宮邸の改修問題がテーマに

 秋篠宮さまは11月30日に58歳となられた。それに先立って会見を行われたが、記者からのメインの質問はこの1年の間、国民の間で注目を集めてきた「宮邸の改修問題」についてだった。その回答に対しては、宮内庁内では驚きの声もあったとされる。

 秋篠宮さまは58歳の誕生日を迎えられるにあたり、宮内記者会との会見に臨まれた。会見で多くの時間が割かれたのが、「宮邸の改修問題」だった。これまでの経緯を簡単に振り返っておくと……。

「2019年2月にご一家の“仮の住まい”が約9億8000万円の公費をかけて完成しました。その後、20年3月に宮邸改修工事がスタートし、22年9月に完成しました。工事が完了するまで2年半もかかったのは、コロナ禍での工事中断などがあったせいです。そして、その他の関連する工事が発生するがわかり、もともとは約34億円とされていた工費が50億円を超えることは確実だといわれています。このコスト増について厳しい意見などもネットを中心に見られました」

 と、担当記者。

佳子さまの1人暮らし

 関連して国民の間で注目を集めたのは佳子さまが仮の住まいで生活されているという点だった。

「当初はご一家全員で新宮邸に引っ越されるという前提だったものが、そうではなくなり、佳子さまが仮の住まい(現在は分室と呼ばれている)で生活を続けていらっしゃるということです。分室は仮の住まいとしての役割を終えれば、秋篠宮家を担当する皇嗣職職員らのスペースとして使われる予定でしたが、そのプランも変更されました」(同)

 佳子さまが分室で生活を続けることで、職員のスペースが減り、その分を別の場所に増築するなどの「しわ寄せ」が出てきたと報じられたこともあった。

 今回の会見で秋篠宮さまは、佳子さまが分室で生活をされることになった経緯について問われ、以下のように回答された。

驚いた「発言」とは

《これは当初、この改修工事が始まる時に、私と妻もそうでしたし、それから娘たちも両方とも最初から、改修した後の所に、当時は長女と次女二人ですけれども、部屋を設けないという考えを持っていました。理由としては、いずれはこの家から出ていくであろう、実際に一人はもうその前に結婚しているわけですけれども、娘たちの部屋をそこに用意すること自体がある意味無駄になるという考えからです。そのことを両方、つまり、私たちも思っていましたし、娘たちも思っていましたので、話合いというか、ある意味、その認識を確認したということで、非常にすんなりと決まったことでありました》

 この回答は今年6月の皇嗣職の説明と合致するものだったが、先の記者は「この発言に驚いた」と振り返る。

「秋篠宮さまは眞子さんと佳子さまが小さなころから、“あなたたちはこの家から出て行く立場だから”と伝えてきたというふうに言われてきましたが、今回、ご自身の口からその言葉が出たことに驚きました。宮内庁内からも同様の反応がありました。“敢えてそんなことをここで持ち出さなくてもよかったのではないか”といった具合ですね」(同)

敢えて持ち出さざるを得なかった背景

 宮内庁が別居をすでに認めているのだから、その背景を説明するのは不思議ではないのだが、なぜ“敢えてそんなことをここで〜”という反応があったのか。

「聞こえてきたのは、“極端なたとえにですが、一般家庭で考えた場合、家を建て替える際に、いずれお前は結婚して出ていくのだから、個室を作らないと両親が言ったら、何かしらのハレーションが起こるのではないか。里帰りということもあるだろうし……”というような声でしたね」(同)

 もちろん、眞子さんや佳子さまも、部屋を作らない方針を了解していたというふうに秋篠宮さまは説明されているわけだが、なかなかそれをそのまま受け取る向きはそう多くないようだ。

「というのも眞子さんと小室圭さんとの交際から結婚までを常にサポートしてきた佳子さまは、その件をめぐって秋篠宮さまと時折、衝突のようなものがあったとも言われており、それが別居とつながっているのではないかとの見方は依然としてあるんですよね。つまり将来の人生設計に基づいての方針ではなく、あくまでも現在の人間関係によるものではないか、という推測です」(同)

タイムリー問題

 今回の会見で秋篠宮さまは、別居その他の事情を説明しなかった理由の一つとして、プライベートなことであるからという話もされていた。皇族であってもプライバシーが尊重されるべきなのは当然で、国民の多くは秋篠宮ご一家が平穏な日常を過ごされることを望んでいるだろう。

 さらにネット上でのバッシング、あるいは一部報道については次のようにお話をされている。

《何と言いますか、それを目にしなければ気にはならないわけですね。目にすることもやはりあるわけですけれども。今、お話ししたように、ではどれくらいの人たちがそういうことを書いているのか、発信しているのかということによって、こちらの認識というのも変わってくるということですね》

 また関連して、宮内庁側が「正確な情報をタイムリーに出していくこと」が大事だ、とも話されている。

 いわゆる「小室さん問題」以来、なにかの歯車がうまくかみ合わず、宮内庁もその修正ができない状況が続いているのは事実だ。

 会見では、ウクライナ侵攻、イスラエルとハマスの問題、地球温暖化、新型コロナ、クマの被害、藤井聡太、大谷翔平の活躍等、実にさまざまなテーマについても触れられている。

 にもかかわらず、クローズアップされるのが「引っ越し」「別居」に関する部分ばかりになっているのも、その状況ゆえだろう。それだけに“敢えて”ご自身の言葉でできる限りの説明をなさろうとしたということだろうか。

デイリー新潮編集部