「最強の一般人」木下優樹菜さんがADHDであることを公表し、大きな反響を呼んでいる。

 以前はとてもセンシティブに扱われていた、発達障害。変わった挙動の人を「アスペ」と呼ぶような差別的な風潮もあった。最近では栗原類さんや勝間和代さんなど、自ら公表する有名人も増えてきたことで、少しずつ風向きは変わってきている。職場でのミスが多い、人間関係を壊しがち……当事者のつらさはもちろんだが、支える周囲が疲弊する側面にも光が当てられ、「カサンドラ症候群」といったワードも知られるようになってきた。

 木下さんは診断に至った経緯を、「自分を知ろうと思っ」たからと語っている。ブレインクリニックの医師からは「前頭葉の働きが弱く、思考回路がぐちゃぐちゃ」と言われたそうだ。確かに忘れ物が多くスケジュール管理も苦手、前夫をイライラさせていたなど、思い返せば特性にあてはまることはいろいろあったそう。それでもタレントという職業柄、自覚が無くても周囲の助けで何とかなってきたことから、「生きづらさを感じたことはなかった」と笑顔で結んでいる。

 気になったのは、前週にあったちょっとした騒動との関連だ。田村淳さんから対談企画を持ち掛けられるも、他の出演者を見てドタキャンしたと暴露された。木下さんは動画で、刑務所に入った面々とは違うので、企画コンセプトにも自分のブランディングにも合わなかったと反論。淳さん側は理解を示すも、断り方が失礼だったと言って再び炎上していた。正直どっちもどっちという気もするが、他人とあつれきを生み続ける「一般人」のブランディングとは何なのか。ADHDを免罪符に奔放な言動を続けることなのか、と勘繰ってしまう。

名字疑惑や誹謗中傷……目立つ「弱者」としての訴えと高まる注目度

 思えば最近の木下さんは、真逆のイメージに舵を切って注目を集めている。恐喝するオラオラ系有名人でなく、誹謗中傷に悩む弱き一般人としてのアピールだ。

 先月は在日韓国人ではという長年の疑惑について語り、大きなニュースになった。「木下」ではなく「朴」と掲載された写真が出回っているが、自筆が汚かったので間違えられたのだという。韓国が好きで友人も多いことから、失礼な釈明にならないよう黙っていたと語った。慎重な姿勢には称賛の声も上がり、動画の再生回数は70万回を超えている。

 昨年末には、タピオカ事件に関する誹謗中傷によって「消えたほうがいいのかな」と思うほど追い詰められたと明かした。悪質なコメントは写真で残し、法的措置を考えているとも発言。すでに司法で決着がついているので気の毒と言えば気の毒だが、彼女が法的措置と言うと例の恫喝文を思い出してしまう。むしろ法的措置と言えば有無を言わせず相手を黙らせられるという感覚が、彼女に根付いているのではないだろうか。

 偏見にさらされる外国人、誹謗中傷に傷つくシングルマザー、先輩タレントに公開批判された厄介者、そしてADHD当事者。自分を弱い立場として語る動画の注目度は高い。「弱者ビジネス」の旨味に目覚めてしまったともいえるが、視聴者側の需要とも一致しているという困った点もある。「弱った木下優樹菜を見たい」という嗜虐的な心理である。彼女が悩みを吐き出すたびにネットニュースになり、動画再生数は急上昇。注目を集めたい木下さんと、ボロを出したら見逃すまいとチェックし続けるアンチの利害が一致してしまっている状況だ。

復帰から一貫しないブランディング 「弱者ビジネス」に見え隠れする悪いクセ

 交際するサッカー選手とのラブラブ写真を投稿して世間をざわつかせ、写真集も出版。かと思えば「子どものために」と同情を誘う涙の動画もある。注目は浴びてチヤホヤされたいが、おおっぴらに批判はされたくないから一般人というスタンスをとる。そんな木下さんの中途半端な態度も、反感を呼ぶ理由のひとつだろう。

 思うに彼女の悪いクセは、権力や数で圧倒して相手を黙らせることへの執着ではないか。どちらが裁判で勝つか。どちらが世間を味方につけられるか。タピオカ事件といい淳さんへの公開反論といい、「自分にはこれだけの後ろ盾や世論を動かす力があるのだから、あなたの負け」と力の論理で優劣をつけたがる考え方が透けて見える。再起のチャンスをつぶしてたまるかと、焦りが出すぎているのかもしれない。

 今回の公表が物議を醸したのも、世間を味方につける作戦と思われているからだろう。どんなに嫌な相手でも、体の特徴に関わることで中傷すれば集中砲火を浴びる。それを逆手にとって、アンチの口を封じ自分の言動を正当化したいだけ。そう疑う声も少なくない。

 当事者に悪口を言わないで。私の動画で理解を深めて。周囲は配慮して。間違ってはいないが、何となくこう言えばOKだろうと軽く口にしている印象を受けた。ただでさえ肩身の狭い当事者や家族は、どんな思いで見ただろう。

 弱者や被害者という立場は世間の同情を集めやすく、批判されにくい。木下さんが欲しがる、多数の支持を得た気分になれる。ただ彼女は気付いているだろうか、弱者だと振る舞いながら実は強者だったというケースこそ大炎上することを。彼女が勝ち負けにこだわり続け、多数派の論理で勝ちを重ねれば重ねるほど、弱者としての説得力は薄らいでいく。ADHDへの理解を深める活動を、という意気込みはすばらしいが、どこまで腰を据えて取り組むつもりかは正直わからない。セカンドチャンスを生かすか殺すかは、「最強」のこだわりを捨てられるかどうかにかかっているのだろう。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部