分かっていながら宮内庁「二重権威」のジレンマ(2/2)

 令和初の新年一般参賀では、天皇皇后両陛下が計5回、お出ましになった。上皇ご夫妻も午前中の3回お出になったのだが、昨年12月27日に開かれた宮内庁長官の記者会見では、記者からその“経緯”について質問がなされた。かねてより二重権威が議論されている中、四方が並ばれる一般参賀の在り方について宮内庁は検討をしたのか、という旨である。

 長官は〈上皇陛下のお姿を拝見して、今上陛下と並ぶ権威だと感じる人はそんなにいないのではないか〉と回答したものの、二重権威と映りかねない状況を調整するのは、本来、役所の仕事である。

 ***

 実際に、前述した長官会見では、以下のような激しい一幕もあったという。宮内庁担当記者が振り返る。

「上皇さまのお誕生日である12月23日に、前年と同じく総理大臣、衆参両院議長、最高裁長官ら三権の長が祝賀に訪れたことを、ベテラン記者が疑問視したのです。『天皇陛下だから特別な地位にある三権の長がお祝いする。それを上皇さまにも行うのでは、まるで同じお立場の方がお二人いらっしゃるかのようだ』と指摘し、受動的な形で二重権威が生まれる可能性に言及しました。これに長官は『30年間、天皇陛下として過ごしてこられた方に、敬意を表してお祝いに来るのは“自然の情”として当然ではないか』と反論したのです」

 長官は“お二方が同じ存在などとは誰も思わない”と、ベテラン記者の指摘を突っ撥ねつつ、

「『私の周りでも、上皇上皇后両陛下への尊敬の念は厚い』『そこへ総理大臣がお祝いに行ったからといって、天皇陛下と並び立つ存在であるなどと感じる人は、周りでは誰もいません』と言い切りました。なおも記者が『“自然の情”は理解できるが、天皇陛下以外の方に三権の長が同じように振る舞うのはおかしいのでは』と食い下がったのですが、長官は『こちらから呼びつけているわけではない。それは三権の長が判断して頂くことだ』と、議論を切り上げてしまいました」

上皇后さまへも記帳を…

 宮内庁関係者が指摘する。

「天皇陛下と同じく、皇后陛下もまた、お誕生日には三権の長の祝賀をお受けになります。実際に昨年の12月9日、この慣わし通りに雅子皇后陛下は宮殿で祝賀を受けられました」

 その一方、御代替わりに伴って規模は縮小されたものの、

「上皇さまのお誕生日には引き続き三権の長が祝賀に伺い、また台風19号の被害に配慮してすべての祝賀が中止になりましたが、10月20日の上皇后さまのお誕生日には、吹上仙洞御所で三権の長の記帳を受け付ける予定になっていました。近年、生前退位の前例がないとはいえ、ここで明確な根拠を設けておかないと、先々も権威の二重性を指摘されることになります」

 さらに続けて、

「幹部をはじめ職員らも、そうした結果を招くおそれのあることは承知しています。それでも、祝意を表したいと参じる三権の長に真摯なお気持ちで応じられる上皇ご夫妻に対し、ご再考を促すような進言など、現実的には不可能でしょう」

 ジレンマに煩悶する職員の心中は察するに余りあるが、その責めをメディアに転嫁したところで解決には程遠い。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「年末の会見で長官が『(二重権威と捉える人は)周りでは誰もいません』と発言したのは、いかがなものかと思います。異なる考えを抱く国民も当然いるわけで、指摘に対しては“今後は十分配慮して目を向けていく”と答えるべきだったのではないでしょうか。三権の長が上皇さまの祝賀に伺ったことを“情”で片付けてしまったのも、そうした配慮がないのだと感じます」

 加えて、さる皇室ジャーナリストはこう話すのだ。

「高輪へのお引っ越しが遅れ、引き続き皇居に住まわれているのも、あらぬ懸念を生じさせてしまう一因でしょう。上皇后さまがご体調を崩された秋口にも、ご夫妻は琉球舞踊ご鑑賞やラグビー観戦などのお出ましをなさっていました。ですが、肝心の荷造り作業はめどが立たないままなのです」

 しばらくは、お祝い事と悩み事が併存することになりそうだ。

「週刊新潮」2020年1月16日号 掲載