ついに国会で取り上げられ、警察庁長官までも言及するに至った悪質ホスト問題。女性客が高額な料金を請求され、売春させられる被害が相次いでいる。さらに被害はそれだけにとどまらず、社会の随所に悪影響を及ぼしているともいう。

 ***

 近頃、連日のように報じられているホスト絡みの事件は多くの場合、その背景に「売掛金」を巡るトラブルがある。

「平たく言えば売掛金とはツケのこと。ホストクラブの飲み代は1回で数十万円に達することもざらです。そこで、ホストは“俺が立て替えておくよ”と言い、売掛金にするのです。問題は客から売掛金が回収できなければ、ホスト個人の店に対する債務になってしまうところ。だから、ホストは客に売春させてまで、必死に金を得ようとするのです」(社会部記者)

カッターナイフでホストを刺傷

 11月だけでもホストクラブの中心地である東京・新宿の歌舞伎町を舞台に、ホスト絡みの事件が3件も報じられている。

 中でも凄惨(せいさん)だったのは11月5日、20代の女性が路上でホストとみられる男性をカッターナイフで刺傷し、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された事件。容疑者は被害者の男性に1千万円以上を使ったともいわれており、金銭的に追い詰められていた様子がうかがえる。

「8月から11月にかけて、“パパ活”の相手から金銭的援助を受ける方法をマニュアルにして販売したり、自らが男性から金銭をだまし取ったりしたとして“頂き女子りりちゃん”こと渡辺真衣被告(25)が、詐欺幇助罪や詐欺罪の疑いで複数回にわたって逮捕され、起訴された事件もありました。渡辺被告の詐取総額は約1億5千万円にも上り、20歳の頃からホストに多額の金をつぎ込んだ末の犯行だったとのことです」(同)

ホストが標的にするのは…

 なぜ、女性たちは沼にはまってしまうのか。歌舞伎町に事務所を構える公益社団法人「日本駆け込み寺」の理事で、悪質ホスト問題の相談を受けるため7月に発足した「青少年を守る父母の連絡協議会(青母連)」で代表を務める玄秀盛氏はこう語る。

「ホストが標的にするのは社交性に乏しく友達が少なかったり、メンタルが弱くて不安定だったりする女の子たち。狙いを定めたら枕営業も駆使して、ガッと恋愛感情を抱かせる。そして、何回目かの来店で勝負をかけます。誕生日などのイベントを口実に酔わせてあおって、1本30万円もするような高額なボトルを開けさせるのです」

大部分が“悪質”

 一度成功したならば、後はしめたもの。以降、ホストは何度も高額なボトルを開けさせ、女性を売掛金まみれに陥れていく。

「ホストは売掛金を負わせる際、“立て替えている俺は君を守ってあげたんだ”と錯覚させます。だから、女の子は“彼氏”のために頑張ろうと勘違いして、体を売るようになるのです。このようなマインドコントロールの手法にはマニュアルがあり、組織によってはホストにセミナーまで受けさせ、女の子を食い物にしています」(同)

 かつてはホストクラブといえば、金と暇を持て余した有閑マダムが男を侍らせる、雅なサロンのようなイメージだったが……。

「現在、歌舞伎町にはホストクラブが300軒以上あるとされています。しかし、まともな店舗はほとんどない。昔と違ってホストの大部分が“悪質”だといえるでしょう。青母連を立ち上げて以降、相談は急増しており、今は1日20件ほど寄せられています」(同)

 玄氏は今、現実的な対応策としてまずは売掛金を規制するべく署名活動をし、新宿区や政府と掛け合っている最中だという。

 それが功を奏してか11月16日、ようやく警察庁の露木康浩長官が悪質ホストへの取り締まりを強化する考えを示した。翌17日にも、新宿区の吉住健一区長がホストクラブに売り掛けの自粛を要請したが、いずれの実効性も未知数だ。

梅毒急増との関係

 なんとも恐ろしい悪質ホストの実態だが、被害者は女性だけにあらず。奴らは梅毒をまん延させる遠因にもなっている。近年、日本は梅毒患者が急増しており、2010年から22年の間に17倍に膨れ、1万人を突破した。その3分の1は東京に集中しており、感染対策などの公衆衛生をおろそかにしがちな立ちんぼは、まさにリスクの温床だ。

 玄氏は「歌舞伎町の立ちんぼの約8割が、ホストに貢ぐことが目的の女の子」だと指摘している。そう考えていくと、ホストと梅毒のまん延はやはり相関性があるといえるだろう。

 悪質ホスト問題の相談を受けている安井飛鳥弁護士によれば、

「売り掛けとは大まかに言えば代金の貸し借りです。さまざまな業種で行われており法的な規制は難しい。ただし、悪質ホスト問題には喫緊で対応策が求められています。現実的には例えば、消費者契約法上のデート商法の被害者救済規定等の拡充があり得るかもしれません。客側にもホスト依存から脱したいという意識が必要ですが、これなら現行法で“弱みに付け込んだ貸し付けは無効だ”と売掛金をナシにできる場合もあるでしょう」

 被害女性たちは売掛金を払うため、立ちんぼとなり梅毒をまき散らし、詐欺マニュアルを使って男性から金を巻き上げ、追い詰められた果てに傷害事件を起こす――。“諸悪の根源”悪質ホストにメスを入れることはできるか。

「週刊新潮」2023年11月30日号 掲載