各局の新人アナが“初鳴き(=初めて放送でアナウンスすること)”を終え、無事番組デビューを飾るなか、ひときわ“大器の予感”が漂う新星を関西で発見した。大阪ABCテレビの福戸(ふくと)あやアナである。

 7月24日からは、夏の高校野球地方大会の情報を伝える「甲子園への道」(テレビ朝日系)にも出演していた彼女の素顔を探ってみよう。

 兵庫県西脇市出身、1999年4月7日生まれの23歳。今年春に慶應義塾大学総合政策学部を卒業し、テレビ朝日系列局である大阪のABC朝日放送に入社した。7月6日に朝の情報番組「おはよう朝日です」でデビューした際には「緊張してます。先輩方に基礎から徹底的に教えていただいたので、その成果が発揮できるように一生懸命頑張りたいと思います」と語った。同時にABCラジオの「おはようパーソナリティ 小縣裕介です」に出演、「ドッキリ! ハッキリ! 三代澤康司です」内のABCラジオニュースでは、初めての原稿読みに挑戦し、噛むことなく無事に初仕事を終えた。

 もともと甲子園に徹夜で並ぶほどの高校野球ファンだったという。「甲子園への道」出演は早くも“高校野球デビュー”となったわけだが、同時にかなり早い“全国地上波デビュー”ともなったわけだ。

数々のコンテストで活躍

 番組を観ていると、新人にしては並外れたアナウンス力であることに気づく。それもそのはずで、小学3年生のときにアナになる夢を抱いた彼女は、中学卒業後に「強豪の小野高校放送部に入部したい」と兵庫県立小野高校へ進学。放送部でアナウンス技術の練習に励む日々を送っていたのだ。中学1年生で「第39回兵庫県高校総合文化祭放送コンテスト」のアナウンス部門で銅賞を、翌年の第40回では金賞を受賞し、近畿大会でも優勝するなど2年連続で全国大会に出場を果たしているのだ。

 2年生のときには「第63回NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会」アナウンス部門で準優勝もしている。翌年の第64回大会では見事優勝に輝き、こちらも2年連続で全国大会に出場している。しかも3年生時には準決勝進出を果たし、入賞しているのだ。この直後には兵庫県大会の成績上位者というのが買われ、17年の第99回全国高等学校野球選手権大会の開会式の司会という大役を任されている。

 この経験によって「自分の声で挑戦する人たちを応援できるような仕事がしたい」という思いがより強くなったという。もしアナウンサーになっていなかったら子供のころから憧れていた“警察官”になっていたかもしれないというが、その佇まいはまさにアナウンサーに似つかわしい。

 女優の吉岡里帆似の“癒し系”でありながらキャラクターは明るく、居るだけでその場がパッと明るくなるような存在だ。朝食はご飯派だそうで、たくさん食べて1日の元気を蓄えますという彼女の元気を、視聴者にもぜひ分けてほしいと思う。

 目標とするアナウンサーは局の先輩で夏の甲子園大会のダイジェスト番組「熱闘甲子園」のキャスターを務めるヒロド歩美アナ(30)だそうだ。ヒロドアナといえば、野球中継以外にもダウンタウン・浜田雅功の司会でお馴染みの「芸能人格付けチェック」の進行役でも知られている、看板アナだ。その後継者になる可能性を大いに秘めている福戸アナに期待したい。

上杉純也

デイリー新潮編集部