シャバに出てきたばかりの元受刑者が、やっぱり刑務所のほうがマシと、わざと無銭飲食で捕まる。いわゆる“刑務所志願”というものだが、まさか見ず知らずの人を、2人もひき殺すとは……。容疑者の男は今後、どう裁かれるのか。

 ***

 5月31日午前7時55分頃、福島県三春町の国道288号で、ボランティアで清掃活動中だった男女がトラックにひき逃げされ、死亡するという事件が起こった。現場は、ほぼ直線の片道一車線だった。亡くなったのは、会社員の橋下茂さん(55)と同じく三瓶美保さん(52)である。

 この日、地元の清掃活動「桜川をきれいにする会」のメンバー約40人は、7時頃から草刈りやゴミ拾いをしていた。2人は町内会の班長になったのを機に、初めて清掃活動に参加。ゴミ拾いをしながら、路肩を一列で歩いていたところを、車体をガードレールに擦りながら加速してくる準中型トラックにはねられ、搬送された病院で死亡が確認された。

 所轄の田村署は通報を受け、ただちに緊急配備。トラックの行方を追っていたところ、同日午前中に、現場から南に約15キロ離れた須賀川市内で、車体前部が破損し路肩に止まっていたトラックを発見。運転席にいた、盛藤(もりとう)吉高容疑者(50)を、道路交通法違反(ひき逃げ)、中型免許を持っていなかったことから自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致死)の容疑で緊急逮捕した。地元記者が解説する。

「容疑者は逃げた理由を『怖くなって逃げた』と供述していた。そのため通常のひき逃げ事件だと思っていました。警察も翌日には福島地検に送検したほどですから。しかし、容疑者は事件の2日前に出所したばかりであること。『出所後の生活に不安があり、刑務所に戻った方がマシだと思った』『(ひき逃げの対象は)誰でもよかった』などと話し始めたことから、警察は捜査に交通部だけでなく、殺人事件を担当する刑事部も投入したんです」

 盛藤容疑者は、5月29日に出所したばかりだった。そのまま郡山市の知人宅に滞在し、知人の経営する会社で働くはずだった。しかし、31日朝に知人のトラックを盗んだ。およそ5キロ離れた現場に向かい、国道を歩く2人を発見する。いったんは通り過ぎ、Uターンして2人を襲ったのだ。

 刑務所に戻りたいという理由で、殺人事件を起こすなんてありえない。ちなみに、ひき逃げ(死亡の場合)は10年以下の懲役又は100万円以下の罰金、無免許過失運転致死は6月以上20年以下の懲役である。重くても20年以下の懲役というわけだ。捜査員たちにも、これだけで済ませるものか、という意識があったはずである。

殺人罪で起訴はされたが

「現場にはブレーキ痕もありませんでした。目撃者の話では、トラックはむしろ加速してきたと言います。そして、2人をはねた後、一度は停止したものの、すぐに走り去ったと。容疑者は『包丁などを使うよりも、車を使えば簡単に殺せる』とも語っているそうです。結局、6月19日、当初の無免許過失致死での立件は処分保留となり、容疑者をトラックの窃盗容疑で再逮捕。殺意を立証する証拠を集め、30日に殺人罪で起訴しました」(同・地元記者)

 警察と地検の執念といっていいだろう。それにしても、盛藤は一体、どんな男なのだろうか。福島県内にある実家の近隣住民は言う。

「盛藤吉高と報じられていたので、まさかとは思ったけど……なんで、あいつだけ、あんな人間になっちまったんだろう。親父さん実直な人だったし、後を継いだ兄貴も地域の活動に熱心で立派な人なんだよ。刑務所から出たばかりとニュースで言っていたけど、去年の親父さんの葬儀には参列していたんだけどね」

 つまり、刑務所生活はそれほど長くなかったということか。

「刑務所に入っていたというのもニュースで知ったほどだから、その辺はよく分からないけどね。でも、以前、会った時は、『塗装の仕事をしている』って言うから、しっかりやれよってハッパかけといたんだよ。カッとなるところがあるのかなあ。昔は結婚もしていたんだけど、女房が出て行っちゃってね。彼女の友人に居場所を聞き出そうとして、車に連れ込んだら警察に通報されて、監禁で逮捕されたこともあった」(同・近隣住民)

 別の住民も言う。

「パチンコ屋で球が出ないからと暴れて、警察の厄介になったと聞いたことがある。ただ、あくまで噂だよ」

「それにしたって、刑務所に戻りたいからって、なぜ人を殺すのかねえ。信じられないよ。亡くなった人も気の毒だけど、吉高の80半ばのお母さんは生きてるからね、そっちもかわいそうだよ」

 さて、殺人罪で起訴された盛藤容疑者には、どんな判決が下されるのだろうか。元検事で東京地検特捜部副部長も務めた若狭勝弁護士に聞いた。

「出所2日後の犯罪なら、累犯前科で刑は加重されます。殺人事件であることも明らかで、情状酌量の余地もありません。ただ、2人殺せば死刑などとよく言われますが、強盗目的だったり、チェーンソーで首を切るとか、犯行対応が残忍なものでないと死刑にならないケースが多い。今回の事件の場合、個人的には死刑にしていいと思いますが、実際は無期か懲役30年といったところではないでしょうか。検察としては、残忍性は無論、無差別殺人であることを強調しないと死刑の求刑も難しいかもしれません。死刑の求刑ができれば、1審は裁判員裁判ですから、裁判員の方も納得するでしょうし、何より懲役刑では容疑者の希望通りになってしまいますからね。1審で死刑の判決が下される可能性は高い。しかし、高裁ではひっくり返されると思います」

週刊新潮WEB取材班

2020年7月7日 掲載