スポットライトは刑事に

「皇警さんは自分たちのことを『しょせん黒子(黒衣)』って自嘲しますが、本当の黒子は私たちですよ。黒子の中の黒子と言ってもいい」

 警視庁の元警視はこう話す。〝皇警さん〟とは、警察庁の附属機関で皇室の警衛・警備を専門とする「皇宮警察」の略称だ。皇警の警官は皇宮護衛官と称される。皇室関連の報道などでは、警備体制のニュースでチラホラと存在感を見せる皇警に対して、ほとんど話題に取り上げられることのない警視庁の皇室守護専門セクションが「警衛課」である。その知られざる実像を紐解いてみる。

 年頭視閲(観閲)式は、全国の警察で恒例となっている年明けイベントだ。しかしいずれも地元警察のローカルニュースにとどまり、全国ニュースで取り扱われることがあるのは、皇宮警察のみと言っていいだろう。

 江戸城天守閣跡の前というシチュエーションと、天皇陛下の専用車両「御料車」に調和する黒基調のシックなサイドカーに、金色の装飾を施したヘルメットなどの儀仗服が「画(絵)になるから」(民放テレビ社員)だ。

 一方、首都・東京の治安を預かる警視庁で、皇室警備を専門的に担っているのが警備部警衛課。だが警衛課の名称が皇警のように報道で取り上げられることは皆無である。だから「黒子の中の黒子」との自負心のにじむ発言になるわけだ。

 もともと警察モノの民放テレビドラマは、昭和の「太陽にほえろ!」シリーズ(石原裕次郎主演)に始まり、令和の「警視庁・捜査一課長」シリーズ(内藤剛志主演)と、スポットライトを浴びるのは刑事と相場が決まっている。刑事以外はたいていが黒子である。

「皇警が皇室にとって宮内庁と双璧の〝縁の下の力持ち〟と言うなら、私たちは皇警を下支えする役回りですからね」(同元警視)

 そもそも警衛とは、国家公安委員会規則の「警衛要則」第二条で「天皇及び皇族の御身辺の安全を確保するとともに、歓送迎者の雑踏等による事故を防止すること」と定義されている。警察では護衛対象を、大臣ら日本政府要人や国賓ら外国政府要人と、皇室とを明確に区別。前者の身辺警備を一般的な「警護」と呼ぶのに対し、後者を特に「警衛」と称している。

旧陸軍・近衛師団の〝後継〟?

 同要則第一条では「天皇の行幸、皇后、皇太后、皇太子及び皇太子妃の行啓並びにその他の皇族のお成りの場合」の警衛について規定されているが、要則の制定段階では上皇、上皇后、皇嗣、皇嗣妃は定めがなかったため、現状は「天皇、上皇の行幸」「皇后、上皇后、皇嗣、皇嗣妃の行啓」といった表現になるだろう。

 また警衛の主体は同第三条で「都道府県警察(が実施する)」とされており、同条三項で「皇宮警察及び都道府県警察は、警衛を実施するに当たり、緊密な連絡を保ち、相互に協力しなければならない」と決められている。これを踏まえて昭和三十八年に制定された都公安委員会規則の「警視庁組織規則」は第二十三条で〝都警察〟に該当する警視庁の警衛課についての分掌事務(受け持つ業務)を「警衛に関すること」と「皇居、御所及び官邸(宮邸)の周囲の警備に関すること」としている。

 戦前、旧宮家の閑院宮載仁親王もトップを務めた陸軍にあって、特に名誉なエリート部隊「近衛師団」とタッグを組んで皇居の警備を担当した皇警の、現在のパートナーが警衛課なのである。

 警衛課の関係者は、

「都県をまたいだ活動が特別に認められていて、私たちと同じ(警視庁)本部の十六階にいるSPや、国家公務員の皇警さんと違って、東京都の地方公務員なので、私たちのテリトリーは東京のみです」

 としたうえで、こう語る。

「ですが、東京には御所や宮殿が入る皇居、仙洞御所や複数の宮邸が入る赤坂御用地、常陸宮邸、寛仁親王妃信子さまが住まわれる宮内庁分庁舎が全て集中しています。全国四十七都道府県警の中でも警衛のウエイトは圧倒的です」

 SPはセキュリティーポリスの略称で、有力政治家らのボディーガード役を任された警備部警護課の課員。そして、同じ皇室守護のスペシャリストではあるものの、専従機関で半永久的に警衛の職務へ取り組む一点集中型の皇宮護衛官に対し、交番勤務も経験し「街のお巡りさん」としての広い視野を身につけつつ実践を積むエキスパート型が警衛課員だ。在任中はお忍びのプライベートな時間帯を含めて一年三百六十五日、警戒警備の警衛業務に当たっている。

トップはソウイチの課長と同等

 全都道府県警中、唯一の警衛専属の〝課〟として、警衛課は無二の経験値を重ねる。

「担当任務に警衛が含まれていても、実際には数年に一度、実務を経験するかどうかの他県の『PM』とは比べるまでもないはずです」(前出の関係者)

 ここで言うPMとは「Police Man(ポリスマン)」の略称。警察官を意味する、警察内部のいわゆる隠語である。警衛課長は、階級が警視ではなく警視正の〝上級課長〟だ。

 管内に皇居や丸の内、大手町といった「東京の顔」を抱える丸の内署トップ(署長)の椅子は、紆余曲折はありつつも代々、警衛課長か捜査一課長が就く栄誉あるポストとなっている。現署長も前署長も前職は警衛課長。逆に言えば警視庁の看板であるソウイチ(捜査一課)の課長と肩を並べる名誉職が、警衛課のトップなのである。

「マルケイ(丸の内警察署)にまつわる、昭和時代の噂話というか、都市伝説のような話を聞いたことがある。大企業の本社が多く集まる丸の内や大手町が管内にあるマルケイの署長は、退官する時に企業側から金額、数ともに結構なものになる餞別がもらえたと言われていた。だから、長年組織のために貢献した人物に与えられる『お疲れ様ポスト』などと言われていたそうだ」

 かつて警察幹部が、こう話していたのが思い出される。もちろん都市伝説の類(たぐ)いの話だとは思うが、仮に事実だったとしても、令和の今では時代が違い過ぎてありえないことだ。

 お代替わりで警衛課の体制にも変更があった。現在の体制は課長の下に警衛官と呼ばれる警視が置かれ、さらにその下にそれぞれ「警衛管理」「上皇警衛」「警衛第一」「警衛第二」「警衛第三」と名付けられた課長代理の警視を配置。庶務、上皇上皇后両陛下、天皇家、皇嗣家、そして常陸宮ご夫妻と三笠宮家及び高円宮家の三つの宮家を、各々担当している。

「それにしても…」と、ある警察関係者は打ち明ける。

「時代が移り変わって、警衛をめぐる環境も大きく様変わりしました。警衛課は皇居に隣接している警視庁本部庁舎の最上階に近いので、私たちは若い頃、廊下などの窓から見下ろすことがないよう心がけたものでしたが、今は気にしない連中も少なからずいるようです。行幸啓の警備で地方に行く機会の多い皇警の人たちが接し、目の当たりにする奉迎者は昔ながらの温かい歓迎ムードでしょう。しかし東京では少し様子が違ってきています。都会の人間は無関心か冷淡な反応が増えている印象があるからです。皇警が見ている皇室を取り巻く風景と、私たちのそれは違うのかもしれません」

 皇室の高齢化は進み女性皇族の結婚も続いており、皇族の減少、つまり皇室の先細り問題は新たなフェーズ(局面)に入っている。前述の警察関係者は「警衛の仕事が質、量ともに過渡期を迎えていることは実務上も肌感覚でも間違いない。皇室の存亡が今の政治家にかかっているのかと思うと、本当にはがゆい」と嘆いた。

朝霞保人(あさか・やすひと)
皇室ジャーナリスト。主に紙媒体でロイヤルファミリーの記事などを執筆する。

デイリー新潮編集部