急激な円安もあってか、モノの値段が軒並み上がっている。回転ずしの大手、くら寿司でさえ「1皿100円」を9月いっぱいで終了する。そんな中、ある価格改定が話題に。

「9月13日にジャニーズ事務所が、主催するコンサートのチケット価格を改定すると発表したんです。今後発表される公演から順次、新価格での販売となるとみられます」(音楽記者)

 現在、ジャニーズ事務所主催コンサートのチケット価格は会場の定員規模などによって異なるが、最近の「King&Prince」のアリーナツアーなら8千円、「Hey! Say! JUMP」のライブツアーは8500円、「NEWS」のツアーは9千円といったところ。

「どれも1万円以下で、最前列の席も最後方の席も価格は同じ。ファンの間から価格改定のニュースに驚く声はさほど上がっていません。人気グループのチケットは取れるだけでラッキー。値段うんぬんより“もっと取りやすいと嬉しい”という声のほうが多い」(同)

 具体的な価格の上げ幅は未発表だが、500円から最大でも千円程度になると予想されている。

「仮に千円上げるとすれば、総定員が10万人規模のコンサートで1億円の増収となる計算ですね」

「熱心なファンに救われている」

 価格改定の背景には、当今ならではの事情が横たわっている。

「物価の上昇に伴い、コンサートの製作費用も高騰しているんです。ジャニーズのコンサートは大きなステージを組み、派手な照明やプロジェクションマッピングを多用するなど金のかかった作りです。原材料費、人件費、電気料金などの値上げが相次げば、当然、製作費は影響を受けざるを得ない。諸費用を抑えるなどコスト削減による対応も検討したものの、それでは従来レベルの公演を維持できないと価格改定に踏み切ったようです」

 創設者のジャニー喜多川氏を2019年に失ったジャニーズ事務所は直後、大きな苦難に見舞われた。20年に新型コロナが日本にもまん延。以後、これまでに30を超える公演が中止の憂き目に遭ったほか、人数を制限しての公演を余儀なくされるなど、少なからぬ損害を被っている。が、

「そこは熱心なファンに救われている形です。東京・渋谷のジャニーズ直営店で売られているオリジナルグッズは、今年5月に一部が値上げされました。ジャンボうちわが600円から800円に、コンサートパンフレットが2200円から2500円に。値上げ幅は最大で3割ですが、ファンたちは概ね“ジャニーズも大変だから”といった反応ですね」

喜ぶ同業者

 一連のジャニーズ事務所のチケット、グッズの値上げを誰よりも歓迎しているのは、他ならぬ“同業者”なのだという。

「どこの事務所やアイドルグループもこのご時世、チケットやグッズの価格を上げたいというのが本音でしたが、ファンの反応が心配でなかなか踏み切れずにいた。その中でジャニーズが先鞭をつけてくれた形になり、改定に着手しやすくなったというわけです」

 よもや値上げなんてできない――。この“恐怖症”は音楽業界をも覆っていたわけである。

「週刊新潮」2022年9月29日号 掲載