眞子さま(26)との結婚に際し、現在、秋篠宮家から小室圭さん(26)には〈経済的な安定を得るべく転職も含めて進路を示す〉そして〈金銭トラブルを何らかの形で解決する〉という2つの課題が出されている。このたび米国へ留学することが明らかとなった小室さんだが、課題解決の“勝算”はいかに。

 ***

 小室さんが留学するのは、ニューヨーク州にあるフォーダム大学のロースクールである。期間は3年、気になる費用はといえば、

「フォーダム大ロースクールの出願料は70ドル(約7700円)ですが、年間授業料はおよそ5万9500ドル(約660万円)となっています」(在米ジャーナリスト)

 3年間でおよそ2千万円にのぼる授業料だが、小室さんは学費については奨学金を活用する。生活費は、現在勤務する法律事務所が小室さんを在籍させたまま支援するというのだ。

 ちなみに、同校で給付される返還不要の奨学金は、平均で1年間2万ドル(約220万円)。が、学生寮に入った場合、諸経費を合わせて年間およそ8万8300ドル(約980万円)が必要で、差し引くと6万8300ドル。仮に奨学金が得られても、年収およそ300万円前後とみられるパラリーガルの給与だけでは到底賄えまい。となれば、金銭トラブルを抱えながらも、留学に充てる蓄えはあったということか――。

 小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間に、400万円を超す金銭トラブルがあったと報じられたのは昨年末のこと。元婚約者は返済を求めるのに対し、小室母子は“贈与”であると主張し、解決をみないまま現在に至っている。

 そのトラブルの相手方である山田さん(仮名)が言う。

「3年間留学というニュースを見て、費用はどうするのかと驚きました。パラリーガルの人を、なぜ法律事務所がそこまで支援するのか分からないし、やっぱり佳代さんと圭君には貯金があったのでは、と考えてしまう。借りた金の返済が最優先だと思いますが、私への連絡は、ほとぼりが冷めて米国で資格を取ってからでも遅くはないと考えているのかもしれません」

一般女性でも3年は…

 さらに、こう断じるのだ。

「海外では圭君にSPはつかないから“税金の無駄使い”という批判もなくなると考えたのでしょう。でも、眞子さまを3年間待たせるというのはどうなのか。一般女性であっても、婚約相手が借金を抱えていながらこれから3年間留学し、その費用も他人に援助してもらうと聞かされて、納得できるものでしょうか」

 当の眞子さまはなお、小室さんに心を寄せられているご様子が窺えるのだが、

「今回の留学は、両家にとっていわば“同床異夢”の格好です」

 そう明かすのは、秋篠宮家の事情を知るさる関係者。

「小室さんは、殿下から出された課題の1つに応えられたと意気軒昂で、6月10日には報告もかねて佳代さんと宮邸を訪ねてきた。彼は、3年後にニューヨーク州の弁護士資格を取得した暁には、それをステップアップの証として今度こそ眞子さまと添い遂げようと考えているように見受けられます」

 が、宮内庁、そして秋篠宮ご夫妻の意図は、全く異なるのだという。

「国際弁護士という職を得て結婚を成就させたい小室家と、いわば“所払い”によって眞子さまと距離を置かせたい秋篠宮家の、当面の利害が一致しました。ですが、目指すゴールは違います。秋篠宮家にとっては“自然消滅となれば大いに結構”というお立場です。3年の間に、物理的のみならず心理的にも距離が広がり、お二人が別々の道を歩み始めれば御の字、というわけです。現に庁内には“おのずと常識的な結末を迎えるのでは”と、安堵するむきもあります」(宮内庁関係者)

 果たして、その思惑通りに進むのか。3年後に笑うのは、いずれの側なのか。留学が報じられた週末、仕事帰りの小室さんに問うと、視線を合わせぬまま足早に地下鉄の入口へと吸い込まれていったのだった。

「週刊新潮」2018年7月12日号 掲載