地方創生が狭き門にした「早慶」「MARCH」を突破する法(上)

 今春の大学入試は受験生の涙がひときわ目立った。早慶に入れない、MARCHに入れない、日東駒専に入れない。私大文系の志望者が軒並み、狭められた間口に阻まれたのだが、その原因は“地方創生”。「都心部に多い私立大学の間口を絞り込み、少しでも地方に学生を流したい、という意図があります」(教育ジャーナリストの後藤健夫氏)

“あわよくば早慶、悪くてもMARCHのどこかに引っかかる”はずの生徒が、MARCHにも合格できなかった……そんなケースが増えているというのだ。では、どうすれば狭められた間口を突破できるのか、実践的に探っていく。

 ***

 大学関係者によると、

「今、3年から他大学に編入を希望する学生が激増し、説明会は大盛況で、1年生も多数参加している」

 という。彼らは入った大学に納得できないのだ。この状況に大学入試改革への不安も重なって、大学附属校の人気が急上昇している。附属校に入って大学入試を回避することのメリット、デメリットやいかに。

「3、4年前まで中学受験で附属校は不人気で、鉄壁のブランド力を誇っていた早慶附属ですら軒並み倍率を下げていました。ところがここ2、3年、受験者数はV字回復し、受ける生徒のレベルも上がりました」

 中学受験塾SAPIX小学部の教育情報センター本部長、広野雅明氏はこう指摘したうえで、附属校側の変化にも触れる。

「大学も少子化のなかで学生を確保するために、附属校の生徒を重視する方向に変わりつつあります。かつてはエスカレーター式で内部進学する生徒より、一般入試で入った子のほうが学力が高いイメージがありましたが、最近は大学側が内部進学者に高いレベルを求めるようになり、実際にレベルは上がっています」

附属校のアメとムチ

 広野氏が例に挙げるのは、明治大学付属明治中学だ。

「最近は英検準2級取得に加え、校内試験などのいくつかの基準を満たしていないと高校への推薦権を得られず、同様に、英検2級や校内の評定基準を満たしていないと、明大への推薦権をもらえません。一方、国公立大学や明大にはない学部を受験する場合、明大への推薦権をキープしたまま受験できるようになりました。頑張る子には“アメ”、頑張らない子には“ムチ”という方法で、大学側は学力のある学生を確保しようとしているのです」

 附属に入っても「遊び呆ける」心配は、以前ほどはないというわけである。

「中高一貫の進学校は、中2までのカリキュラムを中1で詰め込み、中3で高1の範囲まで終えてしまう場合が多い。脱ゆとりで勉強する範囲は広がっているのに、基礎を固める時期に詰め込みすぎると、どうしても授業についていけない子が出てきます。その点、附属校なら無理なく勉強を定着させられ、受験対策の慌ただしさがない分、部活動や語学の勉強などの時間も作りやすい」(同)

 あるいは、たとえば「なんとしても早稲田」という場合、広野氏によれば、便利な機会があるという。

「早稲田大学は最近、大隈講堂ですべての附属校や系属校との合同説明会を行うようになりました。冒頭に大学の説明があるので、保護者や生徒たちは大学の現状も知ることができるうえ、系列の学校を一気にチェックできます。法政大学や立教大学にも同様の説明会があります」

 さらには、お得かもしれない2校の名を挙げる。

「2010年にできた早稲田佐賀中学・高校には、早大進学を希望して首都圏から入る子が結構います。中学入試で早稲田の附属や系属はどこも難化していますが、早稲田佐賀や大阪府の早稲田摂陵は比較的入りやすい。それに寮制なので、思春期で難しい時期の子でも、勉強習慣が自然と身につくメリットもあります」

(下)へつづく

「週刊新潮」2018年6月7日号 掲載