山口組「顧問弁護士」が明かす暴力団平成史 私が渡った危ない橋(2/2)

『山口組の平成史』の著者・山之内幸夫氏(73)は、1984年から三十数年、山口組の顧問弁護士を務めた。氏が経験した“危ない橋”、そして間近で目撃してきた暴力団の平成史は、いかなるものだったのか――。

 ***

 1989年に終結した山一抗争。その実話を基にした山之内氏のベストセラー『悲しきヒットマン』は映画化もされ、また中井貴一主演の映画「激動の1750日」もヒットを記録する。これをきっかけに、「強い山口組」のイメージは世間に浸透し、トラブルを抱えた経済界からの“信頼”も集めるようになる。

「(山口組)5代目が誕生した平成元年からバブル終焉後の1、2年が、ヤクザが史上最も金を持った時代です。債権回収や高利金融といった伝統的シノギから不動産の占有・競売、倒産整理、地上げにいたるまで、表経済を侵食した暴力団による『民事介入暴力』が全盛を極めたこの時代ほど、暴力が金を生んだことはありません。特に土地開発での莫大な利益に目が眩んだ大銀行から資金が流れた『地上げ』に参入したヤクザには、巨万の富を手にした成功者も少なからずいました。中でも、宅見さんは『西の宅見、東の石井(進・稲川会2代目会長)』と言われた経済ヤクザの頭目の一人でした」(山之内氏)

 89年当時のヤクザ全体の年間収入は1兆3千億円と言われ(溝口敦『暴力団』新潮新書)、当時のヤクザ人口8万6千人で割ると1人の年収が約1500万円になると推計された。山口組について言えば警察庁が同じ年の収入を年間8千億円と発表している。「金のないヤクザは首がないのと同じ」とまで言われた金満ヤクザの台頭である。

「大阪には北新地という歓楽街がありますが、92年頃まで私もよく宅見さんの秘書の方とご一緒しました。暴力団入店歓迎のクラブでは、着飾った民暴ヤクザの親分衆で賑わっており、皆さん体中に高価な装飾品をまとい、それを高級ホステスたちが褒めちぎるんです。ほとんどがブランドの話で私などとても付いていけません。同行の宅見組秘書も個人のシノギで地上げに関わっていて羽振りがよかった。ロールス・ロイスで店に乗りつけ、時計、ブレスレット、ネックレスほか身につけたものを合わせると1人で上代価格3億円分くらいはまとっていました。香水の匂いをさせ、現金をばら撒くのだから、下手なバブル紳士よりモテるのも当然です。クラブ通いが日課で月に数百万円も金を落とす御仁もいて、圧倒的に金の力が幅を利かせていたんです」

戦後最大の経済事件に

 組長の秘書ですらかくも金満ぶりを見せつけた当時、経済ヤクザの雄たる宅見若頭の名前も様々な経済事件の陰で見え隠れするようになる。

「宅見さんがバブル経済にどっぷりはまっていくきっかけは、親友だった岸本才三本部長率いる岸本組の組員、池田保次です。北浜の風雲児と呼ばれた仕手筋で、コスモポリタングループを束ねており、後に世間を騒がす許永中もそこで修業していました。私も何度か池田氏に会いましたが、とにかく如才がなく調子のいい物言いをする。彼の手がける銘柄に乗れば、簡単に大金が手に入る気にさせられるんです。池田氏は金のありそうな人間を誰彼なしに仕手戦に引き込み、その一人に宅見さんもいました。いくらか儲けさせてもらったのでしょうが、最終的には莫大な資金をつぎ込んだと推察しています」

 池田は87年のブラックマンデーで資金繰りを悪化させ転落の一途を辿るが、その時手元に残ったのが売り抜けに失敗した「雅叙園観光」の株だ。池田は同社会長として会社名義で260億円相当の融通手形を発行し、許永中氏とともに手形をカネに換える。闇紳士のエースと呼ばれた伊藤寿永光氏も雅叙園観光の仕手戦に投資して200億円を焦げ付かせている。

 融通手形を乱発された雅叙園観光はその後、許永中氏から伊藤氏を経由し大阪の中堅商社イトマンが引き受けるが、これが「戦後最大の経済事件」「闇の勢力に数千億円が流れる」と言われ、日本中を揺るがす経済スキャンダル、イトマン事件に発展するのである。

「闇の勢力とは宅見さんのことで、確かに伊藤さんは大きな地上げやゴルフ場開発を手がけており、2人が親密な関係にあったことは事実です。私も85年には宅見さんの紹介で東京・八重洲にあった伊藤さんの事務所でお会いし、ある用事を頼んでいます。業界では有名な『ハワイ囮捜査事件』で、山口組の最高幹部らが米当局に逮捕されたため、弁護士として急遽ビザが必要になった私に、伊藤さんが政治家と官庁を動かして、『ハワイ在住知人の病気見舞い』という名目でビザが発給されるよう尽力してくれたんです。米国に入国した際、『ビザの不正申告』と多額の現金を所持していたことを当局に咎められ、危うく拘束されるところでしたが、国会議員の神通力がきいたのか、危難を脱することができました」

 山之内氏は先ごろ、伊藤氏の出所後に電話で連絡をとったというが、日本経済の屋台骨を揺るがした昔日の勢いはなかった。コスモポリタン破産後、池田はぷっつりと姿をくらましたため、損失を被った裏社会に消されたという噂がしばらくたえなかった。周知の通り、宅見若頭は97年に中野会系ヒットマンに射殺される。

「天国と地獄」

「元々伊藤さんは歌手の西城秀樹を応援していた縁で、宅見さんとの親交が始まった」(山之内氏)とも言うが、伊藤氏と宅見若頭を結びつけた接点となった西城もすでに天上の人となっている。

 栄華を極めた日々の面影はすでになく、バブルの焼け野原に夢の痕跡だけが残された。

「余談ですが、後年のバブル終焉期に私も株取引にのめり込んだ時期があるのは、全盛期の仕手株のダイナミックな値動きを肌で知っていたことが一因しています。幸か不幸か私自身は仕手筋の誘いには乗らずにすみましたが。仕手戦に一度でも乗ってしまったら脳髄がしびれて真人間ではいられなくなります。私の場合は自分なりに株価チャートを分析、これはと睨んだ仕手株を空売りして、4カ月間で税引後の純利益が一時的に3億円を超えました。その利益で事務所ビルと立体駐車場を買うのですが、さすがにこれは世の中間違っていると思いました。ただし、その後の株価暴落で数億円の赤字を出し、きっぱりと足を洗いました。池田氏のようなプロですら人生を狂わされる魔力が株の世界にはありますね」

 時は流れて、山口組はいま、大分裂という未曾有の騒動の渦中にある。仕事柄、6代目、神戸山口組双方の首領と親交のある山之内氏の胸中も穏やかではないようだ。

「私は本人から聞きましたが、司忍6代目の稼業名は『耐え忍んで司る』という意味で、司さんが渡世入りしたときの先代親分が名付け親だそうです。その先代があの山一抗争で山口組を離脱する動きを見せると、司さんは迷わず親分に諫言、翻意させます。忠誠を誓った親分でも山菱の代紋に傷をつけるような下手打ちはさせなかったんです。その代わり生涯にわたって先代を敬い、献身を尽くした。そんな司さんにとって、山菱の代紋に泥を塗るような今回の分裂劇はさぞや痛恨の極みだったのではないでしょうか」

 2014年に、ロックアウトされた工場の入り口をこじ開けるよう依頼者に助言したという、「山口組顧問弁護士」でなければ立件すらおぼつかないはずの微罪(建造物損壊教唆罪)で在宅起訴、翌年に執行猶予付きの刑が確定し、弁護士資格を剥奪された氏は現在、事務所ビルも土地も売り払い、公団団地で侘び住まいの身だ。

 平成の30年間に山口組を見舞った「天国と地獄」を見守り、自身も「暴排」の大波にさらわれた男の老身に、蕭条たる風が吹きつける――。

「現在は、山口組というより暴力団全体が警察から『いじめてよい人種』と名指しされ、世の中からも忌み嫌われるという、ヤクザ史上最悪の時代です。山口組はいまもって分裂問題を解決できていませんが、身内で争っている状況ではありません。一日も早い終息を祈りつつ、双方から相談があればいつでも仲介のお膳立てに手を尽くしたい。それが私のできる最後のご奉公だと思っています」

 山口組4代の盛衰に立ち会ってきた元弁護士に「最後のお務め」の回り舞台は巡ってくるのか。

「週刊新潮」2020年2月13日号 掲載