日暮らしだった。

 その後、工事現場で働き始めたものの、ケンカで警察沙汰になり、クビに。家賃も滞納しアパートも追い出される。

 そんな時、陸上自衛隊3等陸佐でリクルーターの八女純一(北村一輝 52)から自衛官候補生にスカウトされた。

「おまえにピッタリな仕事を紹介してやる! 寮完備で3食メシ付き。体力自慢のおまえには持ってこい!」

 自衛隊あるあるだ。リアリティーに満ちている。

 自衛官候補生になった宙はさまざまな仲間と出会う。音楽隊に憧れる馬場良成(佐野勇斗 24)、元ヤンキーの荒井竜次(佐藤寛太 26)、ガンマニアの丸山栄一(時任勇気 30)、かつて芸人を目指していた渡辺淳史(坂口涼太郎 31)。脱落組も出るだろが、大半は国防の人に変わるはずだ。

 防衛省が全面協力する。このストーリーでOKを出したのだから、自衛官にやんちゃだった人がいるのを隠すつもりはないのだろう。

 プロデューサーが栗原美和子氏(57)であるところもドラマ界内で話題になっている理由だ。かつて長瀬智也(43)主演の「ムコ殿」(2001年)など数々のヒット作を放った。太田亮常務(63)の右腕だった。

 最近は子会社の共同テレビで管理職的な業務にあたっており、「テッパチ!」は約5年ぶりの現場復帰作となる。ちなみに漫画の原作がありそうだが、オリジナル作品だ。

TBS「ユニコーンに乗って」(火曜午後10時)7月5日スタート

 主演は若手演技派の永野芽郁(22)。巨匠・山田洋次監督(90)の秘蔵っ子で、映画「キネマの神様」(2021年)のヒロインに起用された。準主演で西島秀俊(51)が出演する。

 永野の主演連ドラは日本テレビ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜(2021年)以来1年ぶり。一方、西島の場合、主演映画「ドライブ・マイ・カー」が米アカデミー賞の国際長編映画賞を受賞してから、初のドラマ。2人は初共演となる。

 永野芽郁が演じる成川佐奈は教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEO。3年前に起業した。ユニコーン企業となり、世界を相手にするのが夢。だが、会社は売上・技術開発ともに伸び悩んでいた。

 ユニコーン企業とは「創業10年以内に10億ドル(約1300億)以上の評価額が付けられている非上場のベンチャー企業」。とんでもなく珍しい存在であることから、伝説の1角獣・ユニコーンにたとえられる。

「ドリームポニー」の行き詰まりに頭を悩ませていた佐奈を心配したのが、共同創設者・須崎功。杉野遥亮(26)が演じる。

 須崎は会社の現状に変化をもたらすため、即戦力となる人員の採用を佐奈に提案。佐奈もゴーサインを出したため、ネットを使っての求人が行われた。

 応募してきたのが小鳥智志(西島秀俊)。元銀行員の中年だった。

 小鳥はプログラミングの経験ゼロ。年齢も佐奈より、はるかに上。これは使いにくい。だが、熱い男だった。

「御社の理念である“ITの力ですべての人が平等に学べる場所を作りたい”という思いに強く共感し、ここにやってまいりました」(小鳥)

 佐奈は迷った末、小島を採用する。熱い中年男は会社を変えられるのか。夢のある物語になりそう。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部