人生100年といっても、喜んでばかりはいられない。健康を失った悲惨な年月が増えるだけなら、いくら老後資金が潤沢でも、幸福からは遠ざかってしまう。つまり、これからは老年格差が激化する時代。「負け組」にならないための処方箋を和田秀樹氏が授ける。

 ***

 少し前まで夢物語にすぎなかった「人生100年時代」が、いまでは現代日本のキーワードの一つになり、首相官邸には「人生100年時代構想会議」が設置され、超長寿社会のグランドデザインについて検討が重ねられています。

 その際に前提にされているのは、できるだけ長く現役でいられる社会です。もちろん、だれもが死ぬまで現役でいられるに越したことはありませんが、高齢者専門の精神科医として、30年以上にわたって経験を積んできた私から見ると、机上の空論にすぎない点が少なからずあります。

 たしかに現在の60代、70代は、30年前の同年代にくらべて元気で若々しく、体力的にも10歳分程度は若いと思います。100歳とはいかずとも、半数以上の人が90代半ばまで生きるような時代は、近くまで来ているはずです。

 とはいえ、私たちが100歳近くまで生きるようになる最大の理由は、若返るからではありません。医学の進歩によって病気が克服されて、死ななくなるからです。もちろん、さまざまな臓器が若返り、長く健康を維持できるならいいでしょうが、それでも脳の老化だけは止めることができません。脳の神経細胞は原則、細胞分裂せず、同じ細胞を使い続けるからです。

「早死にするか認知症になるかの時代」

 私はかつて浴風会病院に勤務していたとき、年間約100例の高齢者の病理解剖報告会に出席していましたが、85歳以上でアルツハイマー型認知症の変性が脳にない人は皆無でした。

 要するに、「人生100年時代」は極端にいえば、「早死にするか認知症になるかの時代」です。老後が10年から30年に増えた分、10年や20年を認知症とともにすごすということです。

 しかし、悲観することはありません。「人生100年時代」とは、言い換えるなら、老年格差が顕著になる時代。それは、心がけ次第で勝ち組になれる時代でもあります。

 そういう時代に向けての戦略は、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)の視点からも、老化をなるべく遅らせ、頭がシャキッとして体も動きやすい期間を長く保つこと。そして脳をなるべく長持ちさせ、仮に認知症になったとしても、その進行を遅らせて生活の質を維持すること。そのための対策を、これから解説していきます。

高齢者ほど個人差が大きい

 最初に、高齢者は個人差が非常に大きいということを認識しておいてください。それが考えられていないから、「人生100年時代」の構想が、机上の空論になってしまうのです。

 現在、65歳以上の高齢者は日本の全人口の29%ほどを占めますが、一口に「高齢者」と呼んでも、30代や40代と変わらないほど元気な65歳から、寝たきりの100歳まで実に幅広い。年代ごとに、またタイプ別にも、気を付けるべきことは変わってきます。

 そもそも高齢の世代では個人差が拡大します。たとえば10代や20代は、東大生と学力がビリのほうの若者をくらべても、知能指数はせいぜい75〜130くらいの間に収まり、極端な開きはありません。ところが高齢者は、80歳をすぎても第一線で活躍している学者や経営者がいる一方で、70代でも認知症で息子の名前すらわからなくなっている人もいるなど、差が非常に大きいのです。

 体力に関しても同様で、50メートルを走ったとき、若者は速くて6秒程度、遅くても10秒を少し超えるくらいですが、高齢者は80代でも10秒程度で走れる人がいる一方で、歩くことさえできなくなっている人もいます。

 こうした個人差を無視し、高齢者を十把ひとからげにとらえることに、私は疑問を感じています。

強い高齢者、弱い高齢者の間にあるグレーゾーン

 実は、強い高齢者と弱い高齢者の間にグレーゾーンがあります。70代、80代の多くはここに属し、高齢者の半数程度はグレーゾーンに該当するのではないでしょうか。そして、元気にすごして買い物などにも不自由がなかった人が、あるきっかけで寝たきりの弱い高齢者になってしまうのが、グレーゾーンの特徴です。

 ですから「人生100年時代」を実り豊かにするためには、グレーゾーンの人たちを老け込ませないこと、つまり勝ち組に近づけることが大切です。

 グレーゾーンから転落する「きっかけ」は、身内の死や過度のがん治療、あるいは運転免許返納から、最近ではコロナ禍の過剰な自粛までさまざまですが、私自身、こうしたきっかけで、みるみるうちに衰える人を数多く見てきました。

 たとえば、元プロ野球監督の野村克也さんは、奥さんの沙知代さんが亡くなってから、すっかり元気を失ってしまいました。

 がんの手術も、体力が奪われて寝たきりになってしまう危険性が高いという点で、私は高齢の方が受けるのを勧めていません。胃がん患者が転移を恐れて、胃の大半を切除してしまったりすると、食事を通して十分な栄養を取ることもできなくなります。王貞治さんも、手術後は痩せて、かなり老け込んでしまい、次第に歩くのも困難になってきています。

コロナ禍の「高齢者が危ない」という言説

 この2年余りのコロナ禍でも、「高齢者が危ない」といわれてきましたが、それこそ高齢者をひとくくりにすべきではありません。80代や90代で持病があり、免疫力が低下している高齢者にとって、コロナが脅威だったのは事実です。しかし、メディアなどがだれにとっても危ないかのようにあおったため、定年後の旅行を楽しみにしていた人たちや、おいしいものをたくさん食べようと思っていた人たちが楽しみを奪われ、老け込む結果につながってしまいました。その意味で、これからは、メディア情報のなにをどの程度信じるかというメディアリテラシーが、いままで以上に重要になってくると思います。

 それでは、グレーゾーンから転落しないために、すなわち老年格差が生じる社会で勝ち組になるにはどうすればよいのか、具体的に述べていきます。

医学より栄養学

 最も大切なのは健康寿命を延ばすことで、それには栄養が重要になります。実は、医学は栄養に無頓着です。医学とは病気という出っ張った杭をへこませるためのもので、結果として寿命は延びても、健康で元気な状態を保証してはくれません。健康寿命を延ばすためには、むしろ栄養学が重要で、よぼよぼになるまでは栄養学、よぼよぼになってからは医学なのです。

 栄養を取るうえで誤解されているのが肉です。肉はコレステロールが蓄積するからと、悪者にされがちですが、むしろ高齢者は肉を食べたほうがいい。タンパク質をたくさん取ることができ、それは筋肉や、脳内の神経伝達物質で精神を安定させるセロトニンの材料にもなります。淡泊な鶏むね肉などより、脂質の多い肉を意識的に食べたほうがいいと思います。

 コレステロールも最近の米国の研究では、少し高めのほうが長生きできるとされています。コレステロールは年を取ると体内で作られにくくなりますが、その値が低いと、うつやがんになりやすいというのです。

健康診断より大切なものは?

 コレステロール悪玉論を気にして、健康診断の結果に一喜一憂するのも、勧められません。健康を気にするなら、むしろ心臓ドックや脳ドックのほうが、急死を避けられるという点で有用でしょう。コレステロールの蓄積を示す脂質などの数値を気にするあまり、粗食になって老け込んでしまっては元も子もありません。一般的に、高齢になったら少しふくよかなほうが、健康的でいられます。

 また、免疫機能の維持にもタンパク質は有効で、コレステロールも免疫に寄与するといいます。日本人の死因に多かった脳出血は、かつてより少なくなりました。タンパク質の摂取で脳の血管が強くなったからだと思われます。また、戦前の日本は結核で亡くなる人が多かったですが、戦後、米国が脱脂粉乳を導入すると、一気に解決しました。健康長寿に栄養が影響することの証左で、それなのに肉を控えるなど無用の節制をすれば、かえって老化を促してしまいます。

男性ホルモンを増やすことの重要性

 コレステロールは男性ホルモンを増やすためにも有効で、実は男性ホルモンも、健康寿命の維持に大きくかかわっています。男性の場合、加齢とともに男性ホルモンが減少し、それに伴って性欲だけでなく、さまざまな意欲や人間関係を維持することへの興味、記憶力なども低下することがわかっています。

 逆に、女性は年を取るにつれ、男性ホルモンが絶対量としても増えていくことが、東日本大震災後に被災地で行われた調査からわかっています。高齢の女性は団体旅行などに生き生きと参加するのに対し、男性は定年後にぬれ落ち葉のようになってしまう人が多い原因がここにあります。

 カキやニンニクなどを食べて亜鉛を摂取することは、男性ホルモンを増やす方法の一つです。精がつくといわれる食材には、それなりの理由があるのです。ポルノに触れるのも有効ですし、運動一般も男性ホルモンを増やすことにつながります。男性ホルモンの減少が顕著だと感じられる場合は、病院に行ってホルモン充填療法を受けるのも、一つの手でしょう。栄養ドリンクなどを飲むよりは、よほど有効だと思います。

普通に生活すると使わない前頭葉

 健康寿命を延ばすために栄養摂取と並んで重要なのは、脳を使うことです。特に前頭葉を意識して使うことで、ボケを防止できます。前頭葉は一般に40代から老化が始まります。日本の平均年齢は46歳前後なので、日本人の6割程度はすでに前頭葉が老化していることになります。

 前頭葉が老化すると、新しいモノやコトへの対応力が低化していきます。40代を超えると、外食の際に行きつけの店にしか行かなくなったり、同じ著者の本しか読まなくなったり、料理をする際に同じレシピしか使わなくなったりするのがいい例です。

 しかし、前頭葉を使わなくても日常生活は問題なく送れます。ロボトミー手術を考案してノーベル賞を取ったポルトガルの精神科医、アントニオ・エガス・モニスは、統合失調症患者に手術を施して前頭葉を切り取ってしまっても、知能レベルが術前と変わらないと証明しました。要するに、普通に生活していると使わなくなってしまうのが前頭葉なのです。それだけに、新しい環境や新しい人間関係を意識的に作って、前頭葉を使う必要があります。

自分とは異なる意見に触れる

 たとえば、いつもは「正論」を読んでいる人が、あえて「週刊金曜日」を読んでみる。なにも共感する必要はなく、怒りを覚えるのでいいのです。テレビでウクライナ情勢についてのニュースを見たら、ロシアの立場に立って考えてみるのもいい。池上彰さんの解説を聞いてうなずいているだけでは、脳は老化してしまいます。いつもと違った情報に触れたり、反論を考えてみたりすることが、前頭葉にとっていいのです。

 いまの高齢者も、その手前の世代も、詰め込み教育で育ってきています。欧米では小中高で詰め込み教育を行い、大学でディスカッションを中心に考える授業を行っているのに対し、日本は大学でも、教授の考えを詰め込まないと点数が取れなかったりします。そんな学校教育で育ってきた私たちは、これまで前頭葉をあまり使ってこなかっただけに、意識して使う必要があるのです。

若者と高齢者の事故率はほとんど変わらない

 さきほど、なにかの「きっかけ」で「グレーゾーン」から転落してしまう人が多いと述べました。そのきっかけの一つに運転免許の返納があります。

 昨今、高齢者がひどい事故を起こした、というニュースがよく世間を賑わせます。そのたびにメディアは、高齢者は免許を返納すべきだと大合唱します。ところが、免許を返納することで「グレーゾーン」にいた人が弱り、ボケてしまうことが多いのです。私もそういう例をいくつも見てきましたし、事実、筑波大学の研究で、免許を返納すると6年後の要介護認定を受ける可能性が約2.2倍に増えることがわかっています。

 特に地方では、自動車は移動手段として欠かせませんし、運転してショッピングモールに行き、買い物するだけでもかなり歩き、いろいろな店を見て脳も刺激を受けます。免許を返納すれば、高齢者からそういう機会が奪われてしまいます。その結果、高齢者が自転車で車道をフラフラ走っているのは、非常に危険です。

 高齢者は事故率が高いと思われるかもしれませんが、実は、高齢者と10〜20代の若者とで、事故率はほとんど変わりません。70代以上にかぎると、確率は若者のほぼ2倍ですが、それでも事故を起こす確率自体は1万分の1。しかも、若者は他人を巻き込む事故が多いのに対し、高齢者の死亡事故は4割が単独で、自分一人で完結しています。

 こうした数字からも、私は以前から、高齢者が自動車を運転することは、メリットのほうが大きいと考えています。

 アクセルとブレーキを踏み間違えた、という事故が起きると、認知機能と運転の関係が指摘されます。しかし、アクセルとブレーキのペダルの区別がつかないほど重度の認知症であれば、車を運転する以前に、日常生活に支障をきたしています。事故を起こした高齢者の多くは、血糖値が下がりすぎたり、血圧低下によって意識が混濁していたのではないでしょうか。むしろ、栄養の摂取の問題に戻っていくのです。

認知症でも大統領が務まる

 認知症とひとくくりにされますが、軽度から重度まで幅広く、すでに述べたように、85歳以上でアルツハイマー型の変性が脳にない人はほとんどいません。しかし、それでも普通に会話ができ、生活できる人は多いのです。運転に関しても軽度の認知症なら十分に可能です。米国のレーガン元大統領は退陣後数年経って、アルツハイマー病だと告白しましたが、おそらく在任中から軽度の症状はあったと思われます。認知症でも大統領が務まるのです。

 できることを減らさない。これは健康寿命を延ばすために非常に重要で、いまできていることをやらなくなるのは、老化防止という観点から非常に危険です。その意味でも、免許は返納すべきではありません。

 薬だけでなく、コロナ禍の自粛にも、免許返納にも、副反応はつきものです。しかし、こうした副反応はすべてQOLに関わってきます。そして、QOLを維持して健康寿命を延ばさないかぎり、老年格差において勝ち組にはなれません。なにかを決断し、選択するときは、副反応のデメリットを考え、メリットとてんびんにかけたうえで選ぶことが大切なのです。

老後を見据えた人間関係を

 私は高齢者専門の精神科医を務めながら、病気になっても常に病室に家族や友人、後輩らが訪れて、多くの人に慕われている高齢者に憧れてきました。こういう人には、会社などで現役を退いてからも崩れない人間関係があるのです。また、こういう人は周囲の人たちとの交流を通じて、前頭葉をはじめ脳も刺激され続けています。

 ですから、まだ間に合うなら、現役のうちに老後を見据えた人間関係を築くといいと思います。

 しかし、こうしたことが、2年余りのコロナ禍で白紙になってしまいました。出かけなくなり、人と会えなくなって老け込んだ人が、どれほど多かったか、考えてみてほしいと思います。

 それを予防するには、意識してメンタルヘルスを保つことが大事です。Zoomなどは70〜80代でも意外と適応できるので、始めてみるのはお勧めですし、昔ながらの長電話も有効です。意識して人と関わり、日にあたってセロトニンを増やす。そうした一つ一つのことが「負け組」にならないために重要なのです。

和田秀樹(わだひでき)
精神科医(老年医学)。1960年大阪生まれ。東京大学医学部卒。和田秀樹こころと体のクリニック院長、国際医療福祉大学大学院特任教授。高齢者専門の精神科医として30年以上、高齢者医療の現場に携わっている。『「人生100年」老年格差 超高齢社会の生き抜き方』(詩想社)など著書多数。

「週刊新潮」2022年3月31日号 掲載