この季節になると、花粉症対策でマスク着用の人々を街で見かけることは多いが、特に近年は花粉症患者自体が急増し問題となっている。2017年末に発表された直近の調査では、東京都は都民のスギ花粉症推定有病率が48.8%にも上ったという結果を発表した。2人に1人が花粉症というのはあまりに衝撃的である。一体、どうして花粉症患者はここまで増えてしまったのだろうか。

 ***

 過去の調査によれば、東京都内のスギ花粉推定有病率は、1983〜87年度の調査では10.0%、96年度は19.4%、06年度は28.2%、そして先述の17年度は48.8%と、年々増加傾向にある。

 花粉症原因物質研究の第一人者で埼玉大学大学院理工学研究科・王青躍教授は東京都に花粉症患者が多い理由を次のように語る。

「ここ数年、花粉症の患者数は特に東京都で増加していますが、そもそもこれは関東全体の問題といえます。今年の関東は6年ぶりにスギ花粉が大量飛散するとの予想が出ていましたが、前提として関東周辺に杉があまりにも多すぎるということはある。ただし、意外に思われるかもしれませんが、花粉症の症状は花粉の飛散量自体とはあまり関係がないと考えられているんです」

 問題は花粉の“量”のことではなく、空気中で飛散している花粉と大気汚染物質が接触し、花粉が“爆発”する現象が問題を悪化させている“質”のことにあるという。

「花粉の大きさは、大体30ミクロン。これは、近年、大気汚染の原因として問題になっているPM2.5の10倍以上の大きさです。ところが、花粉が大気汚染物質と接触したり、雨に濡れたりすると、破裂する現象が起こります。花粉が破裂して粉々になると、PM2.5よりも小さいアレルゲン物質微粒子が放出され、結局、花粉の表面と中にあるアレルゲン物質が大量に飛散します。これが人間の鼻や喉のフィルターを通過し、肺の奥深くに入り込んでしまって大量曝露を起こしてしまうのです」

 王教授によれば、人間の体内には、花粉などのアレルゲンを入れられるバケツのようなものが備わっており、花粉に曝露され続け、このバケツがいっぱいになって溢れてしまうと、花粉症が発症するのだという。バケツの大きさには個人差があり、食生活やストレスなどの環境によっても異なるようだ。

やわになった体とアスファルト化が主な原因

 王教授の説明では、花粉と大気汚染物質の接触が花粉の大量曝露の原因とされている。しかし、年々、大気汚染自体は改善されているはず……。

「確かに日本では、PM2.5のような大気汚染物質は減少しており、10年前の10分の1程度になっています。では、どうして花粉症の患者が増えているかというと、昔は空気が汚かったために人間の体が花粉を異物として認識していませんでした。しかし、最近は逆に空気がきれいになったため、花粉アレルゲン物質がより異物として認識されるようになったからではないかと考えられます」

 空気清浄機を常時使用し、清潔な環境に慣れてしまうと、体の免疫力が低下してしまい、感染症などにかかりやすくなるという説もある。どうやら、それと似たような現象が花粉症にも起こっているようなのである。

 また、王教授によれば、花粉症の患者数は東京をはじめ関東以外に、大阪や名古屋、福岡などの都市部でも同様に増加しているという。その原因の1つには、アスファルトの問題もあるようだ。

「地方では花粉が飛散しても地面の土が花粉を吸収してくれますが、都市部の地面のほとんどはアスファルトで覆われています。アスファルトでは花粉が落ちても吸収せず、再び舞い上がってしまう再飛散の現象が起こり、花粉アレルゲン微粒子が空気中に滞留しやすくなってしまうのです」

 関東地方を中心に散布するスギの花粉についていえば、インフラ整備が進んだ都市ほど被害が生じるため、もれなく人口密集地帯である東京に降り注ぐというわけだ。

植え替えが進まず日本人の2/3が花粉症に?

 花粉飛散の原因がアスファルトにあるとすれば、花粉を吸着するアスファルトはつくれないものだろうか…。

「できなくはないのですが、現実的にはなかなか難しい。確かに、小さな穴の開いた多孔質の素材でアスファルトをつくれば花粉を吸着するかもしれません。しかし、耐久性に問題が生じる危険性もあるし、すべてのアスファルトを舗装し直すのは大変です。そこで有効だと考えられるのが、花粉を吸着する壁材です」

 実際、すでに壁材の新技術は開発されているという。

「例えば、群馬県のヤマダホームズという会社では、壁に木炭塗料を塗布して通電させる『ウェルネスエアー』というシステムを商品化していますが、これによって花粉の低減効果が確認できました。また、福岡県のカイケンコーポレーションという会社が開発した、赤貝の殻などからつくられた『幻の漆喰』という壁材も花粉を吸着する効果があります」

 花粉症の根本的な原因とされるスギの木を、花粉の少ない品種に植え替える事業も進められている。東京都では年間約60ヘクタールを目標に植え替えを行っているが、対象となる範囲は約3万ヘクタールもある。災害防止の観点から一気に植え替えることはできず、今のペースでは、すべて植え替えるまでに数百年もかかってしまう計算だ。

 そうなると、今後も日本、とりわけ東京においては、花粉症患者が増え続けることは論を俟たない。

「北米はブタクサ、ヨーロッパではイネ科の花粉症が、これまでも問題になってきました。ただし、海外で花粉症を発症する人はせいぜい人口の10%程度で、東京の花粉症患者の数は群を抜いています。今後、ますます東京で花粉症になる人は増えるでしょう。人口の3分の2が花粉症になることも考えられます」

 花粉症はもはや国民病という次元を超えて凶悪化しつつある。多くの分野の知見を結集して対処にあたる必要がありそうだ。

取材・文/星野陽平(清談社)

週刊新潮WEB取材班

2019年4月11日 掲載