1966年6月、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で味噌製造会社の専務一家4人が惨殺された、いわゆる「袴田事件」。その犯人とされ、無実を訴えながらも死刑判決を受けた袴田巖さん(87)と姉のひで子さん(90)の戦いを追う「袴田事件と世界一の姉」の40回目。静岡地裁での再審(國井恒志裁判長)は半分の7回まで進み、事件や捜査そのものへの疑問点に弁護団は積極的に踏み込み、法廷は熱気を帯びた。だが、そこには、いつもの老弁護団長の姿がなかった。【粟野仁雄/ジャーナリスト】

法廷に流れた巖さんの声

 1月17日、袴田事件の第7回となる再審の公判が行なわれた静岡地裁には、1995年に起きた東住吉事件の冤罪被害者である青木惠子さん(59)が駆け付けた。しかし、青木さんは抽選に外れ、傍聴することはできなかった。

 この日の裁判では、58年前の静岡県警での取り調べの音声が法廷に流された。音声の中で検察官は「どうだ、言ってみろや」「袴田、袴田、黙ってたって駄目だよ。お前、死刑になってもしょうがない」などと迫る。巖さんが「小便がしたい」と言うと、便器を取調室まで持ってきて小便をさせる音まで入っている。

 法廷で流された音声テープは、第2次再審の即時抗告審で検察から開示された23本のテープの一部。弁護団の留置人出入り記録の調査では、巖さんの取り調べ時間は400時間以上に及んだが、開示されたのはわずか47時間分だった。

 また、第2次請求審では弁護団が、即時抗告審で開示された音声を浜田寿美男・奈良女子大学名誉教授(発達心理学・法心理学)が詳細に分析した鑑定書を証拠として提出したが、採用されなかった。浜田氏は、巖さんが事件を全く知らないからこそそうした供述になるという「無知の暴露」が供述調書のあちこちに散見すると指摘した。

「お前以外いない」

 袴田事件に40年以上もかかわる田中薫弁護士は、記者会見で「音声で実態を感じてもらえたと思う」と話した。

 田中弁護士は「巖さんの逮捕は8月13日の午後7時37分。午前6時40分に任意同行したので、この日の録音テープは10時間あるが、警察は『お前以外いない、認めろ』と言うばかり。さらに、検事の取り調べや裁判官による勾留質問もすべて清水署で行われた。きわめて異例です。だから袴田さんは、拘置所に行くまでの2カ月間、清水署内で留置室と取調室を往復するだけでした」と明かした。

 取り調べの音声の中で検事(吉村英三氏)は、当初、犯行時の衣類とされたパジャマについて「お前のパジャマには大量の血がついていた」と発言した。しかし、実際は血痕かどうか鑑定もできない程度のシミが付いていただけだった。田中弁護士は「どこが大量なのか」と憤った。さらに、田中弁護士は「『油の鑑定書がものを言っている』などと検事は迫ったが、放火に使ったとされた油の鑑定書が出たのは10月20日で、この時点ではまだ鑑定書はなかったんです」と言うから驚きだ。

 巖さんは体調を崩したが、その後も取り調べは続けられる。刑事に46分間ひたすら「お前以外に犯人はいない」と言われたり、「お前は娑婆に来られんか、死刑なんだぞ」と言われたりする音声が残っている。

自白の音声は無し

 9月6日、巖さんは松本久次郎警部の前で涙を流しながら「専務ら4人を殺したのは私です。申し訳ありません」と自白したとされている。

 田中弁護士は「この日の録音テープは10時間分もあるのに、肝心な自白の部分だけ録音がないんですよ。調書では巖さんが『岩本(広夫・警部補)さん、これまで迷惑をかけて申し訳ない』と謝罪し、『捜査官に諄々(じゅんじゅん)と話した』ことになっていますが、その音声はない」と繰り返した。

 テープに記録されているのは「自白」の前後ばかりで、そのほとんどが捜査官の言葉である。自白の瞬間の音声が存在するなら検察は喜んで開示するはずで、存在しないので開示できないと考えるのが当然だろう。

単独犯はありえない

 会見で事務局長の小川秀世弁護士は「巖さんの単独犯などありえず、怨恨などが原因の暴力団関係か何かの複数犯」と見ており、「警察は真犯人を逃がすために袴田さんを犯人に仕立てた。犯罪ですよ」と法廷での主張を振り返った。

 さらに小川弁護士は「気分が悪くなる傍聴者が出るなど混乱を招く」という理由で裁判での公開を止められたという犯行現場の遺体の写真を公開した。強調したのは遺体の写真に縄のようなものが写っていることだ。「(被害に遭った)家族は縛られていたはず。複数犯で縛って刺した。これは単独犯では到底できない」と強調した。

 小川弁護士の話は、事件の翌年の1967年8月31日、巖さんが勤めるこがね味噌の味噌タンクから発見され、犯行時の着衣とされた5点の衣類のズボンに及んだ。このズボンの「とも布(ズボンを買ったときにサイズ調整で余る端切れ)」が、巖さんの実家のタンスの中から見つかったことで、味噌タンクから見つかったズボンが巖さんの所有物だとされた。

「捜査官がタンスからとも布を見つけたとしている。ともさん(巖さんの母)はタンスにそんなものが入っていた記憶はないと言っていました。捜査員がとも布を持って巖さんの実家にやってきて、そこで見つけたように装ったのではないか。そもそも、とも布なら2枚あるはずで、見つかったのが1枚というのも不自然」(小川弁護士)

「胸を張って聞いていた」とひで子さん

 会見でひで子さんは「ひと山もふた山も越した雰囲気。今日は素晴らしかった。弁護士さんの苦労が報われる。大変な資料を読み込んでくれて本当にありがとう。胸を張って聞いていました。勝負は見えております。ありがとうございました。2日続きの法廷も疲れなかった。午前中は早く過ぎたように感じた。皆さんの反論がよかった、素晴らしかった」といつもになく少し興奮気味に話した。

 法廷で初めて聞いたという取り調べの音声については「巖がぼそぼそっと言っているのは分かったけど、言葉は聞き取りにくかった。巖は多くを語らない。泣き言は言わない。私たち家族にも(取り調べのことは)言わなかった。後で書かれたもの(巖さんが記したもの)でひどい取り調べのことは知りましたが、今日は刑事の調べ方をまざまざと感じて、こんなひどい目に遭っていたんだと改めて思った」などと話した。

 記者に感慨を再度聞かれると「巖が苦労したことはわかっているけど、可哀そうだどうのこうのよりも(再審開始決定を受けて)14年の3月に巖が出てきた(釈放された)ことが大きい。巖を助けていただいたと思っている」などと力を込めた。

 ひで子さんは「今まで(の裁判)はちょっと眠くもなったけど……」などと笑わせた。どんな時にも場を明るくすることを忘れない女性である。

熱を帯びる弁護団

 歴史的な再審無罪があと一歩に迫り、会見では弁護士たちも気合が入っていた。

 白山聖浩弁護士は「初めのうちは『俺じゃない』と元気に話していた袴田さんが次第に弱々しくなる様子が録音でよくわかり、悲しくなる」と話した。

 5点の衣類の血痕の色調変化を中心に調べてきた間光洋弁護士は「最高裁が差し戻したのは『捏造が疑われる』としてのこと。さらに、14年の静岡地裁に続き昨年の東京高裁も、捜査機関の捏造を前提にした決定を出している。これが基本」と強調した。

 角替清美弁護士は「この再審が意味のあるものになるには、差し戻し審の繰り返しでは駄目なのです。記者の方は検察の言い分と両論併記のような書き方をしないでほしい」と注文した。村崎修弁護士は「証拠が一つもないから捏造したのです。こんなわかりやすい話はない。子供でもわかる」と話した。

 報道によると、この日、静岡地検の奥田洋平次席検事は「自白で立証するものではなく、客観的に認められる間接事実を積み上げて立証すべきと判断した」とコメントしている。これまで「自白した」を金科玉条にしてきた捜査当局だったが、なんとも含みのある言葉だ。

西嶋弁護団長の姿はなかった

 熱気あふれる記者会見だったが、一抹の寂しさが漂った。車椅子に乗り酸素ボンベを携えて東京高裁や静岡地裁に通い続けた弁護団長の西嶋勝彦弁護士の姿がなかったのだ。数年前から間質性肺炎を患っていた西嶋弁護士は、1月7日に東京の自宅で倒れ、その後、病院で亡くなった。

 以前、東京・お茶の水にある弁護士事務所で西嶋弁護士を取材したことがある。西嶋弁護士は眼鏡の上から上目遣いにこちらを睨み、取っつきにくい印象だったが、穏やかな話しぶりで安堵したものだ。

 西嶋弁護士は14年3月の静岡地裁の村山浩昭裁判長の再審開始決定を振り返り、「再審開始は、ある程度、予想していたが、まさかすぐ釈放するとは思わなかったんだよ。慌てちゃったよ」と打ち明けた。「再審請求審で東京高裁が捏造に触れずに再審開始の決定文を書くことはできるのですか?」と訊くと、しばらく考えた後、「うーん。それは難しいなあ」と話した。その後、同高裁の大善文男裁判長は「捜査機関の捏造」を明記した開始決定をしたのだ。

 袴田事件では、事件の発生時、父と不仲でたまたま家におらず、1人生き残った当時19歳の長女(故人)が絡んでいたとも噂される。その可能性を率直に問うと「それはないと思う。そして、真犯人を探すことは弁護団の仕事ではない」と話し、言葉を慎んだ。西嶋弁護士は余計なことはせず、与えられた仕事をしっかりやるだけという信念だったのだろう。

 一昨年暮れ、本連載で筆者は西嶋弁護士に原稿の確認をお願いした。かなり日が経ったが返事がなく、特に問題はないのだろうと思い、そのまま配信した。ところが、西嶋弁護士から後日、「点検を頼んでおきながら先に配信するのは遺憾です」とメールが届き慌てた苦い思い出もある。

 結審後、判決までの間にもう一度、インタビューして、裁判を総括していただくつもりだった。年明け早々のまさかの訃報に言葉もない。

「最初は怖かった」とひで子さん

 福岡県生まれの西嶋弁護士は、中央大学を卒業後、今よりはるかに難関だった司法試験に合格、1965年に弁護士登録した。八海事件(51年)、徳島ラジオ商事件(53年)、島田事件(54年)などの著名な冤罪事件を手掛け、無罪に導いた。今流に言うと「無罪請負人」といったところか。袴田事件には第1次再審請求の90年頃から関わりはじめ、2004年から弁護団長を務める。

 弁護団の記者会見では、西嶋弁護士ではなく主に小川弁護士が説明していた。小川弁護士が楽観的な見通しを語ると、西嶋弁護士が「まだまだ油断はできない」と引き締めた。村崎弁護士が「日本の裁判所は滅茶苦茶。憲法違反ですよ。新聞記者ならもっとちゃんと書いてくださいよ」などと話が長くなると、「もうその辺でいいだろう」と西嶋弁護士が諭していたのも今となっては懐かしい。

 小川弁護士は「西嶋先生は雄弁ではなく固い印象でしたが、弁護団会議に支援者を参加させるなどしてくれた。その頃から温厚になった気がします。『もっと証拠捏造を強調すべきだ』とか、『警察の偽証罪も再審理由にしてゆくべきだ』とか、僕が突出した意見を出すと最初は先生に諫められたけど、最後には認めてくださった。弁護団会議で弁護士の意見がまとまらない時も、西嶋先生が『よしっ、それで行こう』と言うとまとまるんです」と振り返った。

 葬儀で弔辞を読んだ「袴田巖さんを救援する清水・静岡市民の会」の山崎俊樹事務局長は「毎年、年始に自作の一句をしたためた年賀状を送ってくださる。今年も届いたけど、出しそびれた私は、年始に会う時にお礼を言おうと思っていた。後悔しています。西嶋先生が一番嬉しそうだったのは、何といっても袴田さんが釈放された2014年の再審開始決定の時です。怖い印象だった先生が満面笑みでした。病躯を無理して頑張ってくださった」と感謝する。

 そして「西嶋先生の声はドスが効いて野太い。最初は怖くて話しかけられませんでしたよ」と懐かしがった。

 ひで子さんは「西嶋先生はすごく威厳があって、昔はあまり話もできなかった。でも、健康を害された頃からは性格が丸くなったのか、親しみやすくなりましたね。去年12月20日、再審裁判の待合室に一緒にいた時には、冗談を言い合って大笑いしたんですよ。まさか、それっきりになるなんて。せめてあと半年は生きていただいて、巖の無罪判決を見てほしかった。これだけは先生の運命かもしれないし、残念だけど、安心して旅立たれたと思います」と話した。

 ひで子さんや山崎さんらに届いた西嶋弁護士の最後の年賀状の自作句を紹介しよう。

〈春が来る 袴田姉弟 雪冤だ〉
〈小春日に 駿河路通い 車椅子〉

一審の裁判官は無実と知っていた?

 さて、本連載では以前、一審の静岡地裁は3人の合議で、巖さんの無実を主張していた熊本典道裁判官以外の2人も無実と知りながら死刑判決を下したのではないか、という趣旨の記事を書いた。このことについて小川弁護士は「さすがにそれはないでしょう」とのことだった。おそらくそれが司法界のみならず世の常識だろう。

 だが、無実かもしれないと思いながら裁判長が死刑判決を下すことは絶対にないだろうか。有罪認定なら死刑しかなかった袴田事件とはいえ、一審判決ですぐに絞首台に送られるわけではない。「何らかの事情」で死刑判決を下した裁判官が「どうせ控訴してくる」と考えても不思議ではない。事実、熊本氏も控訴審で覆ると考えていたという。

 一般に裁判官は、上級審で自らの判決が覆ることを本意としない。しかし、死刑判決を宣告した静岡地裁の石見勝四裁判長が45通のうち44通の供述調書を排除したのは、それらを証拠採用すると先の浜田教授の指摘通り無実が浮かびあがってしまうからではないか。任意性(自由意思で供述できること)がなかったことだけが証拠排除の理由ではなく、「初めに結論ありき」のために採用を避けたと考えている。

 1月17日の記者会見で田中弁護士は「裁判所で行うはずの勾留質問も裁判官が清水署に行ってやっていたんです」と話した。果たして裁判官は(とりわけ石見勝四裁判長。熊本氏は後年、山崎俊樹氏に対して「合議で石見裁判長は無罪に投じてくれると信じていた。まさかの有罪で愕然とした」と回顧している)は、巖さんだけに会って署を去っただろうか。

 裁判官が捜査幹部と接触していた可能性が十分に考えられる。田中弁護士の言葉は筆者に「何らかの事情」を思わせるのに十分だった。再審はあと7回開かれ、5月に結審する。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。