10年生存率5%「すい臓がん」を生き抜く術(下)

 早期の状態では症状がなかったり、特有の症状が乏しいすい臓がんは発見された時点で手のほどこしようがないケースが多い。「がんの王様」と呼ばれるゆえんだ。10生存率でみると胃がんと大腸がんが7割近いのに対し、すい臓がんはわずか5・1%である。

 ***

「7〜8年前まですい臓がんは罹患率と死亡率がほぼ同じでした。つまり、すい臓がんになれば、全員が死んでしまうことを意味していたのです」

 そう話すのは、富山大学大学院消化器・腫瘍・総合外科の藤井努教授である。実際、医師の世界でも「すい臓がんに有効な抗がん剤はない。患者を診る時は神頼みしかない」という時代がしばらく続いたのだ。

 ところが、01年から「ゲムシタビン」、さらに06年から「S―1」といった抗がん剤が登場してくる。これが、すい臓がんの治療を大きく変えた。

 一般に抗がん剤は手術の後に、取り残したがん細胞を叩くために使うと思われがちだ。一方、抗がん剤を先に使って手術可能なまでにがんを小さくしてから切除することを「コンバージョン手術」という。最近のすい臓がんの治療では、コンバージョン手術が行われることが少なくない。

 年間100件以上のすい臓がん手術を手掛ける静岡がんセンター肝胆膵外科部長の上坂克彦医師が言う。

「ここ数年の抗がん剤の進歩によって、手術できるかどうかのボーダーライン(切除可能境界)のがんを、手術に持ち込めるケースが目に見えて増えてきました。たとえば、S―1という抗がん剤を患者さんに術前投与し、さらに放射線治療も併用したところ、3分の2の患者さんでがんが小さくなって手術できるようになったのです」

 また、ステージIII以上のすい臓がんは、がん組織がすい臓から飛び出して、周囲の太い動脈に取りついてしまっている状態だ。抗がん剤は、こんな場合にも有効だという。

「すい臓の周囲の動脈を輪切りにして見た場合、その動脈の周りに、がんがびっしりと、こびりついた状態です。抗がん剤や放射線を使うと、そのがんが消えて手術できるようになるケースが増えるということです。飛躍的な進歩と言えるでしょう」(同)

 さらに、ここ数年、新しい抗がん剤も医療現場に登場している。

 前出の藤井教授が言う。

「5年前に『フォルフィリノックス』という新薬が出ています。これは抗がん剤など数種類の薬をカクテルにしたもの。また、3年前には『ナブパクリタキセル』という抗がん剤も使えるようになりました。実感として、この2つの薬が出てからは、すい臓がんの死亡率がかなり下がってきたと思います。かつて、宣告されたら“もって1年”と言われていた病気ですが、今はそれ以上生きる人が増えているし、“コンバージョン手術”で完治を目指すことも可能になってきました。私の感覚ですが、すい臓がん患者で改善の兆しが見える人の4割強は、コンバージョン手術の成果です」

 この、抗がん剤と手術の組み合わせで、すい臓がんが「普通のがん」になる日は来るのだろうか。

10億円で導入した「三次元放射線ビーム」

 すい臓がんを抑えこむ治療法は、抗がん剤だけではない。最近では新しい放射線機器による治療の試みも始まっている。

 もともと放射線治療は、手術と遜色のない実績があり、抗がん剤のような副作用が少ない治療法だ。だが、放射線治療には得意な臓器とそうでないものがある。呼吸や蠕動(ぜんどう)で動いてしまう臓器は、照射中にずれてしまうために、不向きとされてきたのだ。また、腸は放射線に弱く、間違って当てると穴を開けてしまう。すい臓も十二指腸の蠕動に合わせて2センチほど上下に動いてしまうため、これまで放射線治療が不得意な臓器のひとつだった。

 ところが、国立がん研究センター中央病院が昨年5月に導入した最新型の放射線治療装置は、これまでのものとは全く違う。すい臓のように「動く標的」でも照射できるのだ。

 同病院放射線治療科長の伊丹純医師が言う。

「これは、アメリカのビューレイ社が開発した『メリディアン』という放射線治療装置で、MRI(磁気共鳴画像装置)と放射線治療機を1台に組み合わせたものです。最大の特徴は三次元画像でがんと周辺の臓器の様子まで捕捉しながら、ピンポイントで放射線を当てることができること。具体的にはターゲットのがん部位をモニター画面でマーキングしておき、2つの画像が重なった瞬間に自動照射するというものです」

 言うなれば、これまでの放射線治療装置は散弾銃を撃つようなもの。一方、メリディアンはスナイパーが照準器付きのライフルで狙い撃ちするのに似ている。これで1台1000万ドルである。

 で、効果のほどだが、

「メリディアンが使えるのは、(遠隔転移しておらず)すい臓内に留まっているがんで、全体の約3割の患者さんが対象です。当病院で治療を行っている8例のうち、すい臓がんはまだ1例ですが、ステージIIIの患者さんに5回照射しただけで、この7カ月間、がんの増殖を完全に封じ込めることに成功している。また、協力関係にあるアムステルダムの病院ではステージIIIの患者さんの42症例すべてに改善が見られました」(同)

 メリディアンは、現在、保険が利かないため、5〜8回の治療に、210万円かかる。

「しかし、現在、世界の9つの医療機関で治験を行っており、結果次第では、数年で保険適用になる可能性があります」(同)

 伊丹医師によると、当面は、ステージIIIまでのすい臓がんをメリディアンで小さくしたうえで手術するという使い方を考えている。また、将来的には抗がん剤との併用で手術をせずに根治できる可能性もある。難治のがんに、ようやく光明が差し始めているのだ。

早期発見プロジェクト「尾道方式」

 がんと闘う技術は毎年のように進歩している。だが、すい臓がんの生存率は相変わらず低いままだ。前述の通り、自覚症状がほとんどなく、病院で見つかった時は手遅れというケースが後を絶たないからだ。

 ところが、「早期発見」を掲げて目覚ましい効果をあげている地域がある。広島県尾道市の「尾道方式」と呼ばれる早期発見プロジェクトだ。それによると「尾道方式」による5年生存率は20%超。全国平均と比べても3倍の成績である。しかもステージ0、ステージIという極小がんレベルでの発見例が相次いでおり、この段階で手術できれば5年生存率は7〜8割にまで跳ねあがる。

「もともと尾道という街は、地域の基幹病院と、かかりつけ医の連携が非常によく取れているんです」

 そう話すのは「尾道方式」の提唱者である、JA尾道総合病院診療部長の花田敬士医師だ。

「かかりつけ医は地元に密着しているので、患者さんのことをよく知っています。そこですい臓がんの危険因子とされるもので、2つ以上引っ掛かった方に、腹部の超音波検査(エコー検査)を受けてもらう。それで、少しでも異常があったら我々の病院に送り込んでくれる仕組みができているのです」

 その危険因子とは次のようなものだ。

・家族にすい臓がんを患った人はいないか。

・健康診断ですい臓に嚢胞(のうほう)が見つかっていないか。

・糖尿病を患っていないか。

・本人や家族が慢性すい炎を患っていないか。

・日本酒にして1日3合以上の飲酒をするか。

・喫煙はするか。

・肥満ではないか。

生存率を80%にする「ステージ0」発見法

 この項目に2つ以上該当した患者は、病院でMRIやCTによる検査を受ける。これで怪しいとなると、次に行うのが「EUS(超音波内視鏡)」による検査だ。EUSとは、先端に超音波装置を組み込んだ内視鏡で、胃まで内視鏡を送り込んでから、胃壁越しにすい臓のエコー検査を行う装置だ。胃から直接超音波を発信するので普通のエコー検査より格段に精度が高い。

「EUSでもがんの塊を見つけることができますが、それでも判断の難しい箇所があったら、最後にERCP(内視鏡的逆行性胆管すい管造影)を行うのです」(同)

 ERCPは口から入れた内視鏡を十二指腸まで通し、そこから極細のカテーテルを、太さ1〜2ミリのすい管にまで送り込むというものだ。カテーテルから造影剤を注入し、すい管内のレントゲン撮影を行う。そして怪しい箇所が特定されたら、その部分の細胞を取って細胞診まで行う。

 ERCPは入院が必要だが、ここまでやるとステージ0のがんを発見できる場合がある。ステージ0とは、すい管の上皮に極小のがんが認められるが浸潤がない状態を言う。手術をすれば完治できるレベルだ。

 尾道方式の導入によって花田医師のグループは07年から15年までの間に432例のすい臓がんを発見している。そのうち、ステージIが36例、ステージ0が18例だ。

 この成果は学会などでも注目されており、北海道帯広市、大阪市北区、熊本市などが「尾道方式」の導入を始めている。帯広市では、尾道方式に加えて「黄だん」や「腫瘍マーカー」もチェック項目に加えているという。

「がんの王様」を倒す試みは、ゆっくりとだが、着実に広がっているのだ。

「週刊新潮」2018年3月22日号 掲載